プロ野球選手に憧れる!2つのリーグ制について

プロ野球の歴史は、1936年からとなっており、日本職業野球リーグ戦という形で行われました。
最初の甲子園大会は、今の巨人にあたるチームがアメリカ遠征をしていたことから参加できず、東京セネタースが1位となりました。

1937年から今のような総当たり戦が行われ、東京巨人、大阪タイガースの2強状態となっていました。
こうしたことから、巨人と阪神の試合は伝統の一戦として言われ、現在でも継続しています。

当時は完全な投高打低の時代で、沢村栄治選手がタイトルを独占し、本塁打王は4本で獲得できるという時代でした。

スポンサーリンク

もっと知りたい!プロ野球の仕組み

最初は1リーグ制で行われていた

その後はチーム数の増減を経て、1944年まで戦前は行われ、1946年に再開されました。
この時には投高打低ではなくなっており、打撃も力をつける状態となっています。

そして、1949年まで1リーグ制で行われてきました。この時にはほとんどの球団が黒字であり、プロ野球がさまざまな場面で登場するなど、一気に人気を高めていた時代であったこともあり、自分の会社も球団を持ちたいという声がわき上がりました。

これに目をつけたのが、当時巨人のオーナーだった正力松太郎さんでした。
当時コミッショナーもしており、メジャーリーグのように、2つのリーグを作りたいと宣言しました。

巨人を軸としたリーグ、当時は読売新聞をライバル視していた毎日新聞のチームを軸としたリーグ、この2つのリーグ制でやろうと目論んだのです。

その後、毎日の加盟をめぐるいざこざ、リーグの振り分け、新チームの立ち上げなどで大混乱しながらも、1950年、プロ野球に2つのリーグが誕生しました。

人気のセリーグ、実力のパリーグ

プロ野球のリーグ制において、セントラルリーグとパシフィックリーグでは、扱いが全く違ったことは歴史を見ても明らかです。

セントラルリーグには巨人がおり、この巨人を中心にセントラルリーグは回っていきました。
何といってもテレビの存在が大きく、日本テレビで巨人戦を連日放映し、日本全国に巨人ファンがいる状況を作り上げました。

アメリカのように、フランチャイズ地域でのみ熱狂的な応援をしてもらえる状況にはなく、フランチャイズ制とはかけ離れた状況になっていたのが、昔のセントラルリーグでした。

このため、巨人戦だけは人がたくさん入り、それ以外の試合はあまり入らないという構図や、巨人戦の放映権料頼みということにもつながります。

一方のパシフィックリーグは、8球団になるなどセントラルリーグを追い上げるムードが当初ありましたが、段々と尻すぼみとなり、黒い霧事件などで人気が急落し、全く人が入らない状況がむしろ当たり前となりました。

しかし、実力の面ではかなり優れている選手が多く、こうしたことから「人気のセリーグ、実力のパリーグ」と称されていました。

プロ野球ファンの中でもセリーグが優れていて、パリーグは劣っていると思っていた人も21世紀初頭まではとても多かったのも事実です。

こうしたことから、2004年に再びプロ野球再編問題が起こり、1リーグ制にしようという動きが起こります。
しかし、2リーグ制を維持するべきという声が上がり、2リーグ制が維持されるとパリーグの球団が立ち上がって、あの手この手のファンサービスがはじまり、そこからパリーグの人気が上がりました。

パリーグが巻き起こした風がプロ野球全体に

パリーグでは、注目度を高めようと2004年からプレーオフ制度を始め、盛り上がりを見せました。

その後、ファンサービスにも精力的に臨み、いち早く動画サービスも開始し、パリーグの試合を有料ながらも見ることができるようにしていきました。

また、有力選手を軒並みドラフトで獲得していき、実力だけでなく人気もパリーグが握り、観客数もセリーグと拮抗するようになりました。
プロ野球に関するビジネスを変えたといっても過言ではなく、それまで巨人の放映権料頼みであり、巨人の人気低迷で苦戦を強いられ始めたセリーグの球団にも飛び火しました。

プロ野球球団は赤字になるのが当たり前であり、それを親会社が広告宣伝費として赤字分を拠出していたという時代が2000年初頭まで行われてきました。

しかし、それは過去の話であり、できるだけ黒字を作り出そうと球団側が独自に動くケースも増えています。
これは、ファンの増加なしには難しく、いかにファンサービスをするか、楽しんでもらうかを考え、お金を出してもらう努力をしています。

こうしたことがリーグの魅力につながり、プロ野球選手にあこがれる子供たちを増やしています。
プロ野球選手を見て、そして接して自分もそうなりたいと子供は思うものであり、そうした機会をかなり増やしていることからも、今後さらにプロ野球をやろうとする子供は増えることも考えられます。

最初は、アメリカのメジャーリーグとはかけ離れたビジネスモデルでプロ野球は作られ、長く維持されてきましたが、最近になってようやく、アメリカのやり方が自然に受け取られるようになったのも事実です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

自分に合うヨガ教室を選ぶためのポイント

ヨガ教室に通うのであれば、自分に合った教室を選びたいですよね。 相性が合わないなと思いながら通い続けるのは、ヨガの楽しさも半減してしまうことになってしまいます。 そこで、自分に合ったヨガ教室を選ぶため …

気軽に挑戦!ボルダリングジム

最近は、ボルダリングを楽しむ事が出来るジムが多数誕生しており、会社帰りのサラリーマンやOLなどが、ボルダリングジムでひと汗かいてから帰宅をする人、飲み会の前に運動をしてから出掛ける人なども多くなってい …

ヨガで健康的にダイエット!効果が出るポーズ

ダイエットに効果のある運動はたくさんありますが、運動の他にもヨガをするというのもおすすめとなります。 ヨガは健康だけでなくダイエット効果があるとされていて、女性の間では人気のものとなっています。 日本 …

水泳の悩み…背泳ぎでタイムが伸びない

背泳ぎを初めて行う人にありがちなのは、頭が壁にぶつかる、鼻に水が入るなどですが、これらは様々な工夫や経験で、すぐに何とかなります。 ただ、体が沈んでしまうというのは、複合的な要因によって発生するため、 …

水泳の基礎知識:水泳用品 ~ 耳栓とビート版 ~

耳栓を水泳で使う機会というのは、耳の中に水が入り込み、中耳炎にならないようにすることが一番であり、耳が弱い子供などがこぞって耳栓を使います。 しかし、自分の耳にフィットするものを装着するということが意 …

楽天モーションウィジェット