将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「福祉力検定」

これから福祉業界で働きたいと思っている人ならば、福祉力検定を受けると、スキルアップが狙えます。

今まさに、福祉サービスに携わっている人のキャリアアップとしても、役立ちます。また、最近では障害のある人も一緒に働くことが増えていますから、そういう人たちと、一緒にスムーズに働くためのスキルをつけておくのにも適しています。

スポンサーリンク

日常生活に役立つ!福祉/介護の資格

福祉業界を目指したい人にぴったりの福祉力検定

福祉に関して、基礎的な知識が身についているかどうかを、確認できる検定試験です。

福祉力検定では、障害者・健康・医療・高齢者・司法など、幅広い分野に関わる福祉について学ぶことができます。知識を役立てたい人、そういう優しい心を持っている人にぴったりの資格です。

福祉力検定は4級~1級まであります。一般的には、3級か2級あたりを目指すようです。

3級は、福祉理念・障害の理解・高齢者理解・コミュニケーション力の、4分野の基礎知識と技能が求められます。2級は、3級で身につけた内容の応用に加えて、最近特に求められるようになった、母子・児童、医療福祉一般の基礎知識と技能が求められます。

出題範囲は、検定協会が発刊している、検定問題集に出ている問題がそのまま出題されることになっています。なので、検定問題集をしっかり勉強して、本番では復習のような感じで臨めばOKです。

問題を解いて、解説を読んで内容を理解すれば、勉強は十分でしょう。

4級は、中学生~高校生、3級は高校生~社会人、2級は大学生~社会人、1級も大学生~社会人が受験者の目安になっています。

もちろん、これは目安ですから、自分のステータスとは違う級にチャレンジするのは、全く問題ありません。

福祉力検定のテキストは、事例問題で学べる

福祉力検定のテキストは、各分野ごとに、事例問題によって学べるように構成されています。実際には、想像しづらいシーンでも、事例を読みながらであれば、理解を深めやすいでしょう。

自分の身になってみないと、不便さや生きづらさはわかりませんが、事例によって、それを疑似体験することができます。

資格の勉強というと、机の上でテキストと問題集にかじりつくイメージがありますが、想像力を広げて、個人を尊重することを考えられることが、この検定試験では役立ちます。

3級で出題される福祉理念や高齢者・障害者理解、コミュニケーション力は基本ですが、これから仕事をしたい人なら必ず知っておく必要がありますし、日常生活でも、知っておくと周りの人の個性を理解するのに役立つでしょう。

検定試験は、知識問題が6割、事例問題が4割出題されます。

総得点が、満点の70%以上で合格できます。四肢択一問題の方が多いですが、山をかけずに全体をしっかり勉強しておきましょう。

3級レベルであれば、テキストを使って1〜2ヶ月じっくり勉強すれば、十分合格を狙うことができます。すでに仕事で知識が身についている人ならば、仕事の合間にテキストと問題集をおさらいしておけばいいでしょう。

この資格だけで就職するのは難しいですが、知識を身につけたり、確認のために受験するのは役立ちます。介護などに関わっている人で、もっとサービスの質を良くしたいという場合や、最初に目指した働き方から、ズレてしまったという人が、軌道修正のために受けてみるのもいいかもしれませんね。

力試しのためには、おすすめの試験です。

気軽に挑戦できるのが福祉力検定の魅力

福祉力検定は、特別な受験資格はなく、誰でもチャレンジすることができます。問題は、検定問題集の中から出題されるので、真面目に勉強しておけば高い確率で合格できます。

他の福祉系の資格と違って、就職や転職で有利になるとまではいきませんが、自分の中の知識の総整理や、知識の力試しとして役立つでしょう。

これから高齢化が進む中で、福祉の分野の仕事はニーズが高まっていきます。とりあえず、何か資格を取りたいという人がチャレンジしてみるのもいいでしょう。

使える場所としては、ボランティアなどが適しています。お金になる仕事のために取る資格というよりも、純粋に誰かの役に立ちたい、誰かを助けたいという心で勉強するといいでしょう。

現在働いている人で、知識が不足していると感じているならば、知識を確認して、キャリアアップをはかるということもできる可能性があります。また、自分の不得意分野をおさらいするという意味でも、福祉力検定は役立ちます。

例えば「正しいコミュニケーションの取り方があやふやで苦手」という人であれば、その分野を勉強して、おさらいすれば、今後の仕事でのコミュニケーションが、スムーズにできるようになるかもしれませんよ。

問題集を読み込んでおけば、高い確率で合格できると言われているので、試験まで時間がない人は、ラストスパートで一気に勉強しましょう。

仕事をしながらでも取りやすい資格なので、空き時間を利用して勉強することも可能です。

年齢や実務経験の有無などは問われず、誰でも受験可能なので、気になる人は気軽にチャレンジしてみるといいでしょう。

次のステップへの、自信になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

地球環境を守る資格:森林インストラクター

森林インストラクターは、森林などを訪れる一般人の方向けにエスコートをするべき存在で、自然の豊かさや良さなどを伝えるべき資格を持った方です。 地球は自然環境が豊富に存在することで、人間の生活を豊かにし、 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船内荷役作業主任者

船と聞くと人を乗せて運ぶものと言うイメージが強いですが、同時に数多くの貨物も運搬しています。 効率よく貨物を積み下ろしして運搬するために重要な役割を果たすのが、船内荷役作業主任者という仕事です。 どの …

スペイン語を通して学ぶ文化と歴史

グローバル化が叫ばれている現代において、日本語だけ話せればいいと考えてしまうのはもったいないことです。 複数の言語を話すことができる人は、それだけ世界を広げることができます。 語学というのは、人間同士 …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ビジネス著作権検定」

著作権に関する話は、テレビなどでも頻繁に出てきます。日常生活でも、テレビの違法アップロードや、確認もせずに写真をコピーし印刷したなど、下手をすれば著作権の侵害になってしまうような場面に遭遇しています。 …

就活で持っていたい資格「行政書士」のアピールできるポイント

就活を始めると問題になってくるのが、自己アピールをいかに効果的にしていくかという事です。 しかし、大学生の時点で、他人にはっきり伝えられるほど人より優れていることがある方も少ないでしょう。

楽天モーションウィジェット