仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「中小企業診断士」

日本の社会の特徴として、中小企業が数多く存在することが挙げられます。テレビや新聞などのメディアでは、認知度の高い企業ばかり見聞きしますが、日本の企業のおよそ99%は中小企業で成り立っているのが現状です。

したがって、戦後から現在までにおいて、日本の経済が成長し続けてこられたのは、数多くの中小企業が成長し続けてきたということがいえます。

スポンサーリンク

経営のプロを目指す!

中小企業診断士は、経営に関する資格の中で最も権威のある資格

そんな中小企業を、経営面からサポートする資格として、中小企業診断士があります。

企業を取り巻く資格としては、ほかにも公認会計士や税理士、社会保険労務士や弁理士などもありますが、「経営」や「コンサルティング」に関する資格として、最も権威のあるものは、中小企業診断士といえます。

中小企業の成長は、現在だけでなく、今後の社会の成長にも直結するものなので、中小企業診断士の需要や、重要性はますます高まっていくことが予想されています。

また、経営やコンサルティングなどに関する、深くて専門的な勉強をすること以外にも、ビジネスマンとしては、必ず知っておかなければならない経理や法務などの勉強も行うことになるので、教養を深めるという意味でも、中小企業診断士の勉強は、大いに役に立つことでしょう。

中小企業診断士は、プロの立場から中小企業へ様々なアドバイスを行う職務なので、それが当該中小企業の今後の経営を大きく左右することに繋がります。したがって、中途半端なアドバイスは許されず、故に深い知識と経験を有していることが求められます。

そのためには、まず中小企業診断士の資格の内容や勉強方法など、基礎的なことから知っておくことが大切です。

中小企業診断士の資格試験の簡単な概要

中小企業診断士は、多岐選択型(いわゆるマークシート方式)である一次試験と、様々な事例に基づく筆記試験と、口述試験(いわゆる面接式)である二次試験が実施され、一次試験に合格しないと二次試験は受けられません。

一次試験は科目合格制があり、後述する勉強方法にも大きく影響するので、必ず押さえておかなければなりません。

一次試験は、全部で7科目を2日間にわたって試験が行われます。全て一回で合格する必要はなく、科目合格を満たす得点率をクリアすれば、その科目は向こう3年間にわたって免除されます。

一次試験をクリアすると、その後の二次試験に進み、それにも合格すると、晴れて中小企業診断士の資格を取得することになります。

ただ、この時点ではあくまで資格なので、その後実務に就いて、2年間の経験を積むなどの条件を満たすことにより、正式に中小企業診断士として登録されることになります。

中小企業診断士の肩書きを有していれば、取引先やコンサルティング対象となる企業などからの信頼性が高くなり、ビジネスを円滑に進めることが可能になります。

特に、経営コンサルティングを実施する際には、その道のプロである中小企業診断士の資格は非常に役に立ち、信頼性を築きやすくなります。もちろん、資格を取得した後や、正式に登録した後でも、常に勉強して経験を積むことは忘れてはなりません。

中小企業診断士の資格には期限がないので、一度取得すれば、一生自分の武器やスキルになります。決して簡単ではありませんが、ビジネスマンとして必須の内容ばかりなので、ぜひトライしてみましょう。

具体的な勉強方法や、短期合格のコツなど

中小企業診断士の資格は、経営のアドバイスやコンサルティングなどのプロなので、当然誰でも簡単に取得できるわけではありません。

実際、試験科目が7科目もあり、しかもそれぞれが深くて専門的な内容ばかりなので、特に短期合格を目指す場合には工夫が必要となります。

そこで、前述した科目合格制を有効に使うことが基本です。もちろん、一回で全て合格する気持ちをもって勉強することが前提ですが、現実的に考えれば科目合格制を利用した方が、確実に合格する可能性が高くなります。

そのため、まずは各試験科目の概要を知り、勉強していく中で得意科目を見つけることによって、たとえば一年目は最低でもこの科目は科目合格を取得する、などの計画を立てるようにしましょう。

勉強方法としては、基本的に専門学校に通うか、通信教育によって行います。独学でも合格できなくはないですが、試験科目の中には毎年のように改正されるものや、試験独自の解答方法などがあるので、独学では対応しきれないことがほとんどです。

したがって、短期合格や確実な合格を目指すのであれば、専門学校や通信教育を利用することで、結果的に時間や費用を節約できることが多いでしょう。

合格までの期間としては、早くて2年、長くて5年くらいを目安に見ておくと良いでしょう。また、合格率は一次試験、二次試験ともに20%前後であり、トータルでは5%程度と非常に難関ですが、受かる人とそうでない人には決定的な差があるものなので、合格した人にコツを聞くなどすると、より合格に近づくことができます。

中小企業診断士の試験内容は、簿記や経営技術、経済学や法務などビジネスに欠かせないものばかりなので、仮に合格目的ではなくても、勉強して損はないので、ぜひ興味をもって勉強してみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「日本語教師」

世界各国で働くことができるグローバルな仕事で挙げられるのが、日本語教師です。 日本語教師は年齢や学歴問わず、未経験者でも就くことのできる仕事です。

動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「ハンドラー」

主にドッグショーなどでハンドリングを行うのが、ハンドラーです。ハンドリングは、ドッグショーなどの会場で入賞を目指し、犬の特徴を引き出して好成績を出せるように、犬を引き回すことです。 犬の所有者が引く場 …

秘書の仕事に就きたい人におすすめの資格

秘書といっても、単に社長の近くにいる人が秘書ではなく、多くのタイプが存在します。 それによって、ぜひとも取っておくべきおすすめの資格というものは、変化するものです。 その中でも、この資格だけは押さえて …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船内荷役作業主任者

船と聞くと人を乗せて運ぶものと言うイメージが強いですが、同時に数多くの貨物も運搬しています。 効率よく貨物を積み下ろしして運搬するために重要な役割を果たすのが、船内荷役作業主任者という仕事です。 どの …

「会計ソフト実務能力試験」に代わる資格とは

次々に、新しい資格が生まれる現代では、残念ながら廃止になってしまう資格もあります。 その一つが、会計ソフト実務能力試験です。

楽天モーションウィジェット