食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「フードアナリスト検定」

飲食業界で働いている人に向いているのが、フードアナリスト検定です。レストランの料理や店舗の雰囲気などを、言葉にして評価分析できる力が身につきます。

初心者レベルの4級からプロレベルの1級の資格まであるので、初心者レベルや外食が好きな人など、プロ以外でも挑戦できます。タレントでもフードアナリストの資格を取得している人はいて、人気のある資格です。

スポンサーリンク

多くの著名人も取得している人気の資格

フード業界の人に最適なフードアナリスト検定

食育系の資格としては、日常生活で役立つ頻度が低いですが、食事のマナーや食に関する知識など、幅広く身につけることができます。

フードサービスに特化した資格で、年会費を払う必要があるので、フードサービスで使いたい人向けです。

4級は誰でも受けることができますが、3級は4級を合格しないと受験できません。同様に、2級を受けるには3級合格、1級を受けるには2級合格が必要と、1段級下の検定試験に合格しないと、次の級の受験資格がもらえないことになっています。

最近では、様々なフードサービスが発達してきたため、消費者のニーズを考えて売らないと、競争に勝つのは難しくなっています。レストラン評価や飲食店のサービスの改善、向上のための調査、さらにメーカーとの商品の共同開発など、フードアナリストが活躍できる場所はたくさんあります。

フードアナリストの資格は2005年に誕生した新しい資格で、民間資格です。食やその文化、栄養学、料理の歴史、味覚などを専門的に学んでいきます。

仕事では、実際にレストランに行ってお店の雰囲気や料理、サービスをチェックして総合的に評価します。それをランク付けしてネット配信なども行います。

フードアナリスト検定は段階的に学べる

フードアナリスト検定は、上の級を受けるには1段階下の級に合格している必要があります。一気に1級を受けたい人には面倒に感じるかもしれませんが、段階的に学べるという点では、基礎から見直すには良い機会でしょう。

最高ランクの1級では、味覚のテイスティングの問題が出題されて、かなり難易度が高くなっています。学ぶ方法はいろいろありますが、4級と3級であれば通信講座で取得することが可能です。

わざわざ試験会場まで行かなくても、自宅で添削問題を解いて提出して、合格点に達すればOKなので、忙しい人にも便利です。

もしくは、日本フードアナリスト協会認定の育成講座を受けて、勉強する方法もあります。4級だと一日受講して、その日の修了試験をクリアすれば合格です。

3級以上は、何日か受講し、修了試験を受けて合格してから、後日行われる2次試験に合格する必要があります。育成講座だと、講師が直接教えてくれるので疑問点を解消しながら勉強できるのがメリットです。

もっと本格的勉強したいのであれば、日本フードアナリスト協会認定の、専門学校に通う方法があります。専門学校でカリキュラムを修了すれば、資格が取れます。

4級レベルであれば、問題集やテキストを自分で買って勉強して受験することもできます。しかし、独学でクリアできるのは4級までで、3級は通信講座か育成講座、2級と1級は育成講座を修了しないと、資格が取れないようになっています。

独学で勉強して受験している人は全体の20%だけで、ほとんどの人が専門学校や育成講座で基本を学んでから、フードアナリスト検定にチャレンジしています。

資格取得するとできるようになる仕事

フードアナリストの資格を取得した後は、飲食店のサービスや料理の調査を行えるようになります。食品系企業の商品開発業務や広報、販売プロモーションアドバイザーなどの仕事もできます。

上級資格を持っていれば、講座の講師として講演活動ができますし、飲食店のコンサルタントや開業のプロデュースなど、すでにあるお店から新しくできるお店にも関わることができます。

また、最近ではネットでフード系のコンテンツを配信する機会が増えているので、専門家の立場から雑誌記事を書いたり、ネットのフードブロガーとして記事を配信するなどということもできます。

様々な場面で使えて、他のフード系資格とは違ったユニークさがあるのが特徴です。まだ新しい資格なので、1級ならばライバルが少ないというメリットもあります。

フード系の業界では、社員の研修としてフードアナリスト検定の受験を推奨しているところも増えています。

調理人や栄養士などとは、また違った立場から関わることができるのが、フードアナリストの魅力です。

あまり知られていない資格ではありますが、履歴書に書くことができる民間資格なので、転職や就職でアピール材料にすることもできます。

基本的には仕事で使うことが多いですが、お店の料理の美味しさや雰囲気を、サービスなどを趣味のブログで発信してみたいという人なら、日常的に楽しめる知識として役立つでしょう。

美味しさや雰囲気を言葉に変換するのは、意外と難しいものですが、フードアナリストになれば、的確な言葉で理路整然とそれが説明できるようになります。

興味がある人は、受けてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-,

-->

関連記事

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車検査員

日本では道路運送車両法と呼ばれる法律によって、保安基準をクリアしていない自動車は公道上を走行することができないルールになっています。 この基準の適合性をひとつひとつ確認しているのは自動車検査員と呼ばれ …

ドイツ語を通して学ぶ文化と歴史

ドイツ語は外国語の中でも比較的馴染みやすい言語で、大学の第二外国語として講義を受けたことがある人も多いはずです。 世界的には約1億3千万人の人に話されていて、ヨーロッパでは母国語とする人の割合が最も多 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:内燃機関海技士

機関長や機関士のような機関部船舶職員が船舶に乗り組むために必要な国家資格として、海技士 (機関)があります。 海技士を所管しているのは国土交通省です。 内燃機関海技士は海技士 (機関)のうちの1つで、 …

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車整備士

現在の車は電子制御化が進み、不具合が起こればコンピューター診断機を取り付けて故障個所を探ります。 自動車整備士はこれまでの経験とスキルを生かして、さらに電気の知識を駆使して修理を行い解決していきます。

英語の資格が活かせる仕事:商社

せっかく苦労して英語の資格を取得したのならば、それを活かせる仕事に就きたいと考えるのが自然な流れです。 書面やメールの読み書きから、ネイティブとの英会話まで駆使するのが当たり前の職場としては、自分の力 …

楽天モーションウィジェット