簡単にとれる資格「ビジネス実務法務検定3級」

仕事をしていく中で役立つ資格は数多くありますが、特に法律知識を活かしたい場合に取得しておくと良いのが、ビジネス実務法務検定3級の資格です。

この資格は、企業がスムーズに業務をこなしていくために必要となる、法律知識の習得を目指して設定されたものであり、自分を守るための仕事の法律入門資格だとも呼ばれています。

スポンサーリンク

今の時代に必要な資格!ビジネス実務法務検定3級

コンプライアンスが求められる世の中

近年は、特に企業にとって正しいコンプライアンスが求められるようになっており、法律関係の資格の中でも、一般の従業員でも取得できる比較的簡単なものとして注目が高まっているのです。

一般的に法律関係の資格というと、弁護士資格や司法書士資格、行政書士資格など専門性の高いものばかりが思い浮かびますが、これらはかなり本格的に勉強を続けないと合格することはできません。

合格率も低く、非常に難易度の高い資格なので、企業に勤務しながら一般の従業員が取得を目指すのは簡単ではありません。

ビジネス実務法務検定3級の場合、こういった法律関係の知識の中でも、特に企業活動において重要となる分野を重点的に取り扱うようになるため、ビジネスマンとして仕事をしていく上で非常に役立つ資格だと言えるのです。

弁護士や司法書士などと比べると、出題範囲も狭く本格的な細かい内容までは求められないため、3級であれば簡単に取得することも夢ではありません。

法務関係の仕事だけではない

企業に勤務している場合、法務関係の部署に配属されていないなら、ビジネス実務法務検定3級は特に必要ないようにも感じます。

営業やシステム開発など、法律と直接かかわらない部署であれば関係ないと感じてしまいがちですが、実はそんなことはないのです。

ビジネス実務法務検定3級は、主に企業活動における主要分野を広くカバーしているため、営業や総務、人事にシステム開発など、あらゆる部門に対しても活用することができるのです。

企業では様々な部署ごとに、それぞれの取引先や業務などで異なった利害関係が発生します。
この際に、法律に従って契約を交わしたり、トラブルを解決していく必要があるため、法律の知識を持っている人材がいることは非常に重要なのです。

たとえ、法務関係の部署に所属していなくても、将来的に役立つ可能性の高い知識なので、受験することには大いに意味があります。
法務関係の部署に所属している場合はもちろん価値があり、ビジネス実務法務検定3級を取得しているか否かによって、管理職へ昇進できるかが変わってきいたり、特別な手当がつくこともあります。

試験について

ビジネス実務法務検定3級の受験資格としては、基本的に誰でも受験することが可能です。

申し込み方法は、インターネットもしくは電話によって行い、個人ごとに申し込むことになります。
一定の条件のもとで、団体で申し込めるケースもあるので、詳しくはビジネス実務法務検定3級を主催している団体のホームページを確認してみるようにしましょう。

申込期間は、その年の4月下旬から5月下旬、9月下旬から10月下旬の2度チャンスがあります。
試験の開催は7月と12月で、試験会場は全国各地にあるので調べてみると良いでしょう。

受験料は4320円で、これは不合格だったとしても返還されるようなことはありません。

ビジネス実務法務検定3級は比較的簡単な試験なので、会社に勤務しながらでも半年から1年ほど勉強していれば十分合格することができます。

3級であれば、さらに難易度は下がるので、本気で勉強すれば2ヶ月から3ヶ月でも十分でしょう。
最近は、大人向けの資格学校なども数多く開かれているので、そういった所に通って専門的な勉強をしていけば、さらに時間を短縮したり合格率を上げることもできます。

このような学校や通信教育を受けた場合、その費用は安くても2万円ほど、高ければ5万円近くすることもあります。

安いとは言えないので、特に期限が決まっている場合や、絶対に取得しなければならない事情がある場合以外は、自分で地道に勉強していった方が得だと言えます。

試験範囲がかなり広くなっているので、全てを一から十まで身に付けようとするとかなり大変です。
このため、効率よく勉強するには専門のテキストや過去問題集などを購入し、出題頻度の高い分野や、問題を集中的に解いて覚えていくという勉強方法がおすすめです。

最後に

ビジネス実務法務検定3級という資格は、コンプライアンス意識の高い大企業ほど取得していると有利になります。

大学生が取得していれば、持っていない学生と比べて就職活動にも大いに有利に働いてくれます。
ただ、コンプライアンスということをあまり重視していない中小企業や、個人事業主の会社だった場合、資格の名前すら知られていないということもあります。

取得を目指す場合は、自分の会社の特徴や将来的な自分の成長のために、必要かどうかをよく考えてから受験するようにしましょう。

この資格の出題範囲は、弁護士や司法書士などより高度な専門知識を持つ資格とも重複しています。

この資格をきっかけとして、さらに高度な資格取得を目指してスキルアップしてくこともできるので、積極的に取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 公的資格
-,

関連記事

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「色彩検定」

資格や検定試験には、日本だけでも1000種類以上はあります。その中でも、色の資格はいくつかあり、色彩検定やカラーコーディネーター検定などがあります。 このうち、ファッション系の仕事の役に立ちやすいのが …

公務員になるための試験:刑務官

刑務官は、刑務所や少年刑務所、拘置所などに収容されている人たちに対して、生活指導や職業訓練を行う仕事です。 施設管理、保安、警備なども行います。

医療事務検定試験の難易度と合格率は?

スポンサーリンク 医療事務の難易度と合格率 医療事務はそもそも暗記する必要の全くない資格です。 医療行為の内容を点数化してレセプトという表にまとめるというものが試験内容になります。 通信教育などでとる …

ドイツ語を通して学ぶ文化と歴史

ドイツ語は外国語の中でも比較的馴染みやすい言語で、大学の第二外国語として講義を受けたことがある人も多いはずです。 世界的には約1億3千万人の人に話されていて、ヨーロッパでは母国語とする人の割合が最も多 …

ブラック企業とは?見分け方はある?

誰しもが条件がよく、休日がきちんと取れて、残業が少なく、また、残業手当、休日出勤手当がきちんと出て、長時間労働を強いられることがなく、給与がいい仕事につきたいものです。 しかし、いわゆるブラックと言わ …

楽天モーションウィジェット