プロ野球選手に憧れる!ドラフト会議とは何?

プロ野球が創設されてから、新人を獲得するためには、当時プロ野球に在籍していた選手と、大学や高校などのコネがメインとなっていました。

ルールはないため、お金で大学の有望選手を引き抜くということも何度も行われ、長嶋選手のように、先輩のツテで南海ホークスに行くはずが、最後の最後で巨人に引き抜かれたというのはあまりに有名です。

すると、戦力にバラつきが生まれ不公平になることから、1965年からドラフト会議がスタートしました。

スポンサーリンク

もっと知りたい!プロ野球の仕組み

ドラフト会議ができるまでは、球団が自由に交渉していた

1965年のドラフト会議では、最初に球団が獲得したい人物の氏名を、1番から12番まで希望順に書き、1番目で被ったところで抽選を行います。

抽選で外せば希望順2番目が、他球団が指名していれば3番目、4番目となります。
最初の1番目を抽選で逃すと、後が地獄になるのが特徴です。

2位以下に関しては、今のようなウェーバー方式と逆ウェーバー方式が採用され、1球団30人まで指名ができました。
現在であれば、指名拒否はそこまで出ませんが、この年は16名も指名した西鉄が13名に断られる、もしくは指名したけど交渉しなかったということが起き、広島のように18名も指名するケースや、過去にプロ野球選手だった人が再びドラフトで指名されるという唯一無二の出来事も起きています。

拒否する選手の方が多く、それは当時から人気だった巨人でも同様でした。
1965年のドラフト会議の門出はまさに波乱の連続となっており、今では全く考えられないような出来事が起きていたことが、こうした事実からもわかります。

ただ、堀内恒夫さん、鈴木啓示さんなどの有名選手もこの年指名を受けています。

ドラフト会議の存在がプロ野球の戦国時代を作り出すことに

1965年に始まったプロ野球のドラフト会議でしたが、段々と浸透していき、形式を変えながら進化を遂げていきました。

先に指名順の抽選を行う予備抽選が一番盛り上がり、特に空白の一日で有名になった江川卓さんのドラフトでは、予備抽選2位の巨人を先行し、1位の太平洋クラブライオンズが指名を強行したということもありました。

このように、ドラフト会議が選手の運命を左右し、多くの涙が流されてきたことは、多くの人の記憶に残っています。

ただ、ドラフト会議により、それまで特定の球団が強く、日本一を独占していたような時代が過ぎ去った時代もありました。

セリーグは巨人、パリーグは阪急が日本シリーズの常連でしたが、ドラフト会議をうまく利用した広島や西武、1965年の第1回ドラフト会議で最後の300勝投手鈴木啓示さんを指名した近鉄が台頭するなど、群雄割拠の時代を迎え、巨人はなかなか日本一になれない時代を迎えたのです。

戦力が均衡化し、工夫や努力によって強くすることができる時代となり、スカウト力が注目されるようになったのもこの時代です。

しかし、そんな時代も長くは続かず、1993年逆指名制度が始まりました。
選手が、球団を指名することができるというものであり、ここから新たな歴史がはじまり、同時に裏では裏金などが横行し、資金力のあるチームが台頭し、巨人などが頻繁に有名選手を獲得するなどのことが生まれました。

裏金騒動が勃発し、逆指名、自由獲得枠などが廃止になるまで、特定の球団だけに選手が集まる、もしくは下手な金の使い方をしてムダに終わるなどのことが、至るところで見られました。

ドラフト会議で巻き起こったトラブル、記録

選手の氏名を間違えるみたいな勘違いもあれば、ルールの隙間を縫ったような指名、事前に指名すると言っていたのに、実際は別の氏名が出てきたということも、ドラフト会議では起こります。

例えば、清原和博さんと桑田真澄さんのように、巨人から指名されると言われていた清原さんが西武に、当時早稲田大学へ進学すると言われていた桑田さんが巨人に指名され、清原さんが涙を流すということがありました。

また、星野仙一さんのように、巨人から指名されるはずだったのに指名されなかったことで、打倒巨人に闘志を燃やし、巨人キラーになったということもドラフト会議ならではのエピソードです。

ドラフト会議にまつわる記録を見ると、5回も指名を受け、4回断った選手がいます。
その選手の名前は藤沢公也さんで、高校時代甲子園で優勝し、1回目の指名を受けるも拒否、社会人に進み2回目も拒否、4回目の指名では、いったんは入団を受諾したものの、契約金の値下げに怒り拒否、その翌年に中日に指名され、入団しました。

最初の指名が1969年、入団したのは1977年であるため、8年間指名を受け続けました。
その年のシーズンでは13勝を挙げ、新人王に選ばれるなど、力量を見せつけました。

最後に

指名された球団の数や、抽選などが選手の運命を大きく左右することもあれば、ドラフト会議にそっぽを向き、メジャーリーグに渡った選手など、ドラフト会議をめぐる環境は年々変わっています。

ファンにも開放され、ある種のお祭り、そして人間ドラマを垣間見る1日としてもドラフト会議は定着しており、注目度が上がっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

山の食事|ご飯を炊く

登山での食事では、レトルトのご飯で済ませるという方もいますが、山でも美味しくご飯を炊くことが可能です。 食事のおかずが少し微妙なものでも、お米が美味しければ満足感が断然違うため、登山でお米を炊くという …

King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : 北島康介

日本水泳界は長い間低迷期を迎え、オリンピックでのメダリストをなかなか生み出せない状況が続きました。 そんな中、久しぶりに出てきたスーパースターであり、日本水泳界の中でもナンバー1の実績、功績を残してき …

地元愛が熱くする!?鹿島アントラーズを応援してます!

鹿島アントラーズは、J1リーグに所属する日本のプロサッカークラブです。日本のサッカーの歴史はまだ浅いですが、鹿島アントラーズは、1992年の日本プロサッカーリーグ発足当初から加盟したクラブです。 その …

ヨガ教室の相場はいくら?高いほうがやっぱりいいの?

ヨガブームは衰えることなく人気があります、そんなヨガはヨガ教室等で習えますがヨガ教室の相場は高いの?

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多投球回

プロ野球の長い歴史の中で、今なお破られることがない記録というのは、多数ありますが、シーズン最多投球回というのも、そのひとつとなります。 どのようなスポーツでも言えることですが、創世記の頃というのは、選 …

楽天モーションウィジェット