世のため人のため役立つ!法律に関する資格「知的財産管理技能検定」

知的財産管理技能検定とはその名前の通り、知的財産を管理する技能や知識が、一定以上備わっているのかどうかを検定するための試験の事を指しています。

そして、試験に合格する事によって取得できる資格の名称としても用いられていて、正式には「知的財産管理技能士」という資格を取得することができます。

スポンサーリンク

知的財産管理技能検定とはどんな資格?

この知的財産管理技能検定は、近年企業などの間でも重要視され始めている、知的財産を守るための重要な存在を要請するためのものだと考えられていて、企業だけでは管理する事ができない重要な財産の管理を負かされる、ビジネスパートナーとしての役割を担っています。

資格の中には、3級・2級・1級の中にそれぞれブランド専門業務・コンテンツ専門業務・特許専門業務など色々な種類があり、それぞれに得意としている分野や、行う事ができる業務が異なっています。

そのため、どこまでの範囲の知的財産の管理を求められているのか、どのような種類の知的財産を取り扱うことになるのかによって、取得する資格の種類やランクを決める必要があるようです。

また、知的財産の管理については、同じく国家資格である弁理士との違いが分からないというところがありますが、大きな違いとしては、法律上での取り扱いになります。

知的財産管理技能検定は、能力を証明することが主目的となっているので、名称は独占することができますが、法律上の業務独占をする事が許されていません。

それに対して弁理士は、外部から報酬を得て自らの能力を提供する専門職業人として取り扱われているので、法律上業務を独占する事が認められています。そのため業務上の優先権は、弁理士にあると言えるのです。

知的財産管理技能検定の取得方法は?

そんな、知的財産管理技能検定はどのように受検することができるのかというと、まず受験する条件としては「知的財産に関する業務に従事している者または従事しようとしている者」であることが、条件だとされています。

そのため、現時点で関連する業務についていないと言う場合でも、将来従事する予定があれば主婦などでも、受験する事が可能となっています。

また、知的財産管理技能検定には階級があるのですが、ある程度知的財産に関する業務の実績があるなど、実務経験があるという場合は階級に関係なく、受験する事ができます。

ただし、実務経験が2年以上であることや、種類によっては下の階級の資格を持っていることが条件となっているものもあるので、注意が必要です。それらの条件を踏まえて、WEBもしくは郵送で申込みを行い、国家資格なので、年に1度の、受験日に試験を受ける必要があります。

注意点としては、階級合格者は上のランクの受験をする場合に、受験資格の有効期限というものがあり、期限を過ぎてしまうと階級合格者と言う条件での受験ができなくなってしまいます。

その場合は、別の条件で受験する必要があるようです。 試験の内容としては、筆記試験のみとなっており、それぞれの階級によって合格ラインが異なっています。主に、必須問題は80パーセント以上の正解率が求められていますし、それ以外の問題に関しても、60パーセント以上の正解率が求められています。

試験に合格した後は、証明証書が届くのでそれを保管・管理しておけば、知的財産管理技能士として働く事ができるようになっていますし、定期的な更新や手続きは必要ないとされています。

知的財産管理技能検定の活用方法

実際に、知的財産管理技能検定に合格して資格を取得した場合、どのように活用することができるのかというと、まずは就職や実際の業務に活かす事ができます。

特に、知的財産の管理を求められている中小企業や大企業の中では、需要が高まっているので、資格を持っているだけでも就職に有利ですし、企業内の専門の部署で活躍するためには、必須の資格だと考えられています。

また、弁理士・弁護士・中小企業診断士・税理士・公認会計士・技術士などの、すでに似たような業務を行う事ができる国家資格を持っているという人でも、目的の異なる国家資格を重ねて取得することで、企業内部の知的財産管理にも精通した専門家として、企業から信頼されるなど、メリットがあります。

さらに、受験資格の関係から主婦や学生でも取得する事ができるようになっているのですが、この場合は、知的財産に関する知識を深める事ができるというメリットがあります。

そこから就職・転職・再就職・キャリアアップなどに繋げることができるようになるほか、単純に知識として活用することができるようになるのです。

このように、主な活用方法としては、企業の知的財産管理に関する部署での知識や、技術の向上と言う面が大きいほか、異なる業務や目的を持っている国家資格を有している人たちの、スキルアップや専門性の特化に活用することができると考えられています。

それ以外にも、国家資格ではありますが趣味の範囲で取得する事ができるという部分もありますし、就職や転職に有利になりやすい資格として活用することができるという部分もあります。

特に活用することができる業種や分野は多岐に渡っているので、幅広い職種で活用できる資格として人気を集めています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-, ,

関連記事

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「経営者検定試験」

昨今の経営を巡る環境は、不景気ということもあり、なかなか良くはならず、企業のトップとして大変なかじ取りを強いられることになっています。 このため、自分が本当にビジネスの才能があるのかどうか、トップとし …

秘書はどんな仕事?未経験でも働ける?

事務系で人気の職種の1つに、秘書があります。 主に、上司をサポートする仕事になりますが、会社によって仕事内容には幅があります。 一般事務や営業事務として働き、秘書業務を兼務する場合もありますし、専属の …

医療系の資格:看護師・准看護師になるには

看護師として働くには、看護学校で単位を取得して、看護師試験に合格しなくてはいけません。

中国語を通して学ぶ文化と歴史

日本の周囲にはいろいろな国が存在していますが、最近関係が深くなってきているのが中国です。 以前は中国というとこの国の体制の影響で、あまり日本人とは関係がありませんでした。 しかし今はビジネス的なつなが …

趣味で取れる実用的な資格:音楽検定

音楽は人々の生活に溶け込んでいる存在です。 全く言語の異なる地域でも、音楽は一瞬で国境を越えることができます。 また、音楽に携わる職業は多く、レコード会社や音響制作はもちろん、BGMはありとあらゆると …

楽天モーションウィジェット