会社にとって欠かせない存在!経理の資格「簿記能力検定」

会社などの組織では、お金の出入りを管理する経理部門が用意されています。

経理部門は、組織にとって重要な存在です。仕事の多くは収支に関わることで、仕入れた商品の仕入先や価格を帳簿に記帳したり、原価計算や月末などに行う決算書類の作成をしたりします。

組織のお金の流れを把握して、組織の活動を支える大事な仕事です。デスクでひたすらエクセルソフトを操作する日もあれば、他部門や会計士や税理士との連絡を行う日もあります。

スポンサーリンク

経理の登竜門!簿記の事を知ろう

簿記って何ですか?

この経理部門で働きたいと考えたら、簿記の資格を所有していると有利です。経理部門では、お金の流れを把握できることが重要です。簿記では、商品取引を帳簿に記入する方法や、ビジネスにおける専門知識を学ぶことができます。

簿記の資格を所得するレベルまで学べば、経理部門で働けるくらいの実力が身に付きます。

社会人で初めて簿記に挑戦する時は、ほとんど独学で学ぶか経理部門の仕事を手伝いながら学んでいくのが一般的です。学生であれば、商業高校に入学して簿記を学ぶことも考えられます。

将来何になりたいかはっきりしていない中学生に、商業高校を勧めるのはおすすめです。

経理部門で働かない場合でも、簿記を学んでおけば、様々な場面で役立ちます。例えば、個人でお店を開く時には、自分で商品管理をしたり、売上や損益の計算をしたりといったことが出来るようになります。

主婦でも、趣味で簿記を学べば、簡単な家計簿を作成して、家庭の財政状況を管理することが出来ます。また、簿記を学ぶ前と学んだ後では、物事の考え方や捉え方が変わることがあります。

今まで損な考え方をしていた人が、簿記を学んで賢くなるといったことは良くあります。

簿記の種類を知ろう|単式と複式

一口に簿記と言っても、様々な種類があり、記帳する方法が異なります。ここでは、簿記の種類と記帳方法を紹介します。

簿記は、単式簿記と複式簿記というように、やり方が区別されています。単式簿記は、収益と費用を重視したやり方です。例えば、月末に収支計算書を作成する時、期首残高と収益を合わせて費用を差し引くことで、期末残高を求めることができます。

期末残高は、翌月の期首残高になります。単式簿記は単純な計算方法なので、家計簿や町内会の会計などに、用いられることがあります。

複式簿記は、最も一般的な記帳方法として認知されています。会社などの組織では、複式簿記を使うのが当たり前となっています。複式簿記の特徴は、取引を行った時の二面性に着目して、仕分けと呼ばれる手法を用いて、帳簿に記帳します。

例えば、商品を仕入れた時は、現金が減少して商品が増加します。この取引には、現金の減少で資産が減少、商品の増加で資産が増加するという二面性があります。

複式簿記では、こうした取引を資産、負債、資本、費用または収益の勘定科目を用いて、仕分けを行い記帳します。複式簿記を学ぶことで、貸借対照表や損益計算書の作成が出来るようになります。

この他にも組織の活動に合わせて、商業簿記や工業簿記といった方法を合わせて行います。商業簿記と複式簿記を組み合わせた方法は、会社などの組織で使われています。

工業簿記では、製品を製造する時の原価計算を行います。製品製造に関わる経費や、労働賃金などの計算方法を学ぶことができます。また、これらの応用として、農業簿記や漁業簿記など、活動によって記帳の方法が変わるものがあります。

様々な簿記能力検定|資格の種類を知ろう

簿記能力検定には、いくつか種類があります。最も知名度が高い簿記能力検定は、日商簿記検定と言われています。

この試験は、商工会議所が実施する検定試験です。日商簿記検定の資格を持っていると、就職や転職に有利と言われており、受験者も多いです。試験は1級~3級まであり、年3回実施されます。

受験者が多いことと、歴史が長いことから、類似した過去問など情報が多いです。参考書が無くても、2級レベルならネットを使って独学で学ぶことができます。1級に合格すると、税理士試験の受験資格を手にすることができます。

商業高校生を対象とした簿記能力検定として、全国商業高等学校協会の簿記実務検定があります。1級~3級まであり、1級は会計と原価計算の2項目に分かれていて、両方合格することで1級合格として認められます。

商業高校生を対象とした試験なので、難易度はそれほど高くありません。1級合格の難易度は、日商簿記検定の2級くらいと言われており、1級を目指しながら並行して日商簿記検定2級を目指す高校生もいます。

経理部門で役立つ資格として、全国経理教育協会の簿記能力検定があります。

この資格は、1~4級と上級があります。上級は商業簿記、会計学、工業簿記の知識、実務処理能力が必要になります。1項目100点満点で、4項目全てで40点以上取ることが、上級合格ラインとなります。

日商簿記検定の1級と同様に、上級に合格すると、税理士試験の受験資格を手にすることができます。

簿記を学びながら税理士を目指している人は、日商簿記検定1級か簿記能力検定の上級合格が最低条件になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 公的資格
-,

関連記事

趣味で取れる実用的な資格:ダイエット検定

今の時代、年齢性別関係なく話題になるのがダイエットの話ですよね。 特に若い女性は何よりもダイエットのことが気になるという人も多いのではないでしょうか? そんな人なら反応するであろう資格が、ダイエット検 …

将来的に独立ができる国家資格「不動産鑑定士」

不動産鑑定士は、不動産を有効に利用するために適正な価値を鑑定し、不動産の価格を導く専門職です。 その業務範囲は広く、個人はもとより企業に対するアドバイスから公的評価まで行います。 さまざまな働き方が選 …

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「消費税法能力検定」

事業を行うと言うことは、お金の動きが必ずあります。顧客に対して請求したり、物品を購入するために支払ったり、物品を輸入するときの関税の支払いなどさまざまです。 どんなに動きのない事業者と言えども、なんら …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)

パイロットは旅客や貨物の輸送、遊覧、写真撮影などのために航空機を操縦して、目的地まで正確に運搬する仕事をしています。 航空会社や航空測量業、報道、遊覧サービス業などで仕事に従事しています。

雇用形態いろいろ。正社員として働くメリット・デメリット

様々な雇用形態がありますが、その中でも最も良しとされているのは、正社員です。 なぜそのように思われているのか、それはただの世間体だけではなく、待遇面においても様々なメリットがあるからです。 長期的に働 …

楽天モーションウィジェット