プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最高打率

日本のプロ野球は、1936年に1リーグ制で始まりました。
プロ野球が発足した当初は、バッターとして高い評価を得られるのは、打率が高い選手でした。

それを表すように、当時はバッターに与えられたタイトルは、シーズン最高打率を記録した選手に与えられた、打撃王だけだったのです。

このことからもわかるように、日本プロ野球界にとって、首位打者というのは、バッターにとって最も歴史のあるタイトルでもあるのです。

スポンサーリンク

歴史を知ってもっと楽しく!プロ野球

最高のバットマンに与えられる首位打者を獲得するのは難しい

今でこそ、バッターに与えられるタイトルは、首位打者のほかにホームラン王や打点王、最多安打、最高出塁率など数多くあります。

ただ、打率部門に関しては、ホームランの本数を争う本塁打ランキングとは違って、長距離バッターではなくても狙えるタイトルです。

そういったことから、野手としてプロ野球選手となった以上、首位打者は誰しもが、獲得を夢見るタイトルでもあるのです。

ただし、ホームランや打点とは違って、打率は結果によって下がってしまう可能性があるほか、規定打席をクリアしなければならないという難問があります。

規定打席をクリアするためには、長いシーズンを通して、チームのレギュラーとしてプレイする必要があります。

ですから、バッターとしての力量に加えて、間接的にある程度の守備力も必要となってくるのです。

また、打率は「安打数÷打数」という式で表されます。

そして、打数とは打席数からフォアボールやデッドボール、犠牲バント、犠牲フライの数を引いたものです。

そういったことから、打率を上げるためには、安打の数を積み上げるだけではなく、四死球や犠打の数を増やすことも大切になってくるのです。

そのため、首位打者を獲得するためには、選球眼の良さや、犠牲フライなどを打てる技術も必要となるのです。

これらのことから考えると、首位打者は最も獲得が難しいタイトルであると言っても過言ではありません。

プロ野球の打率部門における左バッターの有利性

どんなタイプのバッターであったとしても、獲得できるタイトルでありながらも、シーズン最高打率を記録したバッターに送られる、首位打者を獲得するためには、数多くの条件をクリアしなければなりません。

そういった条件をクリアして、シーズン最高打率を記録し、首位打者に輝いた選手は、1リーグ時代にのべ15人、セントラルリーグとパシフィックリーグの2リーグ制となった1950年から2016年までで、のべ136人も存在します。

野球というスポーツは、バッターは打ったらランナーになり、1塁から2塁、2塁から3塁、3塁からホームへと、左回りで走って得点を競い合うものです。

そして、そういった左回りという性質上、左バッターの方が、1塁に近いことから、内野安打の確率が増えます。

そのため、右バッターよりも左バッターの方が、首位打者を狙いやすいと言われています。

実際にそれを表すように、歴代の首位打者を見ると、左バッターの方が多いのです。

また、歴代首位打者の中でのシーズン最高打率は、3割8分9厘を記録している阪神のバースをはじめとして、上位6人までが左バッターとなっています。

ちなみに、右バッターとしてシーズン最高打率の記録を持っているのが、内川聖一選手で3割7分8厘です。

しかし、右バッターで、この内川選手に次ぐ記録を持っている落合博満選手は、3割6分7厘で歴代14位。

こういった事実からも、左バッターの方が打率の面で、はるかに有利だと言える証拠でもあると考えられます。

また、首位打者獲得数のランキングでも、シーズン打率歴代2位の記録を持つ、イチロー選手と日本プロ野球史上において唯一の3000本安打を記録している、張本勲選手が7回という記録を持っています。

そして、この2人もまた左バッターなのです。

シーズン最高打率記録保持者・バースの凄さ

3割8分9厘というシーズン最高打率記録を持っているバース選手は、日本プロ野球界の長い歴史上において、最強の助っ人外人と呼ばれています。

バース選手は、1983年から1988年までの6シーズンに渡って、阪神タイガースでプレイしました。

しかし、在籍した6シーズンの中で、最後の年となった1988年は、病気を患った長男への対応を巡って球団と揉めたために、途中解雇されたので、わずか22試合の出場に終わりました。

ただ、6シーズンの通算成績では、ホームラン202本、打点486、打率3割3分7厘、安打743本という、驚異的な数字を残したのです。

そして、阪神を日本一へと導いた1985年と、シーズン最高打率記録を達成した1986年には、2年連続で三冠王に輝くなど、史上最強助っ人という称号に相応しい活躍を見せました。

また、この2シーズンは、ホームランや打点、打率が良いのは当然のことですが、出塁率が4割2分8厘と4割8分1厘を記録し、長打率がいずれも7割以上という、凄まじい記録も残しています。

こういった素晴らしい活躍を見せ、阪神を唯一の日本一へと導いた立役者であるバースは、退団して30年近くが経とうとしている現在でも、阪神ファンの間で、絶大なる人気を誇っているのです。

バースが持っている3割8分9厘というシーズン最高打率の記録は、日本が誇るヒットメーカーであるイチロー選手でも、塗り替えることができませんでした。

実際、ピッチャーの投げる変化球の種類が増えたことに加え、ストライクゾーンも広くなっている現代において、3割8分9厘という記録を塗り替えるのは、不可能に近いことなのかもしれません。

ただ、巨人の坂本勇人選手や、ヤクルトの山田哲人選手、横浜DeNAの筒香嘉智選手など、日本人選手の中にも、十分に記録を更新できる可能性を秘めた選手が数多くいるので、今後も楽しみです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

フィギュアスケートのルール:ショートとフリープログラムの違いについて

テレビでも、見たことがある人が多いかもしれないフィギュアスケートには、ショートとフリーの2つがあります。 もともとは、コンパルソリーがありました。 氷の上に描かれた図形の通りに滑るというものです。これ …

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「グリーン上でのマナー」

グリーンは、ゴルフコースの中で一番芝が短く刈られている場所であり、その中にカップが存在します。 カップにボールを入れて、そのホールを上がることができます。短く刈られているということは、それだけきれいに …

JリーグのJ1とJ2の入れ替えの仕組みはどうなっている?

2017年のJリーグが開幕して、各チームがそれぞれの目標に向かって、毎試合熱い戦いを繰り広げています。 リーグ戦も終盤になると、優勝争いが白熱すると同時に、J1の下位チームの降格争いも激しい争いを毎年 …

心と体を鍛えて護身術にもなる?柔道で学ぶ武道の世界

武道というのは体だけでなく精神的なことも学べるスポーツです。 特に柔道は礼に始まり礼に終わるという対戦相手を敬うという競技になります。

ゴルフクラブでスライス改善|ヘッドから

ゴルフ初心者にとって、スライスの悩みは誰もが経験する、ゴルフの洗礼のようなものです。

楽天モーションウィジェット