専門職には欠かせない!技術系の資格「CAD技術者」

昔は、建築関係の設計や機械設計などは、手仕事で行っていたことがありましたが、今ではそのような作業する人はほとんどいません。その代わりにCADを使って、製図・設計・トレースを行う人がほとんどなのです。

コンピューターで製図をすると、綺麗に作業をすることができます。 最近では2Dではなく 3Dまで技術が進歩して、とても見やすく精度の高い製図を作り上げることができるのです。

スポンサーリンク

CAD技術者という資格を持つことの意味

ただ単純に、綺麗な製図がかけるというだけではありません。見た目ではわからないような、ミクロの世界まできちんと寸法をだして行い、精度の高い作品を仕上げていかなければならないのも、CAD技術者という仕事なのです。

CADの技術を一定の水準までもっている、高い能力を持っている人に、CAD技術者という資格を与えるのです。そのために、CAD 技術者試験があります。このCAD技術者試験に受かった方は、かなりの高いレベルにある人だといえますし、その人がCADで行う製図は、非常に信頼できるものだと思われます。

実際、建築関係の設計や電気機器の設計などは、こういった人々が仕事として行っているのです。きちんとした製図を書くということは、機械部品を作る時にも失敗がなく、また損失を出すこともなく、さらに現場で作業する方も効率よく作業することができますので、とても大切なのです。

だからこそ、CAD技術者の卓越した能力が問われるということなのです。

責任はCADを書くことよりも、その書いた図面の内容がすべてなのです。書き上げた物がそのまま形になる、それがこの仕事の真髄だともいえます。

CAD技術者を詳しく見ていくと

CAD は難しいスキルを持たないと、できないというものではありません。誰しもが簡単に扱うことができるCADのソフトも、最近では増えてきています。

一方で、それぐらい簡単にCADを扱えるからこそ、製図のちょっとしたミスで機械にトラブルを生じたり、きちんとはまらなければならない部品がはまらないといった、アクシデントがあったりするのです。

そのCADのレベルがバラバラであると、現場では非常に困ったことになってしまいます。間違いました、書きなおします、ではすまされないのです。ですので、ある一定の基準を持った人に、この資格を与えて他者と差をつける、それを明確化するという根拠のもとで作られたのが、このCAD技術者という資格なのです。

この試験は、2Dと3Dとに分けられます。2Dは別名「2次元CAD利用技術者」といいます。これは、さらに3つに分けられます。「基礎」「2級」「1級」です。

その中でも「1級」については分野別に、さらに「機械」、「建築」、「トレース」に分類されます。

3Dは別名「3次元CAD利用技術者」といいます。これは、「2級」、「準1級」、「1級」の3つです。

基礎が無い点や「準1級」がある点で「2次元CAD利用技術者」とは異なります。エンジニアとして活躍するためにも、1級を目指してがんばらないといけませんが、その1級を取得すれば、周りからの信頼が違ってきますし、仕事の質も変わってきますので、仕事の充実度が断然違ってきます。

ですので、自分の能力を高める意味でも、責任を持って仕事をする意味でも、このCAD技術者は本当に有意義な試験だと思います。

CAD技術者はやりがいのある資格です

2次元CAD利用技術者試験の1級に特化してみると、そこにはある特定の技術者を想定して作られたことはわかります。つまり、機械系のCADシステムを使って、設計・製図の業務に就き、さらに1年以上の就学・就業経験を有する者ということなのです。

これは単純に、CADシステムを操作できるというだけではないと言う事が分かります。まずはスタートラインとして、会社の設計の補助業務を行うところから始め、その後、その仕事関係の設計を従事する者になったり、オペレーターの管理業務を目標にするという者というのが考えられます。

ですので、これだけの能力を持っていることで、客からの信頼度も厚く、細かい打ち合わせに対してもしっかりと対処することも、出来ると考えられるのです。

ですので、パソコンのスクリーンに向かって黙々と CAD データを打ち込むという作業だけではなく、幅広い見方をすれば、設計の段階での営業や得意先との交渉のやりとりなどを行う側面も、仕事の内容として含まれるのです。

しかし、技術者として認められれば、いろいろなところに伺って作業することもでてくるでしょう。

また現場に行かずに、職場でデータだけをやりとりするということもあるでしょうし、現場でかなり専門的で高度なCADを要する製図を頼まれることもありますので、責任感のある仕事をにつくことが多くなりますが、その分やりがいやお客様からの感謝の言葉をいただいたときの感動は、ひとしおだと思います。

以上のように、CAD技術者の要求されるレベルは相当の物ですが、その分人に信頼されて仕事が出来るので、やりがいのある資格だといえます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車整備士

現在の車は電子制御化が進み、不具合が起こればコンピューター診断機を取り付けて故障個所を探ります。 自動車整備士はこれまでの経験とスキルを生かして、さらに電気の知識を駆使して修理を行い解決していきます。

証券事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

事務の仕事の中でも、特に専門的な事務になると、意外と知名度が低いことが多いでしょう。 その中でも、あまり有名ではないのは証券事務です。事務の1つのジャンルとはいえ、あまり耳慣れない言葉ですよね。 どう …

専門職には欠かせない!技術系の資格「エネルギー管理士試験」

エネルギー管理士は国家資格で、一般財団法人省エネルギーセンターが行うエネルギー管理士試験に合格した後で、経済産業大臣に申請することで免状の交付が行われます。 日本はエネルギー資源が乏しい国で、エネルギ …

おもてなしの心が身につく!ホテル・ブライダルの資格「ウェディングプランナー」

ブライダル業界の中でもひときわ華やかなのが、ウェディングプランナーです。結婚式を控えているカップルの結婚式の相談を受けて、企画して作り上げていくのが仕事です。

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「BJTビジネス日本語能力テスト」

ビジネスでは様々な状況、場面が存在します。そして、多くの情報に接し、その処理をスピーディーにしていくことが何より求められます。 ビジネスにおける情報処理能力を高めるには、基本的な日本語能力が備わってい …

楽天モーションウィジェット