将来的に独立ができる国家資格「美容師」

国家資格には様々な物があり、その資格を持っていなければ、仕事をする事が法律で認められておらず、不所持の場合には罰せられる事があります。

そのような国家資格は、一定のスキルを評価するだけでなく、人々が仕事を確保する為に有用な事が多々あります。

スポンサーリンク

人気の国家資格「美容師」

美容師は、人の髪を結ったり、パーマをかけたり、化粧をしたりする事が出来る国家資格です。

理容師は、男性の髪を刈りこんだり、髭剃りをしたりするのに重点を置いているのに対し、美容師は、女性が対象の場合には、カッティングは髪を整える為の行為として認められていますが、男性が対象である場合には、パーマを行う時にカッティングをするという条件の下でカッティングが認められています。

つまり、対象が男性と女性のいずれに重点を置くのかによって、理容師の国家資格を取得するのか、美容師の国家資格を取得するのかが決まってきます。

独立を目指す人にはおススメの資格

将来、独立を目指すのであれば、理容師と美容師の資格は狙い目です。

様々なサロンで働きながら独立資金を貯めていき、資格とスキルと経験で店を構えて商売をしていく事が可能です。

独立する事が可能な美容師の国家資格を取得するには、決まったルートを辿る事になります。

資格を取得するには

理容師や美容師になる為には、まず、国家資格を取得しなければいけません。
主に高卒者を中心に、厚生労働大臣が指定している養成施設に2年以上通います。

一般的に、美容学校などと呼ばれている専門学校であり、授業と実習でスキルと単位を取得していき、国家試験に合格する事が必須条件となっています。
試験は、専門の財団法人が毎年2回実施しています。

狙い目である美容師の資格は、所持しているだけでは役に立ちませんので、資格を取得して専門学校を卒業後には、サロンに就職するのが一般的です。

サロンでは、シャンプーなどから始まり、経験と共にパーマやカッティングなどをさせてもらえるようになります。

サロンは、学校とは違って、顧客との商売を行う場であり、今まで学んだスキルを実践で活用していく事が出来ます。
サロンで必要な技術や顧客への対応などを習得していく事で、将来独立した時にも役立ちます。

資格は、仕事をする上で絶対に必要な物であり、美容師の資格を所持している事で、近年女性の間で人気が高いまつ毛エクステの施術を行えるようになります。

まつ毛エクステも行える

まつ毛エクステは、まつ毛に専用の接着剤を使って、人工毛を接着してボリュームアップを図るものですが、これが行えるのは、美容師資格を持っている者だけというように法律で定められています。

美容室を開店したり、サロンで働いたりする場合、パーマやカッティングや結髪や化粧などだけでなく、まつ毛エクステの施術も出来る事で、仕事の幅を広げられ、時代のニーズに対応出来る環境作りが行えるのです。

狙い目の資格である美容師は、現在国内に数多くのサロンが点在していますので、全国のどこでも働ける環境を得られるメリットがあります。

独立をする前に経験を積んでいく事は大切であり、高いスキルを身に付ける為に、一つのサロンで長期間働く人や、様々なサロンで色々な事を学んでいく人々など、多様なアプローチでスキルを磨いていく人々がたくさんいます。

サロンでは、常に新しい薬剤や美容機器が導入されたり、新しいカットやパーマの方法が考案されています。
これらは、時代のニーズに反映される事が多く、流行で左右される部分がありますが、新しいアプローチを導入していく事によって、顧客の要望に応え、顧客に満足してもらえるようになります。

独立には、資格だけでなくスキルや知識も必要

独立をするには、国家資格だけでなく、経験や技術や顧客対応、店のマネージメントなどたくさんの知識を学んでいく必要があります。

資格試験に合格してから、サロンに就職して、これらの事を幅広く学んでいく事が大切であり、独立した時に役立つ知識となっていきます。

美容師は、独立が可能な国家資格ではありますが、資格だけで独立出来るわけではなく、資格取得後に独立しても成功出来るだけの力を身につけていく必要性があります。

多くの人々が資格取得直後にサロンを直ぐに開店しない理由は、スキルや人脈などが足りないという事を知っているからです。

最後に

独立をして利益を出していくには、経験と人脈とマネージメント能力が重要になってきますので、美容師の国家資格取得をしたら、サロンに就職し、独立後に成功する為に必要なものを習得して資金を貯めてから、独立を考えるのが有効です。

優れた技術と、幅広い人脈を持つ事が出来れば、業界内で注目されるようになり、顧客から支持されるようになってきます。

サロンは客商売ですので、人との交流が欠かせません。
高いスキルを身につけつつ、人との交流を大切にしていく事で、独立後の成功が実現出来るようになってきます。

美容師の国家資格は、スキル次第で自分が思い浮かべた人生を歩める可能性を広げてくれるものです。
独立をしない場合でも、様々なサロンで働けるようにするのに重宝するでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

女性に役立つ資格:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

資格を持っているということが就職を有利にするということが少なからずあります。 このような効果を期待することができるケースとしては、持っている資格がこれからしようとしている仕事で必要とされているスキルで …

貿易事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

通常の事務より、時給や待遇も高く、海外の香りもする貿易事務。 その仕事に就くにあたって、完全に未経験・無資格よりは、持っていたほうが有利になる資格がいくつかあります。 どういったものがあるか、詳しく見 …

美容やファッションに関わる資格:クリーニング師試験

数多くの資格がある中で、もっと手に職をつけたいと思う時には、クリーニング師試験を受けるのもお勧めです。

ホームヘルパーの現状は?

かつて介護が必要になったときの担い手はほとんどがその家族でした。 自宅で家族からの介護を受ける以外は施設に入所して面倒を見てもらうという選択が一般的でしたが、現在は介護サービスの種類も増え、住み慣れた …

女性が持っていると役に立つ資格「サービス接遇検定」

女性は、結婚や出産、子育て、介護など人生の様々な場面で、生き方が左右されることが多く、その度に仕事を辞めたり転職したりと、仕事の面でも変化を求められることがあります。 そのため、復職する時や転職する時 …

楽天モーションウィジェット