動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「動物看護師」

動物病院で、動物看護師が果たしている役割はとても大きなものになっています。飼い主と一緒に来院した動物を、飼い主から預かってスムーズに診察ができるように、動物の症状を的確に聞き出していかなければなりません。

治療をするときには、不安になってしまった動物たちが暴れたりしないように、なだめたり抑えたりするのが一番の仕事になっています。

スポンサーリンク

動物看護師の仕事と動物病院の求人

大型の犬や、神経質になっている猫など動物たちをおとなしくさせるためには、相当な体力とテクニックを必要とします。手術をするときなどは、手術器具の用意や消毒、手術後の手当てを行います。

飼い主に渡す薬の用意や、入院している動物の世話や投薬も仕事の一つになってきます。これらのことは、人間の医療現場では看護師さんの仕事になってきますが、血液の検査や便の検査では臨床検査技師、入院食を作るときは栄養士、退院に向けてのグルーミングではトリマーと、動物看護師は一人でいくつもの役割をこなしていかなければなりません。

動物看護師を募集している病院のほとんどは、専門学校を通して動物看護師の求人を行っています。専門学校の実習で訪れた病院に、就職する学生も多くなっています。病院も規模ばかりではなく、しつけ教室やトリミングも行っているなど、病院の活動にも違いが出てきています。

自分が動物看護師になって、どんな仕事をしたいのかをよく考えて、希望する病院に申し出たり、専門学校の就職課に相談をしてみてください。

求人が出ていなくても、自分から病院へ連絡してみるという方法もあります。求人をオープンにしていなかったり、たまたま欠員が出ているといった時も、あるからです。

専門学校を出ればいろいろな就職先が

動物看護師が職業として認識されだしたのは比較的に新しく、知識と技術を持ち合わせた専門職として、動物病院を中心にして活躍をしています。動物看護師の仕事を行っていくには、必ずしも資格が必要だということはありません。

ですが大切なペットの命を預かる職業になりますので、正しい知識や技術は備えておかなければなりません。これらを計る基準として、認定資格が設けられています。

公的な資格ではありませんが、法人や獣医師会、学校などが独自の基準で認定している資格があります。これらの資格の取得方法は、認定する団体によって若干の違いはありますが、病院で実務を経験して受験する方法と、認定学校に入学して取得する方法が一般的になっています。

現在の病院では、学校で専門知識を身に着けた即戦力が求められています。命を預かる仕事になりますので、知識ばかりではなく、責任感も必要になってきます。

実際に病院で働いていると、授業や実習だけではわからないことも多くなっています。経験を重ねていくことで、一生の仕事になってきます。前向きな仕事を行っていくことで、動物看護師という存在が、より認められていくようになります。

専門学校を卒業した動物看護師たちの主な就職先は、病院になりますが、それ以外にも活動する場所はあります。学校では幅広く検査や生理学、栄養学やトリミングの技術を学んできていますので、その知識や技術を、病院以外で生かすことができるようになっています。

現在では、ペットショップで生体管理やアドバイザーとして、トリミングサロンでトリマーとして多くの動物看護師が働いています。

動物にも人にも愛情を持って接する

動物看護師が働いている場所は、多岐にわたっています。看護の技術ばかりではなく、臨床検査技師として、栄養士として、一人で何役もこなす勉強をしてきているわけですから、動物看護師の認知度が高まっていけば、今後はペットフードメーカーや、ペットグッズ会社、臨床検査機関なども活躍のフィールドに入ってくると考えられています。

一つの例として、幅広い知識を生かして動物関係の出版社で働いている人もいます。欧米では、動物看護師が専門職として広く国民に認知され、仕事も確立されています。

日本では統一された資格がなく、仕事の範囲もまちまちになっているのが現状になっています。看護の方法論も、一定に決められてはいません。

こんな現状を変えようと、動物看護師や関心を持っている獣医師が中心となって協会を作っています。この協会では、看護に関する研究を中心にして情報を交換して、この分野の研究を進めていくことを、目的としています。

動物看護師を広く認知してもらうために、シンポジウムや講習会、ワークショップなどの事業をおこなっています。その一つに動物看護師になるための統一カリキュラムの制作と、教科書の翻訳作業を行っています。

今までまちまちだった動物看護師の考え方を、一つにまとめていこうと努力をしています。愛情を持ってペットに接していくと、毎日がとても楽しくなってきます。

同時にペットばかりではなく、人間にも同じように愛情を持つことも大切になってきます。

獣医師やほかのスタッフがあっての看護の仕事になりますので、一頭でも多くのペットを助けて、一緒に暮らしている家族を幸せにすることも、動物看護師の役割です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「セールスレップ資格検定試験」

最近では、不景気が続いた影響や、十分に欲しいものが揃った時代になり、ものが売れなくなっています。 生活していると、みんな普通に買い物しているように見えますが、昔のようにワクワクしてものを見て、買うとい …

営業事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

女性に人気な事務職ですが、その中でも「営業事務」は、比較的事務職の中でも、能動的にアクションする必要のある職種になります。 言われた事をただやるのではなく、自分自身も売上を担っているという意識が、必要 …

英語の資格が活かせる仕事:海外営業

日本の企業が自社製品を携えて海外に乗り込んで行くのは、今ではすっかり珍しくなくなりました。 昔は英語で誰かと話すときに「通訳」を介していたことは誰でも分かると思います。 しかし、昨今では通訳の人数が要 …

将来的に独立ができる国家資格:税理士

税理士は景気に影響を受けやすい業界ではありますが、今後、グローバル化の影響で国際会計基準が日本でも大企業や中小企業問わず適用されようとしている流れの中で税理士は必要とされる存在です。 有資格者として企 …

ホームヘルパーの現状は?

かつて介護が必要になったときの担い手はほとんどがその家族でした。 自宅で家族からの介護を受ける以外は施設に入所して面倒を見てもらうという選択が一般的でしたが、現在は介護サービスの種類も増え、住み慣れた …

楽天モーションウィジェット