女性が持っていると役に立つ資格「ファイナンシャルプランナー(FP)」

女性は、様々な要因で生活スタイルが大きく変化することになります。

生活はもちろんのこと、特に仕事との関係で、大きな変化が起こりやすくなります。

男性であれば、学校を卒業して就職して定年まで勤め、第二の人生を歩むといったくらいで、大きな変化がないものですが、女性の場合は、結婚したときに仕事をどうするか、子供が生まれた時にどうするか、子供が手を離れたらどうするか、といったように、様々な状況に対応していく必要が出てきます。

スポンサーリンク

女性におススメの資格「ファイナンシャルプランナー」

ある程度働き続けたい場合は、ブランクができても再就職がしやすいように、資格取得などをして自分にアピールできるポイントを作っておくことが重要になります。

これから社会に出ようとしている方も、一度仕事を辞めて家庭に入った方も、これからを考えて役立つ資格取得をしていきましょう。

特に、あらゆることを学べて役立つのが、ファイナンシャルプランナー(FP)です。

女性におススメの理由

女性の場合、仕事としてお客様に直接接してコミュニケーションをとる仕事に就かれる方が多いでしょう。

特に金融関係や保険関係の仕事では、細やかな気遣いができ、コミュニケーション能力の高い女性が、多く活躍しています。

もちろん人間的な魅力も重要なポイントではありますが、実際に商品のことについてよく知っているかどうか、関連する知識を多く持っているかどうかという事も、働いていくうえで重要なポイントとなっていきます。

もちろん働き始めてから、その会社の商品についてはしっかり勉強をすることになりますが、本当にお客様のためになる提案をするのであれば、それにとどまらず、広い知識が必要となります。

不動産の取引に関する仕事も、不動産の知識や税金のことについて知識があると、お客様の疑問にスムーズにこたえやすくなります。

こういった仕事では、学んだことが直接役立ちます。

もちろんこれ以外の業種でも、お客様の状況を正確につかみ、適した提案をしていく必要がある仕事であれば、直接学んだことを役立てることが可能になります。

一見関係のないような販売の仕事でも、どういった時期に何が起こるのかというライフプランや、資産運用の仕方、介護保険などに関する知識などがあると、それに応じた商品の提案ができます。

学んだ知識は、一生もののスキル

どのような仕事でも、ファイナンシャルプランナー(FP)のための勉強は、役に立っていくことになります。

すでに仕事に就いている方も、自分の仕事のクオリティを高めていくために、勉強してみるのがお勧めです。

仕事に就きたい場合も、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持っていることで有利になる場合もあるでしょう。

もちろん資格を持っていなくても、知識が豊富な方もいるかもしれません。

しかし、それを短時間の面接や履歴書などの限られた書面で表現することは難しいのです。
その点、資格を持っているという事は、履歴書に簡単に記載することができますし、一定のレベルの知識を持っているという事を、簡単に示すことができるので、非常に手軽にアピールにつなげることができます。

女性の再就職は、難しいことも多いので、こうした形でアピールできるポイントをできるだけ増やすことによって、次に進む道を大きく切り開いていくようにしたいものです。

今すぐに仕事に復帰するわけではないとしても、勉強をして準備をしていくことは、今からでも取り組むことができます。

事情があって働くことが難しい状態の方は、ぜひこうしたファイナンシャルプランナー(FP)の勉強を始めてみましょう。

実生活での役立つ知識

もし、仕事をしないとしても、ファイナンシャルプランナー(FP)の勉強は無駄になることがありません。

自分自身の生活に、直接生かすことができるからです。

女性は家庭に入ったら、家庭の経済や資産をやりくりしていく必要が出てきます。
その時に学んだ知識が役立つことになるのです。

貯蓄をどのように運用していけばよいかを考えることもその一つです。
そのためには、金融知識を身に付けていくことが必要です。

また、保険加入をどうするべきか考える必要もあるでしょう。
マイホームを建てるときに、火災保険等はどうするか、ローンはどのように組むか、制限はあるかどうかなど、自分で判断しなくてはならないことがたくさんあります。

健康保険や年金といった知識も身近な物でしょう。
親の相続がかかわってくることも珍しくありません。

このように、ファイナンシャルプランナー(FP)の勉強で触れることは、すべて自分の生活の中での問題とかかわってくることになるのです。

だからこそ、積極的に学んでいくべきなのです。
どうしても、仕事に関するものは専業主婦にいらないものと思ってしまいがちですが、ファイナンシャルプランナー(FP)は、専業主婦だからこそ身に付けておかなければならない知識を問われる資格です。

女性の方が、何か新しいことにチャレンジしたいと思うなら、ぜひファイナンシャルプランナー(FP)から始めてみましょう。

スキマ時間でも十分取得でき、一生役立つ基礎知識が身につきます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「見守り適任者能力検定」

近年高齢社会になっている日本では、多くの高齢者が1人暮らし、もしくは夫婦のみで生活をしていると言うケースが増えていて、そのまま家の中に閉じこもってしまうなど、周囲の人たちと交流が少ない高齢者も、少なく …

趣味で取れる実用的な資格:カラーデザイン検定

カラーデザイン検定は、実務に役立てられる色の戦略家としての知識を身につけることができます。 ビジネスに役立てられて、就職や転職でも有利になります。 すぐに現場で応用できるので、趣味として取っておくと便 …

難易度の高い国家資格とは?

難易度の高い国家資格とは何でしょうか。 ただ取得が難しいというだけなら色々ありそうですが、例えば大学で関連学部を卒業していないと受験できないとか、一定の実務経験がないと駄目である、などの資格はこの際除 …

美容やファッションに関わる資格:カラーコーディネーター検定試験

色は人の生活に密接に関わっています。 その色が与える心理的効果や組み合わせなどを学べる資格が、カラーコーディネーター検定試験です。

外国語を学ぶ資格:スペイン語技能検定(西検)

語学の資格には様々なものがあり、語学力を証明するために多くの人が受験しています。 その中でも、英語に次いで利用度の高い語学試験として挙げられるのが、スペイン語技能検定です。 スペイン語の能力検査や語学 …

楽天モーションウィジェット