仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ビジネスコンプライアンス検定」

21世紀に入り、法令遵守、コンプライアンスの徹底が言われるようになっています。

社員などが不祥事を起こすことで、社会的な信用を失い、会社の経営に大きな影響を及ぼすことから、コンプライアンスの重要性は、年々増しています。

スポンサーリンク

今後ますますニーズの増える可能性のある資格

近年大事になっているコンプライアンスに関連する資格

コンプライアンスは、ビジネスに関することだけを知っていればいいものではなく、民法や刑法、会社法などのことや労働関係の法律などに精通していることが求められます。

そうした知識が入っている社員を、いかに確保するか、経営者には求められています。

コンプライアンスの知識があるかどうか、それを確かめる資格として、ビジネスコンプライアンス検定が存在します。

ビジネスコンプライアンス検定は、初級と上級の2つがあり、ビジネスに携わる人として、日常的な業務に必要な、基本的な法律知識を持っているかどうか、規範に基づく行動ができるかどうかを問う初級、これに加えて、経営の根幹となる高度で実践的なコンプライアンスを実践していくことができるかが問われる上級に分かれます。

初級の場合は、マークシートになっており、上級はマークシートに加えて、筆記が加わっています。上級の筆記問題は論述問題であり、実際に企業側がとるべき行動を、1000字以内で述べるというものになっています。

受験者に判断してもらうために、架空の不祥事の詳細が書かれており、それを見ながら、どのようにしていくべきかを書くことになります。

実践的な問題が上級には含まれていることで、単に勉強しているだけでは合格できないような形になっており、知識を詰め込む以外の対策が求められます。

企業側で進む、ビジネスコンプライアンス検定を受ける動き

企業としては、社員全体が法令遵守の精神を貫き、不祥事を起こさせないようにしていくということは、とても大事なことであり、奨励されるべき事案でもあります。

そのため、企業によっては、全社員がビジネスコンプライアンス検定を受けるよう推奨することも行われています。ビジネスコンプライアンス検定を受ける社員が増えることで、会社のアピールにもなります。

法令遵守に積極的に取り組んでいることがわかれば、それを見る得意先などはさらに信用を高めようとします。

特に経営コンサルティングの会社などは、ビジネスコンプライアンス検定の取得を義務付けているところも存在します。コンプライアンスを重視しているところは、そこで働く社員がそうでなければ、相手に信用してもらえず、逆にビジネスコンプライアンス検定という資格を持っていれば、相手は自分たちの言うことを素直に聞いてくれます。

ビジネスの世界では、年々コンプライアンスに対する姿勢が強く求められており、ビジネスコンプライアンス検定のような資格に合格することで、目に見える形で対策をとっていることがわかります。

今後、人事部などがビジネスコンプライアンス検定に合格した人しか所属できないというような会社が増えていけば、その需要はますます上がっていきます。

ビジネスコンプライアンス検定を、社員に実際に受けさせた企業は数多く、ビジネスコンプライアンス検定を主催する団体のホームページには、企業の具体名が数多くあることが確認され、名だたる企業の社員がビジネスコンプライアンス検定を受けていたということがわかります。

模擬試験で問題の傾向を知ることから

ビジネスコンプライアンス検定はマークシート方式になっており、複数の選択肢から選ぶやり方が基本となっています。ただ、知識を単に問うというよりは、総合的な知識、実態に即した知識というものが必要になります。

これは実際に過去問を解くだけでは身につかず、日ごろからコンプライアンスに関するニュースや、実際に企業側が行っている対策を参考にする、事例を知ることが求められます。

また、実際に行っている対策に関し、自分ならこうするという視点に立って考えていくと、ビジネスコンプライアンス検定を受ける際にもプラスに働きます。

また、ビジネスコンプライアンス検定には、模擬試験があるため、実際にそれを受けてみて、傾向を確かめることもできます。

スマートフォンアプリでも、模擬試験を受けることができるため、通勤の際にやってみるというのも1つです。

勉強の仕方としては、ビジネスコンプライアンス検定に関する参考書を買うなどして、つかんでいくことも大事です。初級であれば、過去問などをたくさんこなすことである程度の傾向、基本的なことをつかむことはできるようになります。

上級となると、かなり具体的な対応などを知る必要があるため、法律に関する原則と例外、この2つを徹底して覚えておくだけでなんとかなり、あとは実際の事例を知り、なぜそうしたのかを法律の観点、ビジネスの観点から読み解くと理解度が深まります。

資格としては、まだまだこれからの部分もありますが、取得しておくことで、コンプライアンスに対する距離感がわかり、ビジネスパートナーとして信用できるかどうかがわかります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

将来的に独立ができる国家資格:税理士

税理士は景気に影響を受けやすい業界ではありますが、今後、グローバル化の影響で国際会計基準が日本でも大企業や中小企業問わず適用されようとしている流れの中で税理士は必要とされる存在です。 有資格者として企 …

専門職には欠かせない!技術系の資格「火薬類保安責任者」

火薬類保安責任者は、火薬を安全に製造して保安、管理するための正しい知識と技能を持っている火薬のスペシャリストです。 国家資格で、火薬を使う現場では必ず配置する必要があるので、資格を持っていると就職や転 …

貿易事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

求人の広告やサイトでよく目にする、「貿易事務」の文字。 なんとなくふつうの事務より時給も高いし、世界を相手にしていてカッコいいけど、今一つ仕事内容はピンと来ない。 そんな貿易事務のお仕事について、具体 …

クリエイティブなセンスを活かす!ゲームに関する資格「CGデザイナー」

CGというのは、コンピューターグラフイックスのことです。コンピューター処理によって作成される画像と、その技術のことを言います。 CGデザイナーは、コンピューターをフルに活用して、架空の画像や映像を現実 …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:航空工場整備士

航空機に関係している技術者は、航空機の安全性や経済性を考慮しながら設計、デザインから各部品加工や操縦装置、着陸装置といった部分機構の組み立て、試作、試験、製造までを受け持っています。 さらに安全運航す …

楽天モーションウィジェット