専門職には欠かせない!技術系の資格「電気工事士」

いろいろ世の中には資格試験がありますが、試験内容が簡単なものから、難しいものまで数多くありますし、また仮に試験に合格したとしても、それで生活していけるのかどうかわからないものも多くありますよね。

ところが、今でもそうですが、将来的にもますます活躍の場が広がっていく資格としてあげられるものの一つとして、電気工事士があります。

スポンサーリンク

これからますます活躍の場が広がる資格

一般的な家屋の建築現場での電気配線を行ったり、または工業施設などで電気関係の作業をしたりなど、その仕事の幅は実に広く様々です。また、特殊な技術を必要とはしませんので、この資格さえ取ってしまえば、現場で覚えていく作業が多く、経験がものをいう仕事だといえるでしょう。

さらに、一つ一つの仕事を丁寧に行っていくことで、電気工事の経験を積んでいくことができますし、また自分の技術にも自信を持つことができます。

一般的な資格試験の中でも、比較的この電気工事士の試験は受かりやすく、仕事のスタートはし易いです。そこから、自分がこの電気工事士という仕事をどう生かしていくかも、その人のやる気次第ということになります。

電気が好きでこういった仕事につきたいと思っている方はもちろん、転職して、いままでやったことのない電気の仕事に就いてみたい、電気の仕事に興味を持っているという人は、挑戦してみるといいと思います。

やりがいがあり、充実した仕事をする事が出来るのも、この仕事の特徴ではないでしょうか。

専門職だから、難しいに決まっているなんて思う人がいますが、そんなことはありません。電気工事士は、仕事についてからいろいろ覚えていくことで、技術が身につくと思ってもらうと良いでしょう。

具体的な専門職としての仕事について

電気工事士の仕事として、いろいろな内容があると思いますが、それらについて大まかに2つに分類できると思います。この2つから、細かく分かれていくからです。

まず、一般的な家庭の建築現場においての電気工事士の仕事が、その一つです。

家屋の設計をしている段階で、どの辺に電気配線を行うのかということを、工事現場の方やまたは設計者の方と相談しながら、配置を決定していきます。

例えば、コンセントの位置や天井から照明灯などをつける位置、一般的な配置から特別なところへ配置しなければいけないなど、そこに配線をしていく作業や電気の配線を処理をしていくのが、主な仕事ということになります。

一般的な家庭家屋では、分電盤と呼ばれるところからそれぞれの場所へと配線作業を行っていきますが、そこでの作業がまさしく電気工事士の仕事ということになります。

建築している途中で、電気工事士の仕事はとても大きな役割を果たすのですが、それは家屋を建ててしまってからでは電気配線をすることができないからです。

もちろんそれだけではありません。例えば、きちんと電気が流れていなかったりなどした時に、どこに漏電をしているかや、どこで断線をしているのか、ショートしているのかどこか、カミナリなど特殊な事が原因で電気系統がだめになったのかなど、原因を特定して修理や補修工事なども電気工事士が行うこともあります。

これが、この現場での電気工事の専門的な仕事内容といえます。難しそうに聞こえますが、これも一つ一つ経験を積み重ねることによって、身につけていきますので、やりがいのある仕事だといえるのです。

工業施設での仕事もこの電気工事士の仕事

一般的な家庭家屋の建築現場だけではなく、工業施設などに行き、電気作業を行うのも、まさしく専門的な電気工事士の仕事といえます。

例えば、制御盤や操作盤などといった電装ボックスに、外部機器からの配線作業したりなどするのも、電気工事士の主な仕事だといえます。工業施設では、一般的な家庭とは異なり電圧が違ったり、容量の多い電流などが流れているわけですから、まさしく専門職である電気工事士の仕事だといえます。

こういった作業は難しく感じるかもしれませんが、これも経験がものをいいますので、電気工事士の仕事に長い間就いておられる方に、しっかりとした指導を受ければ、どんどんと自信をつけて仕事をこなしてことができるでしょう。

また、電線の種類や専用工具の種類、または機器の取り扱いなど覚えなければならないこといっぱいありますが、大きな機械を動かすために電気配線の作業をし、それらに電気が通ってスムーズに動いていく姿を見た時は、本当に電気工事士の仕事をやっていてよかったと思う瞬間ではないでしょうか。

コンピューター管理が多くなってきている昨今、設備を新しくしたいと考えている会社が多いので、それらを設置するなど現場での作業にますます忙しくなるのがこの業種だと考えます。

機械が小型化され専門的な技術力が要求されるとはいっても、やはり電気工事士の仕事の根本的な部分は変わりませんので、活躍の場はこれからもますます広がっていくことでしょう。

以上のように、電気工事士の仕事は、現場で活躍する場がどんどんと広がっていく、すてきな資格になっていくことは間違いありません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

住宅建築・販売に携わる資格「商業施設士」

商業施設士は、デパートやショッピングモールなどの商業施設全体のプランニングやコンサルティング、設計や施工、管理を行うスペシャリストです。 安全で快適な商業空間を設計して、お店づくりや街づくりに貢献でき …

将来的に独立ができる国家資格:公認会計士

一時期は就職氷河期と呼ばれるほど公認会計士の就職状況が悪かったのですが、業務の幅の拡大や財務会計など専門知識の重要性などから、現在では人手不足に変わって売り手市場になっています。 そのため、公認会計士 …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「カラーコーディネーター検定試験」

色には、その人の魅力を引き出したり、印象を変えたり、物や空間を変化させる不思議な力があります。例えば、青を見ていると心が落ち着いてきますし、ファッションに取り入れると誠実そうに見せることができます。 …

主婦にオススメの資格「整理収納アドバイザー」

整理収納アドバイザーとは、なぜ部屋が片付かないのか、その原因や問題点を見つけ出して、根本から問題を解決する、片付けや整理収納のプロフェッショナルと言えます。 比較的簡単に取得することができる資格であり …

年齢・性別関係なし!転職に使えるファイナンシャルプランナー資格

日本は高齢化社会となったこともあり、働き手である若い世代を中心に、雇用や社会保障についての不安が日に日に増しています。 そんな中、様々な資格や検定などを通じてスキルアップを図り、自分のキャリア形成をし …

楽天モーションウィジェット