好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「カラーコーディネーター検定試験」

色には、その人の魅力を引き出したり、印象を変えたり、物や空間を変化させる不思議な力があります。例えば、青を見ていると心が落ち着いてきますし、ファッションに取り入れると誠実そうに見せることができます。

逆に赤を使うとエネルギーが湧いてきたり、服に取り入れると行動的な印象になるなど、それぞれの色にはイメージさせることが異なるのが感じられるはずです。

そして、そこ色の組み合わせを論理的に理解しておけば、その時に最適なカラーコーディネートができるようになります。色の魅力を知って、それを言葉で伝えられるようになるのがカラーコーディネーターです。

スポンサーリンク

服が好きな人ならカラーコーディネーター

アパレル業界をはじめとして、食品や広告、美容など様々な分野で活かせる資格です。カラーコーディネーター検定試験という資格試験もあり、3級と2級、1級の3つのレベルに分けられています。

例年、6月と12月の年2回実施されている試験で、受験資格は特にないので誰でも挑戦することができます。 試験はマークシート方式で、100点満点形式で70点以上取れば合格できます。

商品開発や工業分野に強い資格で、スタイリストやファッションの販売や接客をしている人たちなら、取っておくとキャリアアップにつながるでしょう。

カラーコーディネーター検定試験の勉強をして知識を身につけておけば、たくさんの微妙な色の違いを見分けて、効果的なコーディネートができるようになります。仕事で知識や技術を使いたいという人はもちろん、普段のファッションのコーディネートに迷いがある人にも最適です。

日常生活に役立つ資格を、一つでも持っておくと自信につながります。

カラーコーディネーター検定試験の内容とは

カラーコーディネーター検定試験は、3級から1級までありますが、1級はかなり専門的な内容なので、基本を覚えて生活や仕事に活かしたいというのであれば2級まででもいいでしょう。

3級は、色の性質や心理など、色についての基本事項が出題されます。2級はさらに専門的になって、カラーコーディネートについて問われます。カラーコーディネーションについて幅広い知識が問われますが、3級も2級もどちらも公式テキストに該当する知識と、それを使った応用力が問われるので、テキストをしっかりやっておけば対策は可能です。

1級は、1級公式テキストに該当する知識が出題されますが、2級と3級とは違いマークシートテストだけではなく、論述問題も出題されます。内容はファッション色彩、商品色彩、環境色彩など高度なレベルが求められます。

分野ごとに分けられていて専門性が高いので、力を入れて勉強しないと合格は難しいでしょう。

カラーコーディネーター検定試験と似た検定試験には、色彩検定もありますが、こちらは主にファッション系の人から人気があります。カラーコーディネーターは、ファッションだけではなく工業分野にも使うことができるので、工業系にも興味がある人は、カラーコーディネーターの方が適しているでしょう。

3級に合格すると、アシスタントカラーコーディネーター、2級と1級の合格者には、各級のカラーコーディネーターの称号が与えられます。試験を受ける際には年齢制限がありませんし、学歴不問で実務経験も不要です。

ファッションカラーに興味あって、これからその分野で働きたい10代の人も、チャレンジしてみてもいいでしょう。

自分のカラー選びで迷っている人にも

最近では、自分に似合う色ということで、パーソナルカラーも注目されています。自分の髪の毛や肌や目の色から診断して、自分にどんな色が似合うかを割り出していくことができます。

パーソナルカラーも理解して、カラーコーディネーターの知識も組み合わせれば、その日の自分にぴったりの服がすぐに選ぶことが可能です。いつも、コーディネートに時間がかかってしまうという悩みを持っている人も、資格を取得してみると、色について論理的にわかるようになります。

なんとなく色の組み合わせが野暮ったい、垢抜けないという人は、カラーコーディネートを一から学んでみることで、新しい自分を再発見できる可能性があります。

ファッションに自信が持てない人も、色の組み合わせの知識を身につければ、根拠のある似合うファッションを手に入れることができるでしょう。

カラーコーディネーターの仕事が向いているのは、色が好きなことはもちろん、人が好きな人です。洋服のコーディネートやメイクなどは、相手の気持ちを察しながら選ぶ必要があります。色を扱いながら人の心を動かしていくことが、仕事の醍醐味なので、相手の気持ちを汲み取って共有できる力が求められます。

まずはコミュニケーションをして、そこから色彩の知識を使って、論理的に説明して納得してもらうことが大切です。また、手芸関係に興味がある人の中にも、カラーコーディネーターの資格を目指す人が多いです。

色の知識を身につけておくと、いろんなものづくりに役立てることができます。

ファッションのカラーコーディネートでアドバイスしたり、自分の趣味の資格として活かせる便利な資格です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 公的資格
-,

関連記事

仕事に役立つ英語の資格:日商ビジネス英語検定

日商ビジネス英語検定は、海外取引を行う企業などビジネスで使える英語力を証明することができます。 海外取引に関する実務的な内容などの理解度が問われる資格です。

医療系の資格:診療放射線技師になるには

もっとも身近な放射線はX線でしょう。 病院での検査や健康診断などで、レントゲンを受けたことのある人は多いはずです。 放射線を使用した検査や治療を行えるのが、診療放射線技師です。

旅行事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

旅行事務と言っても、職場によって要求される能力は変わってきます。 カウンター業務が主体の場合もあれば、経理などのスキルが採用条件となる場合も見られます。 絶対必要という資格は無いですが、採用試験で優位 …

ファイナンシャルプランナーはどんな仕事?資格の難易度と合格率は?

これから何かの資格を取得したいのであれば、役に立つ資格がいいですね。 就職にも役立つだけではなく、自分の生活にも役立つ資格を選んで学んでいくといいでしょう。 自分の生活にも役立つ資格といえば、ファイナ …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)

パイロットは旅客や貨物の輸送、遊覧、写真撮影などのために航空機を操縦して、目的地まで正確に運搬する仕事をしています。 航空会社や航空測量業、報道、遊覧サービス業などで仕事に従事しています。

楽天モーションウィジェット