心も一緒に育てる!植物に携わる資格「フラワーコーディネーター」

花を育てるのも、見るのも好きという人は、植物関連の資格のフラワーコーディネーターを目指してみると、いいかもしれません。

スポンサーリンク

植物好きならフラワーコーディネーター

花を使って空間を演出する仕事で、特別な学歴や資格は必要はなく、誰でもなることができます。花と触れ合いながら、知識や最適な組み合わせを覚えておき、センスを磨いていけば、自由に活動することができます。

ただし、知識やセンスだけで稼げるようになるのは難しいので、フラワーコーディネートを学べる学校に行くか、フラワーショップや園芸店で働きながら、実践で学ぶ方法を選ぶ人が多いです。

専門学校だと、フラワーデザイン科、園芸デザイン科、フラワーコーディネート科などで、フラワーコーディネートを学ぶことができます。もしくは、ブライダル系の学校では、ブライダルフラワーの専攻があるので、そちらで特別な時の、花のアレンジメントを学ぶという方法もあります。

だいたい2年くらい勉強して、植物についての基礎と、生花を使ったコーディネート、独立してからの活動について学ぶのが一般的です。すでに社会人になってしまったので、専門学校に通うのは難しいという人であれば、カルチャースクールや、通信講座でも学ぶことができます。

ただし、職業として本格的に学びたいのであれば、専門学校ではないと専門的なことは学べない可能性が高いので気をつけましょう。通信講座などで学べるのは、あくまで趣味の範囲内と考えておいたほうがいいです。

カルチャースクールの場合は、講師のレベルも差があるので、どのレベルまで教えてもらえるのかを確認してから、選ぶようにしましょう。

フラワーコーディネーターの資格を取得する方法

フラワーコーディネーターは、資格がなくても働くことはできますが、花に関する知識や技術を持っている証明を持っていたほうが、働くときは有利です。

フラワーコーディネーターとして資格を取得したいのであれば、公益社団法人の日本フラワーデザイナー協会主催の、フラワーデザイナーの資格を取得しておくといいでしょう。

新しい資格ではなく、昭和42年からあり、協会が公認しているスクールで学んだ後に、フラワーデザインに関する学科試験と実技試験に合格すれば取得できます。

3級から1級まであるので、順番に受験してステップアップしていくことができます。もしくは、国家資格では、フラワー装飾技能士という資格もあります。こちらは職業訓練校で学んでから習得することが多いです。

また、フラワーコーディネーターは花だけではなく、花の彩りについての知識やセンスも問われるので、色彩検定を受けておくと役立ちます。最適な色の組み合わせを見つけて、花を組み合わせていくセンスが身につきます。

独立するつもりであれば、接客スキルを磨くために販売士、簿記、ビジネス会計といった資格を取得しておくのも役立つでしょう。専門学校では、独立開業したい人向けの講義も行われるので、そこで独立後のイメージを膨らませることが可能です。

フラワーコーディネーターの仕事は、お客さんがあってこそですから、コミュニケーション能力も重要です。お客さんの予算や要望、好きな花について聞いて、さらに自分からもアドバイスできる力が求められます。

チームで働くこともあるので、お互いを尊重し合う心も大切です。

フラワーコーディネーターはどんな仕事をするのか

結婚式場やレストラン会場を、美しい花を使って空間の演出をするのが、フラワーコーディネーターの仕事です。

講演会、祝賀会、お店の開店記念やお葬式の花輪などを作っているのもフラワーコーディネーターで、花を通して人々に幸せや慰めを伝えたい人に適しています。

クライアントと打ち合わせを行い、どんな雰囲気にするのか決めていきます。花には様々な種類があり、大きさや色合い、予算やさらに花言葉まで思いが詰まっているので、感覚で選ぶことは難しいです。

フラワーコーディネーターとして花について精通していれば、花言葉に含まれた意味まで使ってアレンジメントすることができます。単に綺麗な花を選ぶだけではなく、飾る場所の温度や湿度によって、使うのに適する花は変わるので、それについても打ち合わせを行うことが必要です。

全体のイメージが出来上がったら、花を使って実際の制作に入ります。花びらの状態、蕾の大きさなどをチェックして、長すぎる茎は切ったり、余分な葉を落として全体のバランスを整えていきます。

メインの花とサブの花があるので、それらのバランスの配置を考えながら花束や装飾品を仕上げていくのが、フラワーコーディネーターのセンスの見せ所です。

まったく同じ種類の花を使ったとしても、仕上がりがコーディネーターごとに違います。 花は生ものですから、打ち合わせや制作の間にも花を管理しておくのも仕事の一つです。

放っておくと萎んでしまったり、色が悪くなってしまうこともあるので、細心の注意を払って管理しておきます。

最近では、花の発送や配送などを手がけるケースも増えています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

住宅建築・販売に携わる資格「建築士」

建築士になるには、国家資格を取得する必要があります。 まず国家試験に合格することが必要ですが、学歴と実務経験などの受験資格を満たしていないと、試験が受けられません。

医療事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

日本のみならず、多くの先進国で高齢化が進む昨今において、医療事務への需要は大きく高まっています。 一口に医療といっても、実際に患者さんに携わる業務もあれば、お金に関する手続きを行う業務もあります。 自 …

美容やファッションに関わる資格:クリーニング師試験

数多くの資格がある中で、もっと手に職をつけたいと思う時には、クリーニング師試験を受けるのもお勧めです。

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「色彩検定」

資格や検定試験には、日本だけでも1000種類以上はあります。その中でも、色の資格はいくつかあり、色彩検定やカラーコーディネーター検定などがあります。 このうち、ファッション系の仕事の役に立ちやすいのが …

医療事務検定試験の難易度と合格率は?

スポンサーリンク 医療事務の難易度と合格率 医療事務はそもそも暗記する必要の全くない資格です。 医療行為の内容を点数化してレセプトという表にまとめるというものが試験内容になります。 通信教育などでとる …

楽天モーションウィジェット