好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「ファッションアドバイザー」

ファッションアドバイザーが扱うのは、子供服、紳士服、婦人服まで幅広いです。ファッション商品をコーディネートして販売するのが仕事で、お客様の趣味嗜好に合わせたファッションを提案します。

ファッションは、商品だけではなく組み合わせも重要なので、コーディネートも含めてトータルでアドバイスしていきます。

スポンサーリンク

服で人を喜ばせたい人にファッションアドバイザー

お客様のニーズに応えて、オリジナルのコーディネートを提案する他には、商品の仕入れ、ディスプレイ作り、商品の陳列なども仕事です。昔であれば、服はお店に並べておくだけで売れましたが、今ではファッションの多様化が進んでいるので、並べておくだけでは売れません。

高級な衣服店が潰れていく傾向にあるのも、安くて使い勝手が良い服のコーディネートを、楽しむスタイルを選ぶ人が増えてきたからです。あえて高い服を着て飾らなくても、自分の身の丈にあった服を着れば、個性を発揮することができます。

そのため、お客様のニーズに応えられるお店の方が、流行っています。何が変わっているかというと、ファッションの価値観です。今までは高いものがいいもので、それを身にまとっていれば、ファッションセンスの良い人になれましたが、今ではそれだけでは不十分になっています。

動きやすい服装やイベントに適した服装など、それぞれ求められることは違います。その一つひとつに合ったファッションの提案をして、アパレル業界を盛り上げていくのが、ファッションアドバイザーです。

今流行りの商品を、その人にいかに似合うように提案できるかという提案力も、ファッションアドバイザーに求められる力です。

なるために役立つ資格には何があるか

ファッションアドバイザーになるためには、特別な資格や免許も不要ですし、年齢も問われないので誰でも挑戦できます。役立つ資格としては、日本商工会議所が扱っている、販売士の資格を取得しておくと、仕事の範囲を広げることができます。

高校を卒業してから、いきなりアパレルショップで働くこともできますが、高卒レベルだと正社員として採用されるのは難しいことが多いです。なので、正社員として働きたいのであれば、専門学校や大学、短大などで知識や技術を学んでから、販売士などの関連資格を取得してから、ショップに就職したほうがいいでしょう。

販売士以外には、一般社団法人の日本ファッション教育振興協会主催の、ファッション販売能力検定を受けてみてもいいかもしれません。3級を取得すると、販売スタッフとして働く上で必要な、知識や技術を身につけることができます。

販売やマーケティング、販売技術や商品知識、店舗の演出などについて学ぶことが可能です。ファッションアドバイザーになるために、絶対に必要な資格はありませんが、販売能力やコーディネート能力、商品を扱うビジネス能力などを身につけられる資格を取得しておくと安心です。

色彩についてもトータルで学べるようにしておくと、お客様に提案するときに役立つでしょう。

接客業をメインにしたいのであれば、サービス接遇検定も役立ちます。ファッションアドバイザーは、お客様の購入意欲を高めるのが仕事ですから、商品の特性や素材、色やデザインなどの流行を理解しておくことが求められます。

常に新しいことを追い求めている人に、最適な仕事です。

アパレル情報大好きな人に最適な仕事

普段からアパレル関係の情報をチェックして、自分の着こなしに反映させている人は、ファッションアドバイザーとしての素質があります。ただし、ただ服が好きなだけではなく、人とのコミュニケーションが得意なことも、この仕事では重視されます。

明るさや積極性があると、お客様の購入意欲も湧きやすくなるので、コミュニケーション能力の高い人は有利でしょう。

流行の最先端の服に包まれて仕事をすることができるのが魅力ですが、立ち仕事なので、それなりの体力が必要です。商品を運搬したり出し入れしたり、売り場の間の移動をするなど結構な肉体労働です。

就職先で多いのは、アパレルメーカーの直営店や衣料品販売店、デパート、ブランドショップなどがあります。雇用形態では正社員以外に、契約社員や派遣社員、パートやアルバイトと様々な形態があるのが特徴です。

未経験者でも比較的採用されやすく、高卒で働いている人もいます。ライフスタイルの変化に合わせることができる職業なので、長く同じ仕事を続けたい人にも適しています。

最初から正社員採用ではなくても、職場によっては販売経験が認められることで、正社員に登用される制度を受けられるケースもあり、やりがいを持って働くことができるのがメリットです。

現代はネットで服を購入する人も増えていますが、実物を見ておきたい人や、試着しないとサイズ感がわからない、着こなしの方法がわからないという人が、アパレルショップに訪れることはゼロではありません。

販売がメインの仕事ですが、ブログなどでファッションについての基本をアドバイスするなど、独自の活動をすることも可能です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 学習・勉強
-,

関連記事

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「計算実務能力検定」

会社の業務の中には、複雑な計算を要するものが多いです。特に、経理や財務関係の部門では、専門的な計算のスキルが必要になります。 計算といっても、学校で習うような単純なものではありません。もちろん基本的な …

専門職には欠かせない!技術系の資格「照明技術者技能認定」

照明家というのは、いろいろな照明機材を使用して舞台やテレビイベントなどの演出効果を高めたり、建築物や店舗のライトアップ、イベントなどの照明を行っている専門家です。

認定心理士の資格を取得するには?

心理学関係の学問は幅広い層に人気があります。 本格的に学ぶことができる場所は大学にしかありませんが、教養として学ぶのであれば様々な環境で学ぶことができます。 スポンサーリンク 認定心理士の資格取得方法 …

将来的に独立ができる国家資格「調理師」

国家試験にはいろいろな種類がありますが、それらの資格の中には、持っていなければ仕事をすることができないと言う種類の資格も存在しています。 将来的に、独立開業することができる種類の資格の多くは、そのよう …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(機関)

船舶の運航に関わる仕事と言えば航海士をイメージしがちですが、実際に船を動かす心臓部である機関室を管理する海技士(機関)も非常に重要な役割を担っています。 船舶に関わらず幅広い分野で活躍することもできる …

楽天モーションウィジェット