専門職には欠かせない!技術系の資格「ボイラー技士」

ボイラーは、機械を動かすために蒸気を発生させる装置で、ビルやスーパー、病院や工場などに設置されています。そのボイラーの運転と保守、管理を行っているのが、ボイラー技士になります。

また、冷凍機や電気設備など付帯機器を担当していることもあります。

スポンサーリンク

ボイラー装置でエネルギーの供給をしています

ボイラーから発生した蒸気は、熱として利用されるとともに、膨張する力で冷凍機で冷水を作ったり、冷房にも利用されています。ボイラー技士は、ビルの管理会社や高性能のボイラーを使用して、地域にまとめて供給している地域冷暖房システムの運営会社などで働いています。

ボイラーの点火、運転、停止を行い、自動制御された機械装置の運転状況を、モニターで水位、蒸気の圧力、燃焼圧力などの順番で監視しています。また定期的に現場を巡回し、蒸気や水、ガスなどの漏れを音を聞いたり、においをかいだり、触って五感による点検を行っています。

さらに、ボイラーの保守点検も行っています。地下街やビルの中で、冬は暖かく夏は涼しく快適に過ごせていけるのも、いつでも熱いお湯や殺菌洗濯のための蒸気が使えるのも、ボイラーが働いているからです。

ボイラー技士は、生産、給湯、空調、滅菌消毒などの施設に、蒸気エネルギーを供給するボイラーの運転、点検、保守、管理を行っています。ボイラーは、石油やガスなどを燃焼させて、内部に高温高圧の蒸気や温水を持っている、危険な装置になります。

それを、24時間3交代で稼働させているボイラー技士は、十分な知識と技術を身につけ、安全で最適な条件での運転に心がけています。そして人々の生活に密着した諸分野に、エネルギーを供給しています。

ボイラー技士には国家試験があります

ボイラー装置は危険なうえに、業務の幅が広く、修理や部品交換などの保守メンテナンスも必要になってきますので、ボイラー技士になるためには、機械類、電気関係に興味を持っている人が望ましくなっています。

設備の点検や試験、計測、記録、清掃などを行うため、日常の操作や点検を冷静確実に行える性格を持っている人が、理想的になります。緊急事態が発生した時などは、迅速で適切な処置を行って、周囲との連係が必要な場合に備えて、人とのコミュニケーションが取れることが大切になってきます。

資格なしで入社した場合は、現場で積極的に経験を積んで、資格を取るための努力を怠らない向上心が必要になってきます。ボイラー技士になるためには、特に学歴などが問われることはありません。

資格がなくてもボイラーを設置している工場やビル管理会社などに就職して、作業経験を積んでボイラー技士の資格試験を受けることが可能になっています。大学や高専、高校などでボイラーに関する学科を修めていると、受験への近道になります。

学歴がない場合であっても、機械や電気に興味があって、ボイラー技士の資格試験を積極的に受けようとする姿勢があれば、職業訓練校などで準備段階に入ることが可能です。

ボイラー技士には、国家試験があります。特級と1級、2級に分かれていて、試験については学科試験だけで、ボイラーの構造や知識、取り扱いに関する知識や燃料及び燃焼に関する知識や、関係法令などについて出題されています。

学歴と実務経験によって、それぞれの段階を踏んで受験ができるようになっています。特級は年に1回、1級は年に4~10回、2級は毎月1~2回行われています。

縁の下の力持ち現代の生活には不可欠

国家試験の特級、または1級のボイラー技士資格を取得すれば、容量が大きいボイラーの取り扱い作業主任に選任されます。関連がある国家資格としては、ボイラー整備士、ボイラー溶接士があります。

ビル管理会社などでは、ニーズが高い資格になっています。危険物取扱者の資格も取得しておくと、さらに有利になってきます。ボイラー技士の資格を取って、派遣社員となってさまざまな職場で働いている人も多くいます。

派遣社員は、ボイラー関係のほかに仕事量が多く、現場での契約条件が違ってきます。病院なども仕事がいろいろあって、気を使うこともあります。現場では、周囲と仲良くやり、気分よく働いていれば事故もありません。

務めて仕事に集中することが、大切になってきます。ホテルでも、この仕事は大切なものになっています。まさに、縁の下の力持ちといった言葉がよく似合う職業です。

客室の冷暖房が効かないといったことがないように、毎日の点検が非常に重要になってきます。それと合わせて、故障などが起こった時は迅速に対応していかなければなりません。修理の技術も、必要不可欠になってきます。

いろいろと経験を積んで、知識と技術を磨いていかなくてはなりません。人間が生活していくうえで、現在はボイラーはなくてはならないものになっています。この装置を運転する人がいなくなったときは、社会生活が営めなくなってしまいます。

ですから、ボイラー技士には、ボイラーが故障したときの状況判断と、素早い修理の技術が求められています。

現在は、ビル管理会社にボイラーの管理を委託するところも増えていますので、ボイラー技士の資格を取って就職すれば、優遇されることになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

心理カウンセラーになるには?

心理カウンセラーと呼ばれる仕事は、これまでは特別な資格を持たなければできないと言うものではありませんでした。 法的に国家資格が存在している分野ではなかったため、民間の資格を持っていることが心理カウンセ …

医療系の資格:調剤報酬請求事務専門士

調剤事務の仕事を目指す場合、調剤報酬請求事務専門士を取得していることで、専門知識があることをアピールできます。

仕事に役立つ英語の資格:実用英語技能検定(英検)

英検という言葉は一度はどこかで目にしたり、耳にしたりしたことのある言葉ではないでしょうか。 学校で進められて受験をした経験がある人も多いのではないでしょうか。 英検はそれだけ規模の大きい検定試験と言え …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:アスレティックトレーナー

メタボリックシンドロームなど、生活習慣病の患者が増加傾向にある今日では、健康志向がますます高まりつつあります。 健康を維持、増進するための方法としてまず考えられることは運動です。 そこで今回は、健康促 …

女性に役立つ資格:フードコーディネーター

近年では、女性に人気の資格の一つに「フードコーディネーター」があります。 年齢制限などはなく、いつでもチャレンジできる資格の一つです。

楽天モーションウィジェット