心も一緒に育てる!植物に携わる資格「ガーデンデザイナー」

個人の庭や公園、庭園といった庭の設計やデザインを行うのが、ガーデンデザイナーの仕事です。

植物を使った美しい庭で、人を喜ばせたい人に適しています。

スポンサーリンク

植物を使ったデザインの仕事ならガーデンデザイナー

職場で多いのは、造園会社やハウスメーカーで、会社によって個人向けの庭造りをしていたり、街の景観づくりの一環として公園などの手入れをするなど、扱う仕事の内容が異なります。

共通しているのは、依頼主のニーズを満たすためにヒアリングを行い、植物や造園に関する知識とデザインを使って仕事を進めるところです。仕事をするために、必ず資格が必要なわけではありませんが、国家資格の造園技能士や造園施工管理士、民間資格のガーデンデザイナー認定制度、などの関連資格はあります。

これらの資格がなくても働くことはできますが、仕事に就いて働きながら、キャリアアップの目的で資格取得を目指す人は多いです

一般的には、造園学科や園芸学科のある大学や短大、専門学校で学んで知識を身につけて、関連する会社に就職してキャリアアップのために資格取得という流れで進んでいきます。造園会社に勤める場合は、給料の相場は年収300万円から500万円くらいです。

小規模な会社では、あまり良い条件が用意されていないこともありますが、実力次第では独立開業して年収1000万円を稼ぎ出す人もいます。ただし、年収1000万円レベルに到達するには、ガーデンデザイナーとしての知識と技術以外に、経営などについての知識も必要です。

オーダーメイドの庭造りを手がける場合は、ヒアリングやコミュニケーション能力がないと、運営するのが難しいでしょう。

ガーデンデザイナーに関連する資格

ガーデンデザイナーとして働くために、必須の資格は今の所ありません。公的な資格や国家資格もないので、造園やデザインに関する知識と経験さえあれば、とりあえず仕事をすることが可能です。

ただし、関連する民間資格や国家資格はあります。取得しておくと実力の証明として使えるのが、民間資格のガーデンデザイナー認定制度です。全国のガーデンセンター団体である、日本園芸商協会によって設立された「日本ガーデンデザイナー協会」が用意している資格で、一定の試験を受けることで、取得することができます。

申し込みをして本試験を受けて、図面を提出して合格すれば日本ガーデンデザイナー協会の会員になることができます。あとは会費を払って認定証の交付を受ければ、ビジネスのシーンでガーデンデザイナーの実力があるという証明として、使うことが可能です。

試験内容は、講義受講が必須で、教科書と参考図書を持ち込み可能な筆記試験が行われます。さらに試験日から1ヶ月以内に提出する、図面問題が出題されます。

筆記試験の点数と、筆記試験から1ヶ月以内に提出する図面を総合判断して、合否が決定されます。

ガーデンデザイナー認定制度以外には、通信教育の養成講座を受講して修了するともらえる庭園デザイナー、エクステリアプランナー、グリーンアドバイザーといった民間資格があります。

さらに仕事の幅を広げたいならば、国家資格の造園施工管理技士、造園技能士、園芸装飾技能士などを目指してみるといいでしょう。

すでに働いている人であれば、これらの資格を取ることで、収入アップにつながる可能性もあります。

ガーデンデザイナーの適性をチェック

ガーデンデザイナーを続ける上で大切なのは、まずは植物が好きなことです。庭の設計のために扱う植物は、何百種類もあります。それぞれの植物がいつ開花したり、葉をつけるのかを熟知していないと、美しい庭は完成しません。

土作りも重要ですし、日当たりや水やりの条件がどうなるのかという、先々まで考えたデザインが求められます。創造力だけ豊かでも、その美しさを実現していくためには、幅広い知識がなければいけません。

植物のことならなんでも知っておきたいという、探究心があることが大切です。また、自然に興味を持っていることも大切です。気温や湿度、日当たりや風などを正確に把握できなければ、美しい庭を維持することはできません。

同じ日本国内でも、地域によって最適な庭のスタイルは異なります。ガーデンデザイナーは、教科書にだけ頼った勉強ではなく、自然や風土まで理解した上で庭を作り上げていくことが求められます。

ガーデンデザイナーは、デザインと名前がついているだけに、建物の設計図を描く建築士と少し似ている仕事です。植物の配置や庭の中に池や噴水、テーブルなどを設けるのかなどを図面に起こしていく必要があるからです。

ミニチュアの庭の模型を作って、それをいじりながら完成度を高めていくこともあります。イラストを描くのが好きな人や、スケッチが得意な人、デザインを思い描くのが好きな人は適性があるでしょう。

また、最近はパソコンソフトで図面を起こすようになっているので、製図をするために、コンピュータソフトを扱えるようになっておく必要があります。紙

に手で描くだけではなく、コンピュータも扱えることが仕事をするための条件です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

外国語を学ぶ資格:TOEIC

海外で働くために必要な語学の資格といえばTOEICと誰もが口を揃えて言うほど、とても有名な資格です。

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「簿記能力検定」

会社などの組織では、お金の出入りを管理する経理部門が用意されています。 経理部門は、組織にとって重要な存在です。仕事の多くは収支に関わることで、仕入れた商品の仕入先や価格を帳簿に記帳したり、原価計算や …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:水先人

外航船や内航船など船舶が安全に航行するためには、水先人の有資格者の存在が重要です。 水先人は特定の海域に関する海底の地形や潮の流れなど、様々な環境に精通した専門家として船に乗り込み、船長に助言を行いま …

片付け上手になれる!整理収納アドバイザーの資格とは?

「整理収納アドバイザー」とは、部屋が片付かない・収納がうまくいかず必要なものがすぐに見つからない、などの問題を解決する、片付けのプロのことです。 この資格を取得すれば、自身の片付けはもちろんのこと、片 …

外国語を学ぶ資格:実用英語技能検定(英検)

語学系の資格の中で、英語の総合力を証明できるのが実用英語技能検定です。

楽天モーションウィジェット