プロ野球選手に憧れる!知っておきたいプロ野球の歴史

野球は、現在でも日本で最も人気のあるスポーツの一つです。

大人から子供まで、幅広い世代の人に親しまれています。
学校の部活動でも、野球部は人気のある部活動ですが、毎日練習で汗を流している学生の中には、将来プロの野球選手になることを、真剣に目指して練習している学生もいることでしょう。

そんな学生にとって、当然知らなければいけないのは野球のルールですが、それと同じくらい知っておくべき大切なことが、日本におけるプロ野球の歴史です。

スポンサーリンク

歴史をしってもっと楽しく!プロ野球の歴史

日本におけるプロ野球のはじまり

日本のプロ野球が始まったのは、戦前のことです。

日本で初めてプロ野球の団体が作られたのは1920年です。
この年、合資会社日本運動協会という団体が国内で作られて、この団体が日本における最初のプロ野球を運営する団体と言われています。

この団体は、日本各地で試合を行なって観衆を集め、その後同じような団体が他にも現れたのですが、1923年に起こった関東大震災の影響で、これらの二つの団体は解散してしまいます。

その後、日本運動協会は宝塚運動協会という名前で再び組織されたのですが、この団体も結局1926年に再び解散されます。

この時、宝塚運動協会を設立したのが、現在でもプロ野球に大きく関わっている阪神急行電鉄です。

その後、1934年に設立されたのが、大日本東京野球倶楽部です。
この団体は現在の読売ジャイアンツの前身です。

そのために、この大日本東京野球倶楽部が設立された日が、プロ野球が国内に誕生した日と言われることもあります。

その翌年の1935年には、関西地方に大阪野球倶楽部が発足されます。
この団体は現在の阪神タイガースです。

戦前のプロ野球のさまざまな歴史について

日本のプロ野球の歴史は、上記の二つの球団が設立したことによって、さらに大きく発展していきます。

1936年には、さらに複数のプロ野球の球団が全国各地に設立されます。
名古屋には、大日本野球連盟名古屋協会と名古屋野球倶楽部が設立され、東京には新たに東京野球協会などの団体が設立され、大阪には大阪阪急野球協会が設立されました。

このうち、大日本野球連盟名古屋協会は、現在の中日ドラゴンズの前身であり、大阪阪急野球協会はオリックス・バファローズの前身です。

これらの団体が集まって、同年に日本職業野球連盟が設立され、これが国内におけるプロ野球の全国的な団体の歴史のはじまりです。

この団体が設立された2月5日は、現在でもプロ野球の日と定められています。
その後、日本職業野球連盟は、日本野球連盟と名称を変更します。

戦争の影響で、この団体は1944年には一時、活動を休止するのですが、戦争が終わった1945年には再び活動を再開します。

1947年には、この団体とは別の団体が職業野球のリーグを設立するのですが、この団体は翌年に解散してしまいます。

日本のプロ野球が名実ともに、国民的なプロスポーツとなったのは、戦争が終わってからのことです。

1948年には現在でも行なわれているフランチャイズ制が暫定的に導入されて、それぞれの球団が所在している地域と、チームのつながりが一段と強くなりました。

こうしたフランチャイズ制の導入はまた、地元で私設の応援団などが組織されるきっかけともなっていきます。

1948年には国内ではじめてナイターの試合が開催されたことも、大きな意味のある歴史です。

戦後のプロ野球のさまざまな歴史について

そのようにして、国内のプロ野球は、その内容も少しずつ現在のものに近いものになっていったのですが、まだリーグは一つしか存在しませんでした。

現在のような2リーグ制が導入されたのは、1949年のことです。
この年に、日本野球連盟がセントラル・リーグとパシフィック・リーグに分立したことにより、プロ野球がセ・リーグとパ・リーグの二つに分かれます。

この年には、2リーグ化に合わせて多くの新しい球団が全国各地に設立され、現在の埼玉西武ライオンズの前身である西鉄クリッパースや、広島東洋カープの前身である広島カープ、東京ヤクルトスワローズの前身である国鉄スワローズなどのチームが、新たに設立されました。

翌年の1950からは、それぞれのリーグの優勝チームが、国内ナンバーワンチームを懸けて戦う日本選手権シリーズが開催されます。

なお第一回の優勝チームは、現在の千葉ロッテマリーンズの前身である、毎日オリオンズというチームです。

1951年には、第一回のオールスターゲームが開催されて、両リーグの人気選手が一堂に集結して、野球ファンを喜ばせました。

1952年には、それまで暫定的であったフランチャイズ制度が正式に導入されたことによって、チームと地元地域のつながりがさらに強まります。

現在のようにセ・リーグとパ・リーグがともに6チームずつとなったのは1958年のことで、その年以降プロ野球は12チームで活動しています。

1965年にははじめてドラフト会議が行なわれて、有望な新人選手が各チームに均等に所属されるような仕組みが整えられました。

またパ・リーグにだけ現在のようなDH制が導入されたのは1975年のことです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

フィギュアスケートの基礎知識:スケート靴の基本

フィギュアスケートで履くスケート靴は、大きさや形状などが決まっており、すべてオーダーメイドとなっています。

野球の基礎知識:日本における野球の歴史

日本における野球の歴史は、1871年まで遡ります。 教師として来日したホーレス・ウィルソンというアメリカ人が、現在の東京大学で教鞭をとっていた際、生徒に対し、野球を教えたことが始まりです。

アジア水泳選手権とは?見どころは?

アジア選手権という言葉は、聞いたことがありませんか。いろいろな競技で、アジアだけで行われる大会があります。もちろん、水泳もそうです。今の日本水泳会は、とても盛り上がっていますし、アジア水泳選手権も注目 …

フィギュアスケートの国際大会を知りたい!グランプリファイナル

グランプリファイナルは、国際スケート連盟主催のフィギュアスケート大会である、ISUグランプリシリーズの決勝大会です。 フィギュアスケートをしている人は、世界にたくさんいて、あちこちでフィギュアスケート …

地元愛が熱くする!?浦和レッズを応援してます!

浦和レッズのニックネームで親しまれている、浦和レッドダイヤモンズは、日本で空前のサッカーブームが沸き起こる1992年のJリーグ開幕から参戦を続けている名門クラブで、鮮やかな赤いユニフォームで戦う選手た …

楽天モーションウィジェット