世のため人のため役立つ!法律に関する資格「知的財産管理技能検定」

知的財産管理技能検定とはその名前の通り、知的財産を管理する技能や知識が、一定以上備わっているのかどうかを検定するための試験の事を指しています。

そして、試験に合格する事によって取得できる資格の名称としても用いられていて、正式には「知的財産管理技能士」という資格を取得することができます。

スポンサーリンク

知的財産管理技能検定とはどんな資格?

この知的財産管理技能検定は、近年企業などの間でも重要視され始めている、知的財産を守るための重要な存在を要請するためのものだと考えられていて、企業だけでは管理する事ができない重要な財産の管理を負かされる、ビジネスパートナーとしての役割を担っています。

資格の中には、3級・2級・1級の中にそれぞれブランド専門業務・コンテンツ専門業務・特許専門業務など色々な種類があり、それぞれに得意としている分野や、行う事ができる業務が異なっています。

そのため、どこまでの範囲の知的財産の管理を求められているのか、どのような種類の知的財産を取り扱うことになるのかによって、取得する資格の種類やランクを決める必要があるようです。

また、知的財産の管理については、同じく国家資格である弁理士との違いが分からないというところがありますが、大きな違いとしては、法律上での取り扱いになります。

知的財産管理技能検定は、能力を証明することが主目的となっているので、名称は独占することができますが、法律上の業務独占をする事が許されていません。

それに対して弁理士は、外部から報酬を得て自らの能力を提供する専門職業人として取り扱われているので、法律上業務を独占する事が認められています。そのため業務上の優先権は、弁理士にあると言えるのです。

知的財産管理技能検定の取得方法は?

そんな、知的財産管理技能検定はどのように受検することができるのかというと、まず受験する条件としては「知的財産に関する業務に従事している者または従事しようとしている者」であることが、条件だとされています。

そのため、現時点で関連する業務についていないと言う場合でも、将来従事する予定があれば主婦などでも、受験する事が可能となっています。

また、知的財産管理技能検定には階級があるのですが、ある程度知的財産に関する業務の実績があるなど、実務経験があるという場合は階級に関係なく、受験する事ができます。

ただし、実務経験が2年以上であることや、種類によっては下の階級の資格を持っていることが条件となっているものもあるので、注意が必要です。それらの条件を踏まえて、WEBもしくは郵送で申込みを行い、国家資格なので、年に1度の、受験日に試験を受ける必要があります。

注意点としては、階級合格者は上のランクの受験をする場合に、受験資格の有効期限というものがあり、期限を過ぎてしまうと階級合格者と言う条件での受験ができなくなってしまいます。

その場合は、別の条件で受験する必要があるようです。 試験の内容としては、筆記試験のみとなっており、それぞれの階級によって合格ラインが異なっています。主に、必須問題は80パーセント以上の正解率が求められていますし、それ以外の問題に関しても、60パーセント以上の正解率が求められています。

試験に合格した後は、証明証書が届くのでそれを保管・管理しておけば、知的財産管理技能士として働く事ができるようになっていますし、定期的な更新や手続きは必要ないとされています。

知的財産管理技能検定の活用方法

実際に、知的財産管理技能検定に合格して資格を取得した場合、どのように活用することができるのかというと、まずは就職や実際の業務に活かす事ができます。

特に、知的財産の管理を求められている中小企業や大企業の中では、需要が高まっているので、資格を持っているだけでも就職に有利ですし、企業内の専門の部署で活躍するためには、必須の資格だと考えられています。

また、弁理士・弁護士・中小企業診断士・税理士・公認会計士・技術士などの、すでに似たような業務を行う事ができる国家資格を持っているという人でも、目的の異なる国家資格を重ねて取得することで、企業内部の知的財産管理にも精通した専門家として、企業から信頼されるなど、メリットがあります。

さらに、受験資格の関係から主婦や学生でも取得する事ができるようになっているのですが、この場合は、知的財産に関する知識を深める事ができるというメリットがあります。

そこから就職・転職・再就職・キャリアアップなどに繋げることができるようになるほか、単純に知識として活用することができるようになるのです。

このように、主な活用方法としては、企業の知的財産管理に関する部署での知識や、技術の向上と言う面が大きいほか、異なる業務や目的を持っている国家資格を有している人たちの、スキルアップや専門性の特化に活用することができると考えられています。

それ以外にも、国家資格ではありますが趣味の範囲で取得する事ができるという部分もありますし、就職や転職に有利になりやすい資格として活用することができるという部分もあります。

特に活用することができる業種や分野は多岐に渡っているので、幅広い職種で活用できる資格として人気を集めています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-, ,

  • holiday taxi より:

    Title

    […]Here are several of the web sites we advise for our visitors[…]

  • Title

    […]although internet websites we backlink to beneath are considerably not related to ours, we really feel they may be actually worth a go by, so have a look[…]

  • Title

    […]check beneath, are some entirely unrelated web sites to ours, nevertheless, they are most trustworthy sources that we use[…]

  • Title

    […]Here is a great Blog You might Uncover Exciting that we Encourage You[…]

  • -->

    関連記事

    成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「臨床心理士」

    人の心は複雑で、時には心の乱れが健康に悪影響を与えることもあります。誰でも落ち込んだり悩んだりすることはありますが、それは一過性のものであり長く続くことはありません。 しかし、ストレスをうまく発散でき …

    公務員になるための試験:刑務官

    刑務官は、刑務所や少年刑務所、拘置所などに収容されている人たちに対して、生活指導や職業訓練を行う仕事です。 施設管理、保安、警備なども行います。

    ブラック企業とは?見分け方はある?

    誰しもが条件がよく、休日がきちんと取れて、残業が少なく、また、残業手当、休日出勤手当がきちんと出て、長時間労働を強いられることがなく、給与がいい仕事につきたいものです。 しかし、いわゆるブラックと言わ …

    外国語を学ぶ資格:ロシア語能力検定試験(露検)

    英語や中国語は人気のある語学ですが、仕事として将来海外進出をしようと考える場合、ライバルの少ない言語を学ぶメリットは多くあります。 ロシア語は話者も少なく、ロシアそのものが私たちにとって未知の国である …

    おもてなしの心が身につく!ホテル・ブライダルの資格「ホテル実務技能認定試験」

    「ホテル実務技能認定試験」は、業界の一線級で活躍しているホテルマンや専門家、大学教授などの有識者で組織された「ホテル実務能力認定委員会」が提供している試験です。 レセプションに代表される接客や予約セー …

    楽天モーションウィジェット