就活で持っていたい資格「FP(ファイナンシャルプランナー)」のアピールできるポイント

就活では、他の就活生より優れているという事を、わかりやすい形で示していかなくてはなりません。

しかし、学生の場合、仕事に役立つスキルなどを身に付けていることは稀ですし、他の人とそれほど違う点がないという事も多いものです。

そのような状態では、なかなか採用に結びつかないという事も起こります。

スポンサーリンク

資格取得で、就活を優位に進める!

就活前に取っておきたい資格

そこでやっておきたいのが資格取得です。

就活が始まってからでは勉強の時間がとりにくくなり、さらに卒業論文の作成なども入ってくるので、勉強をすることが難しくなってきますから、就活前に資格取得ができるようにしておくことが必要です。

資格取得のための勉強には、ある程度時間がかかります。
そのため、できるだけ早く勉強を始めるべきではありますが、その時点ではまだ企業や業界の研究が十分ではなく、分野が絞り切れていないという方も多いことでしょう。

できるだけ、志望分野に近い資格を取得することが採用に結びつけるポイントではあるのですが、その選ぶこと自体が難しいという事もあるのです。

そのため、できるだけ広い範囲について学び、志望分野を絞り込むための材料にできる資格を選んでいくのがコツといえます。

幅広い分野で活用できる資格

そこで選んでおきたいのがFP(ファイナンシャルプランナー)の資格です。

とにかく学ぶ範囲が幅広いという事が特徴になります。

学生のうちは、社会の仕組みや経済についての知識が十分でないことも多いものです。

そこで、このFP(ファイナンシャルプランナー)の勉強を通して、必要な知識を身に付けていくことで、就職先選びに役立て、また、一定の知識があることを、客観的に示すことができるようにするという意味で、就活に役立てていくこともできるようになります。

もちろん就職自体にも役立てることができるものではあるのですが、こういったことは、自分自身の今後の生活を考えていくうえでも重要な知識になっていきます。

自分自身のライフプランを考えることは、今後の働き方などを考えていくうえで役立つことになりますし、保険をどうするか、相続についてどうするか、資産をどのように運用していくべきかなど、今後生活していくうえで必要になる知識もあります。

こういったすべての要素についてFP(ファイナンシャルプランナー)の勉強で触れていくことになりますから、一生役立つ知識の核を作り上げることができるようになるのです。

今後の人生を考えるうえでも、まずチャレンジしておきたい資格であるということができるでしょう。

大きく活躍できる業界

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格が大きなアピールになる業界としては、金融や保険といったところがまず挙げられます。

こういったところは、顧客のライフプランや保険、金融資産運用についての知識が必須となります。

そのため、入社前からこうした資格を取得していることが、大きなアピールとなるのです。

知識があるという事ももちろん大きなポイントになりますが、そこまで勉強してきたという努力ややる気といったことも示しやすくなり、大きく有利になるということができるでしょう。

こうした分野に進みたいなら、FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強は、必須であるということができるでしょう。

これ以外の分野でも、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格が役立つ分野は多いです。

どういった形であっても、個人に対して営業を行うような業種であれば、学んだ知識を生かしやすく、適切な提案ができるようになるという事で、大きくプラスになります。

幅広く活用できる理由

お客様のためになる仕事ができるようになるためです。

営業マンの名刺に、FP(ファイナンシャルプランナー)について記載されていることも多いです。

資格を持っている人と持っていない人では、持っている人の方が信頼感がアップするでしょう。

こういった効果があるため、持っている人と持っていない人の、どちらを採用するかという選択になった時に、持っている人の方が選ばれやすくなるという事につながっていきます。

今後は、高齢者の数も増えていき、高齢者を対象とした様々なビジネスが出てくるはずです。

そのようなときにも、資産管理や不動産についての知識、また相続に関することなどを知っておくと対応しやすくなります。

もちろん、それぞれの分野に専門家はいますが、入り口としての幅広い知識を持った人がいることは、お客様にも大きなメリットとなるのです。
時間のある学生のうちの方が、こうした勉強はしやすいものです。

最後に

このように、幅広い分野で役立つFP(ファイナンシャルプランナー)の勉強を、早速始めてみましょう。

その中で、自分の得意なことや、やりたいことが見つかれば、より専門的な資格取得へと進めていくことも可能になります。

不動産に興味を持ったら宅建に挑戦してみる、税金関連に興味が出たら簿記や税理士を目指してみるなどといった形です。

何をしていいかわからないけれど、将来の就職を見据えてアピールポイントを作っておきたいという方には、特にFP(ファイナンシャルプランナー)からチャレンジしてみることをおススメします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

一般事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

一般事務は、事務の中でもかなり初歩のお仕事とされています。 では、一般事務とは具体的にどういうもので、一般事務で働くためにはどうしたらいいのでしょうか? また、未経験者でも働けるものなのでしょうか?そ …

環境問題について学ぶ!eco検定とは?

現代は環境やエコといった言葉が会話の中でもよく使われるようになり、人々の地球環境への関心は高まっています。 そのような中で注目されていてる資格がeco検定なのです。

将来的に独立ができる国家資格:弁理士

弁理士とは、特許や実用新案などの知的財産を取り扱う国家資格です。 今狙い目の国家資格の一つです。

医療系の資格:看護師・准看護師になるには

看護師として働くには、看護学校で単位を取得して、看護師試験に合格しなくてはいけません。

美容やファッションに関わる資格:ジュエリーコーディネーター検定

ジュエリーショップに向かうと、とても美しい宝石やアクセサリーが並んでいます。 ファッションに関心の高い女性はもちろんのこと、男性からも注目されている宝飾品ですが、身近に宝飾品についてアドバイスしてくれ …

楽天モーションウィジェット