将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「福祉住環境コーディネーター検定試験」

4人に1人以上が、65歳以上という超高齢化社会が到来する中で、直近の課題になってきたのが住まいです。

誰もが安心して暮らせる住まいという条件を満たすには、様々なことを考える必要があります。

スポンサーリンク

これからの高齢化社会に備える資格

福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーター検定試験に合格すると、高齢者をはじめとして、誰でも安心して暮らせる住まいづくりに貢献できるようになります。

今後さらに高齢化が進んでいくことが予想されていますから、福祉住環境コーディネーター検定試験を受けて、資格を取っておくことで、福祉系の仕事に有利になったり、自分自身の生活に役立つ可能性があるでしょう。

仕事では、例えば医療・福祉・建築・住宅関係の仕事に役立ちます。これから仕事を始める人も、今の仕事の幅を広げたい人にも便利です。

どんな場所に、福祉住環境コーディネーターの仕事があるかというと、保健所や病院、グループホームや福祉用具メーカー、建築設計事務所や工務店などです。

ケアマネジャーとして、住宅の改修を依頼された人が、利用者からの信頼を高めるため、工務店にはっきりと意見を言えるようにするために、資格を取っている例もあります。

介護福祉の仕事をしている人ならば、例えばグループホームの住設備に問題がある時などは、はっきりと問題を指摘できるようになります。

何も資格を持っていないと、設備について意見を言っても受け入れてもらいにくいですが、福祉住環境コーディネーターの資格を持っていると、設備についても根拠を添えてものが言えるようになりそうです。

より、自分の仕事に自信を持ちたいという人が、取得する資格として適しています。

暮らしにも役立つ福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーターの資格があれば、仕事だけではなく、自分自身の生活にも役立てることができます。自宅の住環境を、介護に適したものに整えたり、日常に潜む危険を察知してリスクをなくす、などということもできます。

ずっと快適に暮らせる家にリフォームしたり、または新築にしたり、介護の知識を活かして家族を介護することも可能です。さらにボランティアで、地域に貢献することもできるでしょう。

高齢者などが身近にいない人には、意味がないように思えますが、親がいればいずれ介護が必要になる可能性はありますし、高齢者にとって安全な住環境は、小さな子供がいる家庭にも適したつくりです。

これを考えると、家庭を守る役割を担う主婦にはぴったりの資格でしょう。

福祉住環境コーディネーター検定試験を受けるには

実務経験が不要なので、誰でも受験することができます。

他の資格を見てみると、ケアマネジャーは、介護・保健医療・福祉の実務経験が5年または10年以上だったり、介護福祉士だと介護の実務経験3年以上など、実務経験が必須になっていることが多いですが、コーディネーターは、将来役立つ有望資格なのに、実務経験は不要です。

誰でも興味があれば、すぐにチャレンジできるのが最大のメリットです。

2級と3級の試験は、全てマークシートの択一式で、記述試験や実技試験がないので、検定試験を受けたことがない人でも受けやすいです。

マークシート方式に慣れておくことができる勉強法で練習しておけば、本番も冷静に臨むことができるでしょう。合格するには、70%正解すればOKで、基本に忠実に学んでいけば大丈夫です。

福祉住環境コーディネーター検定試験の内容は?

福祉住環境コーディネーター検定試験は、3級〜1級まであります。1級だけは特別で、マークシートと記述式がそれぞれ2時間ずつあります。また、2級に合格しないと受けることができません。

1級はかなり上級で、1級公式テキストの該当範囲に加えて、それを使った応用問題も出題されます。

3級は、3級公式テキストに該当する知識と、それを理解した上での応用問題が出題されます。少子高齢化と共生社会への道、在宅生活の維持とケアサービス、高齢者の健康と自立、ライフスタイルの多様化、など12分野が範囲です。

2級も同様に、2級公式テキストに該当する知識と応用問題が出題されます。こちらは福祉住環境整備についての問題が多くなり、3級よりも実務的な内容が含まれています。

高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境、仕事をしていく上での基礎知識や基本技術、整備関連者との連携などが出題されます。

1級になると、地域に関する問題も出題されます。3級は自宅、2級は介護施設、1級は地域の住環境と言うように、範囲が広くなっていく傾向があります。

公式テキストは、ネットから購入できるようになっていて、中身を少し立ち読みできるようになっているので、まずは中身を確かめてみるといいでしょう。

他に、公式通信講座では公式テキストと過去問、出題のポイントを解説した冊子を使って学習のサポートをしてもらえます。添削問題も見てもらえるので、試験合格に向けて着実に力をつけたい人に向いています。

自分自身の生活をよりよくするために、資格を取ってもいいでしょうし、仕事のために取っても役立ちます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 公的資格
-,

関連記事

医療系の資格:調剤報酬請求事務専門士

調剤事務の仕事を目指す場合、調剤報酬請求事務専門士を取得していることで、専門知識があることをアピールできます。

年齢・性別関係なし!転職に使えるファイナンシャルプランナー資格

日本は高齢化社会となったこともあり、働き手である若い世代を中心に、雇用や社会保障についての不安が日に日に増しています。 そんな中、様々な資格や検定などを通じてスキルアップを図り、自分のキャリア形成をし …

仕事に役立つ英語の資格:日商ビジネス英語検定

日商ビジネス英語検定は、海外取引を行う企業などビジネスで使える英語力を証明することができます。 海外取引に関する実務的な内容などの理解度が問われる資格です。

秘書の仕事に就きたい人におすすめの資格

秘書といっても、単に社長の近くにいる人が秘書ではなく、多くのタイプが存在します。 それによって、ぜひとも取っておくべきおすすめの資格というものは、変化するものです。 その中でも、この資格だけは押さえて …

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:日本カウンセラー協会認定カウンセラー

日本カウンセラー協会認定カウンセラーは、心に関する資格の一つです。 この種の資格はいくつかありますが、その中で民間の資格の一つになります。 日本カウンセラー協会認定カウンセラーになると、心の悩みを抱え …

楽天モーションウィジェット