主婦にオススメの資格「栄養士」

主婦にオススメの資格として、栄養士があります。
簡単というと語弊がありますが、主婦は毎日食べることと向きあいます。

食べ物の栄養のことを学ぶことは、主婦にとっても有益な情報でありますし、その資格を活かして働くこともできます。

スポンサーリンク

主婦におススメの資格!栄養士

取得には時間がかかるが、一生モノの資格

しかし、数ヶ月間の短期間学習では取得ができません。
まず栄養士になるためには、最低でも2年間はスクールで学ぶ必要がありますし、夜間学校もありませんので、主婦にとって簡単とは言いきれない部分はあります。

平日の日中に時間を自由に使える主婦であれば、日中は学校へ行き、栄養士の資格取得を目指して学ぶことはできます。
栄養士の資格を取得するためには、栄養科のある大学や短期大学、それに専門学校で用意をしている、栄養士養成課程を修了する必要がります。

試験を想像している人もあるでしょうが、基本的に試験は特にはないので、卒業をするのと同時に、都道府県知事より免許証が交付されることになります。

通信教育でのスクールを希望する人があったとしても、基本的に通信制のスクールはありません。
夜間学校も通信教育もないために、学ぶことのできるチャンスは、昼間の学校にしっかりと年数をかけて通うことです。

ただこの資格は無試験というのが大きな特徴であり、無試験だからこそ、言い方を変えれば取得は簡単と言う面はあります。
家族の理解があること、費用面で十分にやっていけること、様々な要素をクリアしている家庭の主婦であれば、栄養士の資格の取得を目指すのは、人生の中での宝の一つになります。

管理栄養士養成課程と栄養士養成課程、この両方が用意をされているのは、4年制大学になります。
管理栄養士の場合は無試験ではなく、国家試験を受験することが必要となり、試験に合格して資格の取得をすることができます。

主婦は家庭を守ることも大事な仕事ではありますが、自分にスキルを付けることで自分に自信をつけることができます。
自分に強みがあることで、もっとイキイキと生きていくことができますが、将来的な就職なども視野に入れて考えてみることです。

専門科目を学ぶときには、密度の濃い状態で学び、知識と技術力を身につけていくことです。
スクール選びについては、本人の考え方や方向性、費用のことや家族のこと、それに学校を卒業してからの就職へのサポート体制まで、よく調べておくことです。

家庭の主婦として、我が家の城を守るもの楽しいものですが、栄養のことを深く学び、知識もつけて資格まで取得をすれば、女性としても、もっと自信を持って歩むことができます。

栄養士に必要なこと

栄養士には何を求められているか、この部分とも向かい合いましょう。
人間は食べることで生命維持をしていますし、多くの日本人は食べることが大好きです。

だから食べること、食事や栄養に関心が高い人には向いています。

世の中には様々な食材が存在をしており、その食材と栄養に好奇心を持つこと、これはとても重要なことです。

プロになるためには偏った人向けだけではなく、かなり広い年齢層の人間に、食事内容という栄養管理を提供することが求められます。

小さな子供の栄養から、高齢者の食事の栄養を考えることも合います。健やかな人の食事や、病気を患う人など、世の中には様々な人間がいて、その人にあった食事を提案する必要があります。

食べることへの関心の高さが必要であるのとともに、人間の生命維持に必要な、健康への関心も高く持つことが求められます。

現代日本は高齢化社会を迎えており、日本の寿命は延びてはいるものの、それは健康寿命が延びているとは言い切れません。

将来的な健康寿命を大きく左右するのは、ほかでもない毎日の食事につきます。
健康食品でもなく、病院のお薬でもなく、何よりも自分が食べたものが全てであり、将来の健康は今何を食べているかで、未来の健康は大きく左右をされます。

最後に

日本は食べることには困らない国であり、コンビニも飲食店も24時間でオープンしていて、直ぐに安価でお腹いっぱいになる食べ物が手に入ります。

しかし加工食品やコンビニフード、お惣菜にファーストフード、それに砂糖や粗悪な油満載の食べ物では、本当の健康を手にすることはできません。

何を食べているかでその人の健康も精神面も変わりますし、人生も変えてしまうほどの大きな影響があるのが食事です。

栄養学は専門的な分野であり、専門知識はどんどん進化をするために、資格取得後も学びを続けていく必要はあります。

学校で学び、資格取得をしたあとも、栄養の専門知識を更新させて学習をしていくことです。

大量の料理の調理をする機会も出てくるために、体力をキープすることも求められます。
意外かもしれませんが専門職の栄養士という資格は、サービス精神もあることが必要になります。

人とも接する仕事ですので、人が好きでサービス精神がある人は、是非栄養士の資格を取得してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「ハンドラー」

主にドッグショーなどでハンドリングを行うのが、ハンドラーです。ハンドリングは、ドッグショーなどの会場で入賞を目指し、犬の特徴を引き出して好成績を出せるように、犬を引き回すことです。 犬の所有者が引く場 …

公務員になるための試験:国家公務員採用一般職試験(旧防衛省職員Ⅲ種)

かつては、防衛庁と呼んでいた時代があり、この時代は国家公務員試験は、キャリアである1種と、大卒程度が受験する2種、さらに高校卒業予定者や短大、専門学校卒業予定者が受験をする3種とが存在したものです。 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:機関当直3級海技士(機関)

海技資格には船舶の部位によって、いろいろな資格があります。 主だったものでは船長・航海士に必要な海技士(航海)と、機関長・機関士に必要な海技士(機関)とがあります。 それぞれ1~6級のランクに分かれて …

専門職には欠かせない!技術系の資格「電気工事士」

いろいろ世の中には資格試験がありますが、試験内容が簡単なものから、難しいものまで数多くありますし、また仮に試験に合格したとしても、それで生活していけるのかどうかわからないものも多くありますよね。 とこ …

人事事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

会社に必要不可欠な「人材」。 その募集・選考・採用までの流れを一貫して担うのが、人事です。人事部の方針や根本的な考え、基盤がしっかりと固まっていなければ、会社の存続にも関わります。 その為、人事は非常 …

楽天モーションウィジェット