会社にとって欠かせない存在!経理の資格「コンピュータ会計能力検定」

会社において、会計処理は非常に重要なものです。会計に手間取っていると、本業に時間を十分に割り当てることが難しくなります。

売り上げがどれだけ多かったとしても、会計を適切に行えていないと、後で問題になってしまいます。

会計は、会社の経営状態を把握して伝えるためのシステムといえます。

スポンサーリンク

経理は会社の要!スキルアップにつながる資格

会社にとってコンピュータ会計は非常に重要!

流動的な会社の情報を、正しく把握するために会計は欠かせないのです。現代と昔とでは、会計の手段は異なります。時代とともに進化してきた背景があり、会社はそれに対応していく必要がありました。

これからも、そのパターンは変わらないと考えられています。会社の経済状況に関するデータを蓄積して、処理することによって、正しい情報を作り出すのです。

そのために、会計に関する専門知識を身に付けることは、非常に重要といえます。

個人事業主の場合は、自分で会計も行う必要があります。しかし、会社であれば、会計を行う部署を設けているのが一般的です。

営業部門や技術部門など、いろいろな部署のデータを統括して、整理を行います。資材の購入の費用や、顧客の接待の費用など、会社では多くの出費があるのが一般的です。また従業員に支払う給料や通勤手当など、さまざまな種類の諸経費があります。

売上に関しても、同様のことがいえます。物品やサービスの販売によって得た収入や、自動販売機の設置によって得た収入など、会社によって収入の種類は異なります。

このような出費や収入を、すべて正確に把握しなければ、適切な会計を行えません。それを可能にする、経理のスキルを有している証明として、コンピュータ会計能力検定は役に立つのです。

資格の概要!コンピュータ会計能力検定とは?

コンピュータ会計能力検定とは、具体的にどのような資格なのでしょうか。一口にコンピュータ会計といっても、処理の種類はさまざまです。この検定試験では、特別な処理を題材に選んでいるわけではありません。

会社で日常的に行っている作業に焦点を当てているのが、大きな特徴です。そのため、非常に実用性の高い資格といえます。

それは、細かく級が分かれていることからも、窺い知れます。最もやさしい初級では、会計ソフトの操作について、基本的な内容が問われます。仕訳の方法や、帳簿の作成などの知識が問われると考えると良いでしょう。

3級に合格するには、財務諸表に関する知識なども必要になります。代金の回収の状態を点検できるなど、初級より専門性が増しています。

2級で求められる知識は、さらに高度です。たとえば法人税について把握しておく必要がありますし、消費税にも精通していることが大切です。

さらに1級を受ける場合は、非常に高度で幅広い知識が求められます。会社の資金管理について、理解しているレベルを想定しているからです。企業活動におけるキャッシュフローを分析して、計算書を作成できる人であれば、合格の可能性があります。

初級などでは、入力処理に重点が置かれているのに対して、1級の内容は、会社の意思決定にまで関わるものです。

検定試験では筆記試験だけでなく、コンピュータの操作も行わなければなりません。

コンピュータ会計能力検定試験は、年に2度行われています。どの級においても、7割以上の点数を取得することが、合格ラインになっています。受験するための資格は、特に定められていません。

就職で有利になる!適切な受験対策が必要

コンピュータ会計能力検定を受けて、資格を取得すると就職で有利になることが多いです。コンピュータ会計や、経理の専門知識を有する人物は、会社にとって魅力的だからです。

難易度はそれほど高くないと言われていますが、それは適切な対策を行うことを前提とした場合です。対策として最も大切なのは、実際に会計ソフトを使用して、経理の練習をすることです。

コンピュータ会計能力検定の試験では、実際に会計ソフトを使用する必要があります。使用した経験がないと、合格するのは難しいといえます。経験の量が、合否に大きく関わると考えておきましょう。

しかし、就職前の人がそのような会計ソフトに触れるのは、簡単なことではありません。そのため一般的には、経理の専門学校などで学習することになります。受験対策のコースをしっかり受講すれば、会計ソフトの経験を十分積むことが可能です。

経理の専門学校に所属しなくても、会計ソフトに触れる手段があります。たとえばパソコン教室でも経験を積めるケースもあるでしょう。申し込む前に、確認する必要がありますが、会計ソフトを取り扱っているところもあります。

1級などを目指す場合は、物足りないかもしれませんが、初級などであれば合格のチャンスはあるでしょう。

就職活動に備えて、とりあえず初級を取得したいと考えているなら、検討してみる価値はあります。

しかし就職で有利に立ち回りたいなら、2級以上を取得するのが望ましいといえます。2級以上を目指すなら、就職活動の直前に対策を始めても間に合わない可能性が高いです。

もっと前から、計画的に学習を進める必要があるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

学生の時にとっておきたい資格:DELF(フランス語学力資格試験)

DELF(デルフ・フランス語学力資格試験)という資格の名称自体を聞いたことがない、という方も多いかと思います。 これはフランス国民教育省が唯一認定している公式フランス語資格の一種です。

宅地建物取引士はどんな仕事?資格の難易度と合格率は?

宅地建物取引士(通称、宅建)は毎年約20万人が受ける人気の国家資格です。 そんなに人気で多くの人が受けるなら合格しにくいのでは?と思うかもしれません。 今回は宅地建物取引士の資格の難易度や合格率につい …

営業事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

営業事務の仕事には、明確に「これを取っておけば大丈夫!」という資格はありません。 ただし、業務の中で必要な知識に関して、資格試験を通じて勉強しておいた方が良いという事は多々ありますので、順に紹介してい …

自転車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自転車技士

私たちの身近な移動手段として欠かすことのできない自転車ですが、自転車を扱う上でも専門の資格が存在することをご存知でしょうか。 取得しておくと自転車店やメーカーなどにも採用されやすくなるので、自転車好き …

主婦にオススメの資格「保育士」

保育士とは、日本の国家資格の1つで、小学校に入学する前の0歳から6歳までの幼児の保育を、保護者に代わって担う人のことをいいます。 保育士資格は一度取得すると、更新する必要がありません。 そのため、資格 …

楽天モーションウィジェット