将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「福祉事務管理技能検定」

近年の日本は、世界でも例を見ないほど急速に、少子高齢化が進んでいます。

将来的には、2人の若者で1人の高齢者を支える必要があると言われており、年金制度や社会福祉制度そのものの在り方も、見直されつつあります。

そんな状況の中、現在でも日に日に高齢者の数は増え続けており、病院や老人ホームなどの需要がどんどん高まっているのです。

需要が多くなっている一方で、介護などの仕事に従事する人の数やクオリティは、圧倒的に不足しており、様々な資格や支援制度の拡充が急がれています。

スポンサーリンク

今後ますます活躍の場が広がる可能性も!

福祉事務管理技能検定とはどんな資格?

そんな中で注目を集めているのが、直接的に高齢者の介護やサポートを行う仕事だけでなく、そういった手続きに関する、様々な事務処理や介護保険の請求事務などの仕事です。

高齢者が増加するということは、それに伴う事務処理も必然的に増加するということであり、直接サポートを行う介護士やケアマネージャーなどと同じく、事務処理を行う人の需要も高くなっているのです。

こういった専門的な事務処理に関わる能力のレベルを判断するために活用されているのが、福祉事務管理技能検定という資格試験なのです。

福祉事務管理技能検定では、日本で行われている社会保障制度に関して、基礎的な知識はもちろん、専門的な部分まで全般的に情報を把握して、様々な事務処理に当たれる能力の有無を審査判定します。

高齢者の福祉に欠かせない介護保険制度の理解や、介護報酬請求事務の実務的な能力を有する人材を客観的に判断する材料となり、こういった資格を設定することで、専門知識の高い人材を養成して現場に充実させることを、主な目的としているのです。

福祉事務管理技能検定の内容とは

福祉事務管理技能検定試験を受けることは、基本的に誰でも可能ですが、資格試験の主催者が想定している主な受験対象者は、医療秘書関連学科や福祉関連技能職養成学科に所属している学生となっています。

また、現在病院などの医療機関や老人ホームといった福祉関係の施設で実務を行っている人も対象とされており、積極的に資格を取得することで、高い評価を得られるようになっています。

もちろんこういった、特別な環境にいない一般の人でも受験することは可能で、審査基準さえ満たしていれば、他の受験者と同じように資格を取得することができます。

福祉事務管理技能検定には、2級と3級があり、高齢者福祉に関する事務について、基礎的な知識や実務技能を持ち、業務をスムーズに遂行できるかどうかを、審査されることになります。

具体的な試験の出題範囲としては、主に3つの領域から、まんべんなく出題されます。

1つは、社会保障や社会福祉制度について、2つ目は老人や障碍者に関する医学と心理、及び介護の基礎的知識についてです。3つ目は、介護保険制度や介護報酬請求事務についての知識となっており、3つ目が一番実務に近く重要な部分となります。

これら3つの領域を全て合算して、得点すれば良いという訳ではなく、3つそれぞれで60%以上の得点が必要となります。2つが60%以上得点できていても、残りの1つが50%しか取れていなければ、合格することはできないので、ハードルの高い試験だと言えるでしょう。

特に2級は合、格率から見ても非常に難しい試験内容となっているので、受験する場合は、本格的に勉強する必要があります。

福祉事務管理技能検定の資格を取るには

日本では、様々な職業や資格が存在しますが、将来的な需要を考えると高齢者福祉に関する資格は取っておいて損はありません。

介護士やケアマネージャーなど、福祉を代表する資格はもちろんですが、直接高齢者と関わらなくても事務処理を行う人手も、必要になってきます。

事務処理能力をアピールするには、うってつけの資格となる福祉事務管理技能検定は、持っていると老人ホームなどでかなり重宝されるので、おすすめの資格だと言えます。

将来的に、介護や福祉の仕事に就こうと考えている人も、現在既に実務を行っている人も、持っていると給与アップや採用されやすくなるといったメリットがあるので、積極的に取得しておきましょう。

試験は、問題集やテキストなどを使って、自分で勉強することもできますが、2級は難易度が高いので、独学だけでは不安なこともあります。このような場合は、通信講座や短期の専門学校などを受講して、勉強していくのも効果的です。

費用はある程度かかってしまいますが、短期間で効率よく知識を身につけることができるため、急いで資格を取りたい場合などは、おすすめの方法です。

福祉事務管理技能検定の試験は、1年に2度行われています。

だいたい6月と11月に実施されており、一般の受験希望者は、複数ある会場のうち希望する会場で受験することができます。試験を受けた後、約1ヶ月半ほどして合否の通知が自宅などに郵送されてきます。

また、既に特定の介護資格などを保有している人の場合、受験科目を一部緩和してもらえるなど、有利な措置が取られているので、有資格者も積極的に取得していきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

就活で持っていたい資格「TOEIC」のアピールできるポイント

TOEICは、就活の時に役立つ資格の一つです。 TOEICで高いスコアを取るのは、ハードルが高そうですよね。最初から、ハイスコアを取る必要はありません。600点以上取れれば、十分です。 特に大学生が就 …

女性に役立つ資格:アロマテラピー検定

アロマテラピーは日常生活の中に取り入れることができて、香りや目的によって使い分けることで様々な効果が期待できます。 アロマテラピー検定は人を癒したい、日常の中に癒しの空間を作りたいを考えている女性にと …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語教育能力検定試験」

日本語教育能力検定試験とは、日本語教員となるために学習している人や、日本の言語を教える教員として教育に携わっている人を対象に、その教育の実践に必要とされる基礎的な知識や能力が水準に達しているかどうか、 …

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:臨床心理士

最近、臨床心理士という職業を耳にする機会が増えました。 この職業は心理的な問題に関するプロですので、心に傷を負った人を癒やすことができます。 そのため、やりがいを感じながら職務に当たっている人も多いよ …

イベント好き必見!作品作りの関わる資格「イベントプランナー」

イベントとは、一体なんだろうといっても一言で定義することは難しいことです。とにかく多種多様なイベントがありますし、規模も実に様々です。オリンピックから万国博覧会といった大型イベントから、コンサート、商 …

楽天モーションウィジェット