主婦にオススメの資格「アロマテラピー検定」

何も資格を持っていないけれど、資格を取ってみたいという主婦の人にお勧めなのがアロマテラピー検定です。

女性の間では、アロマテラピーは特に人気になっているもので、アロマテラピー検定に受かればアロマテラピストにならなくても、自分でアロマを活用することができるようになります。

検定内容も比較的簡単なことも、魅力の一つといえます。

スポンサーリンク

主婦におススメ!アロマテラピー検定

試験内容

近年ではアロマテラピーの効果は、自宅でリラックスなどに使うだけではなく、ビジネスシーンや医療、介護の現場でも注目されるようになってきています。

アロマテラピー検定を受け、しっかり基礎知識を得ることで、様々な場面でアロマを利用することができるようになります。
また、資格を得ることによって、アロマテラピストなどの職業に就くことができます。

アロマテラピー検定は、比較的簡単な試験が行われます。
取得方法としては、選択解答式の試験に合格することで資格を取得できます。

アロマテラピー検定には、1級と2級があり、自分の知識に合わせて試験を受けることができます。
さらに上位資格を取りたいという場合には、「アロマテラピーアドバイザー」や「アロマテラピーインストラクター」、「アロマセラピスト」などのほか「アロマブレンドデザイナー」や「アロマハンドセラピスト」などの資格を得られます。

検定自体は簡単なものですが、アロマの効果は心身に対して高い効果を期待することができます。

アロマがもたらす効果

アロマテラピーは、精油を使って様々な効果を得ることのできる自然療法になります。

具体的なアロマテラピーの目的としては、リラクゼーションやリフレッシュに役立てることができたり、美と健康を増進させ、体や精神の不調を改善して通常な状態を取り戻すなどが挙げられます。

アロマの楽しみ方としては、香りを楽しむことで体と心のバランスを整える芳香浴方は、ティッシュペーパーやハンカチにアロマを1〜2滴ほど垂らしてデスクや枕元に置いたり、アロマポットやアロマディフューザーなど専用器具を使って楽しみます。

沐浴法はアロマを入れたお風呂に入ったり、足湯や手湯などを行う方法です。
入浴の効果に、アロマの効果が加わることで相乗効果を期待することができます。

呼吸法は、アロマの成分を口や鼻から吸入することによって、呼吸器系の不調を緩和します。
お湯にアロマを1〜3滴落としたら、立ち上がる香りの湯気を吸い込みます。

フェイシャルスチームは、顔にアロマ成分を含んだ蒸気を当てる方法です。
洗面器などにお湯を張って、1〜3滴アロマを加えたら蒸気が逃げないようにバスタオルをかぶって目を閉じて、ゆっくり深呼吸します。
血行を促進させて皮膚に潤いを与えることに効果的です。

湿布法は、アロマを入れたお湯または水で、温めたり冷やしたりしたタオルなどを体に当てる方法です。
温湿布は、肩こりや腰痛、生理痛などの慢性的な症状に、冷湿布は炎症などの急性のトラブルに有効だとされています。

トリートメント法は、アロマを希釈してトリートメントオイルとして利用します。
顔や体に塗ることで、リラクゼーションや保湿、肌の調子を整えたり、血行促進、筋肉の緊張を和らげる効果などが期待できます。

また、手作り化粧品を作ることもできます。
ボディスプレーや入浴剤などを作ることができ、自分の悩みを改善するのに役立つ成分の入った、アロマを利用することがオススメです。

アロマの香りを利用することによって、健康維持や疲労回復、体調不良などを改善し、不調を癒すことによって、病気なりにくい体作りにつながったり、美容に役立たせることができます。

利用の仕方は様々なものがあるアロマオイルですが、種類は200〜300ほどあると言われています。
アロマの種類毎に、もたらす効果や効能は異なってきます。

資格がなくてもアロマを楽しむことができますが、きちんとした知識を得ることによってさらにアロマの効果を引き出すことができます。

活躍の場

アロマセラピストなどの資格を得ることによって、様々な場面で活躍することができるようになります。

美容サロンなどでは、アロマを使って体や気持ちをリラックスさせることができ、講師としてアロマを学ぶ人に教えることができるようになります。

自分で開業することもできるほか、病院や施設などで、アロマテラピートリートメントを行うことができます。

最後に

アロマは使い方次第では、様々な効果を得ることができます。
しかし、使い方を間違えてしまうと、人に悪影響を与えてしまうこともあるのです。

仕事としてアロマに関わりたいという場合には、必ずアロマテラピー検定を受けることをおすすめします。

この検定を受けるためには、独学をする以外にも、専門学校に行ったり、スクールに通学する、通信講座を受講することなどでも資格を取得することが可能です。

どのような形であれ、自分に合った方法で資格取得を目指すことが大切となります。

正しい使用方法や、アロマの知識を得るためにも、知識を得てからアロマテラピーを楽しむことが重要です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 学習・勉強
-,

関連記事

雇用形態いろいろ。契約社員として働くメリット・デメリット

雇用形態には、いろいろなものがあります。ここでは、契約社員として働くメリットとデメリットについて、解説していきます。 一般的には、契約社員の方が正社員のような雇用形態と比較すると、良くないイメージもあ …

美容やファッションに関わる資格:カラーコーディネーター検定試験

色は人の生活に密接に関わっています。 その色が与える心理的効果や組み合わせなどを学べる資格が、カラーコーディネーター検定試験です。

心理職の初の国家資格「公認心理師」とは?

スポンサーリンク 公認心理師とは? 心理学を専門としている資格として比較的知られているものとしては「臨床心理士」や「産業カウンセラー」が有名です。 ですが、これらの資格が民間資格であるということを知っ …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)

パイロットは旅客や貨物の輸送、遊覧、写真撮影などのために航空機を操縦して、目的地まで正確に運搬する仕事をしています。 航空会社や航空測量業、報道、遊覧サービス業などで仕事に従事しています。

宅建事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

宅建事務というと、宅地建物などの不動産物件を売買したり、その媒介を務める職場での事務処理業になります。 この為、書類作成などの事務関係の資格と、宅建業に関する資格の両面を保持しておくのがおすすめと言え …

楽天モーションウィジェット