仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「貿易実務検定」

貿易実務検定とは、日本貿易実務検定協会が実施している検定試験のことをいいます。貿易実務検定は、貿易実務に関する能力や知識を、客観的に測定することができる民間の資格です。

主催者である、日本貿易実務検定協会は、1998年(平成10年)に設立されました。同じく1998年(平成10年)に第1回貿易実務検定が実施されています。

スポンサーリンク

ビジネス根幹から学ぶ資格

貿易実務検定とはどのような資格か

貿易実務検定が誕生した背景には、貿易の自由化という世界的な潮流があります。世界経済がグローバル化する中で、日本でも、貿易実務に関するエキスパートの需要が年々高まってきました。

しかし当時は、貿易についてどれくらいの能力を身に着けているのかを測る指標が全くありませんでした。そこで誕生したのが、貿易実務検定です。

貿易実務検定は、貿易実務に関してマーケティングや交渉、契約、通関、輸送、金融、保険など、幅広いジャンルの知識やスキルを問う内容となっています。

そのため、貿易実務検定の資格を取得することで、自分の身に着けている能力を証明することができます。ビジネスの場や経営などにも、大きく活用できる資格となっています。

貿易実務検定は、年齢や国籍などに制限はないため、誰でも受検することが可能な検定試験です。産業や貿易の世界で実際に仕事をしている人や、貿易について学校などで学んでいる学生など、幅広い層が受検しています。

検定試験は、全国の主要都市で実施されており、東京や横浜、千葉、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、沖縄の10都市で受検することができます。また、特定の企業や教育施設などでの、団体受検も認められています。

どのような試験内容になっているのか

貿易実務検定には、A級・B級・C級といった3つのレベルがあります。C級が最も初歩的なレベルとなっており、検定試験は、定型業務を行うために必要な基礎的な知識を問う内容となっています。

B級は、貿易実務を経験している人のうち、中堅者を対象としているレベルになっています。

A級は、貿易実務において判断業務を行うことができるレベルになっています。

貿易実務検定では、級ごとに出題範囲は異なりますが、貿易と環境、貿易経済知識、貿易の流れ、貿易金融、貿易書類、貿易法務、貿易税務、通関知識、貿易保険、外国為替、航空貨物、クレーム、マーケティング知識といった、貿易実務に関する科目が出題されます。

また、商業英単語や英文解釈、英作文といった貿易実務英語に関する科目も出題されます。

その他にも、貿易マーケティングという科目からの出題もあります。

貿易マーケティングの科目は、国際実務マーケティング協会が主催する、マーケティング・ビジネス実務検定A級・B級・C級合格者は、受検が免除されています。

貿易実務検定は、検定試験に合格するための学習を行うことによって、貿易実務に関しての能力を、体系的に身に着けることができる内容となっています。

学習を通して、何が重要かを認識するような構成になっているため、1つ1つのステップをクリアすることで、自然に実務能力が身につきます。

貿易実務のような実務に関わる検定試験では、学問の分野とは違って、実務遂行能力が非常に重要とされています。貿易実務検定では、実際に業務で発生する実務が全て抽出されているため、確実に業務を遂行することができるようになります。

資格を取得するメリットとは何か

貿易実務検定の資格は、ビジネスや経営に役立つ資格です。貿易に関わる企業に就職や転職を希望する場合にも、とても有利に働きます。

例えば、貿易会社や商社などでは海外から多くの商品を輸入しています。輸入の際には、煩雑な手続きが必要で、法律の知識や英語のスキルがないとスムーズに業務を行うことができません。

また、メーカーなどの企業でも原材料を輸入したり、製造した製品などを輸出することが多くあります。そういった輸出入に関わる手続きをスムーズに行うには、貿易に関する実務能力が必要とされています。

その他にも、国際物流などに携わる企業などにも、貿易に関するエキスパートの需要があります。

貿易実務検定はとても知名度の高い資格なので、履歴書などに記載して、自分が持っている能力をアピールすることができます。

数多くある資格の中には、学問的な知識だけが豊富だけれど、実際の業務には全く役に立たないといったことも多いものです。貿易実務検定は、実務に特化した資格なので、実際の業務に役立つ力が身についており、即戦力として働くこともできます。

出題範囲が広く幅広い分野を学習するので、全く知らないことを業務で行うといったことはあまりありません。

貿易実務検定は、世間での評価も高い資格で、商社やメーカーの中には検定試験を受けることを勧めている企業もあります。

そのため、貿易実務検定は取得しておくと、就職や転職だけでなく、昇進などの際にも評価されることの多い資格です。

また、貿易に関する知識や実務能力を生かして、個人でインターネットを使い商品などを輸入することもできます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

身近な国家資格:運転免許

今や誰もが持っている資格と言えるのが、運転免許です。 特に地方在住者にとっては必需品と言っても過言ではないものですが、首都圏などの交通インフラが整っている場所では使用頻度が少なくなる可能性もあります。

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語文章能力検定」

普段何気なく使用している日本語ですが、正確に使用できていない人が少なくありません。 現代は、情報化社会と呼ばれていますが、実際には情報に多くのノイズが混じっているのです。日常生活において、正しい情報を …

女性に役立つ資格:リテールマーケティング(販売士)検定

現在の流通業界を取り巻く環境は、少子高齢化やライフスタイルの変化をはじめ、情報技術の急速な進展、流通外貨の相次ぐ参入などで、急激かつ大きく変化しています。 このような状況のもとで必要とされているのが” …

心理カウンセラーになるには?

心理カウンセラーと呼ばれる仕事は、これまでは特別な資格を持たなければできないと言うものではありませんでした。 法的に国家資格が存在している分野ではなかったため、民間の資格を持っていることが心理カウンセ …

医療系の資格:獣医師になるには

今では空前のペットブームということで、昔とは比べ物にならないほど犬や猫を飼う人が増えています。 もはや家族同然の扱いで、中には飼い主の方が犬や猫に身を捧げているようなケースまであります。 特に最近の猫 …

楽天モーションウィジェット