当たり前をきちんと知る!日本語の資格「現代用語能力検定」

現代用語能力検定とは、1995年にスタートした比較的新しい資格のひとつで、時事力と現代社会の知識を総合的に判断して、どの程度のレベルなのか検定する事ができるようになっています。

スポンサーリンク

現代用語能力検定とはどのような資格なのか

要するに、日本語そのもののスキルと言うよりは、日々目まぐるしく変化する現代社会に、どこまで対応できているのかと言うスキルを、認定するための資格だとされています。

また単純に、知識として身につけているというだけではなくて、それに対して今後の動きを読み取ったり、自分がどのように考えているのか考えを交えながら表現するといった能力も必要となります。

なので、当然日本語の文法や、取り扱い方についても熟知しておく必要がありますし、表現力や思考能力なども求められています。

このようなことから、現代用語能力検定では、現代社会に対する「読解力」「思考力」「応用力」「表現力」「時事力」を判断する事ができるようになっていて、判断してレベルを認定するだけではなくて、問題として提示する事によって、育成を目的としている側面もあるというところが特徴です。

しかも、これらの能力は、社会人にとって必須となっているだけではなく、受験などを控えている学生にとっても、身につけておく必要があるスキルとなっているので、受験する人たちの年齢層が幅広くなっていると言うところも特徴だとされています。

そのため、受験資格には特に年齢は関係ないとされていますし、試験は自宅でも受けられるようになっているので、誰でも簡単に受験する事ができます。

特に受験生や国際情勢に関わる仕事をしているサラリーマンなどから、人気を集めている民間資格のひとつです。

日本語としての現代用語能力検定の必要性

現代用語能力検定は、情報社会となっている現代の情勢や情報を正しく把握する事ができているのか、それを自分の言葉として表現する事ができるのか、というところを判定するために行われています。

そのため、一見すると日本語のスキルは、そこまで求められていないように感じられる事もあるのですが、単語やキーワードが意味するものを把握するためには、当然日本語を正しく理解している必要性があります。

しかも、それを自分の言葉で表現する場合にも、正しい日本語を用いる必要がありますし、誤用している場合は、どんなに表現したとしても意味合いが異なってしまうと言う事も少なくありません。

つまり、現代用語能力検定で正しく自分のスキルやレベルを把握するためには、日本語を正しく理解して、使う事ができるというところが前提条件となっており、ある意味では、日本語を正しく使う事ができているのかと言う部分も、判定する事ができるようになっています。

現代社会では、日本語が誤用されていたり、間違って使用されていることも多くなっているので、国際的な面から見ても、そういう部分のスキルが低くなっていると言うのは、問題視するべきポイントです。

そのような面からも、現代用語能力検定は必要だと言われるようになって来ていますし、誰でも簡単に受験する事ができるという観点から、どのような年代からそのようなスキルが低下しているのかどうかという点も、判定する事ができるようになっているのです。

なので、日本語を正しく理解させる学習が、どの程度必要になっているのかと言う目安のひとつとして、利用する事ができるというところが、この検定の必要性だと考えられています。

現代用語能力検定という資格の活用方法

では実際に、現代用語能力検定を受けた場合、受験生などの学生の場合は、受験対策として活用することができるようになっています。

これは、検定を受けることそのものが、現時点での時事を把握する事ができるようになっているというメリットになっていますし、それに対して、自分がどの程度考えを交えた表現をする事ができるのかというところで、実際の受験と同じような感覚で対応する事ができます。

そのため、検定結果をフィードバックして、自分にはどのような部分が足りないのか、どのようにすればしっかり表現する事ができるのかというところを、学習する事ができるようになっているわけです。

では、ビジネスの面ではどうなのかと言うと、現代用語能力検定を受検したことによって、就職活動に有利になるというわけではありません。

ですが、日常の場面において、常に目まぐるしく情報が錯綜する現代で、情報を整理して今後の動きを読み取る力を養う事ができるようになっていますし、情報に惑わされずに、的確に判断する能力を身につけることが出来ます。

そうすることによって、政治の面だけではなく、経済や国際情勢など世界的な動きについても把握する事ができるようになっているので、それを話題に、コミュニケーション能力を高める事ができたり、自分が今後どのように動いていけばいいのかというところも、自然に理解する事ができるようになります。

このように、現代用語能力検定の結果が、直接何かに影響すると言うわけではないのですが、受験する事によって、自分自身のスキルアップを目指すことができるようになっているので、受験や仕事、日常生活の中で活用することがおすすめされています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

女性の仕事というイメージが強い事務職。男性が目指すには?

事務職は、どうしても女性の仕事というイメージがあり、男性が応募しても、その時点で不採用とされることも少なくありません。 でも、男性でも事務職を希望する人はいて、一定数採用されています。 採用されるため …

狙い目の国家資格とは?

何かしらの仕事をするにあたって、資格というものは重要な役割を果たします。 資格を持っていることによって就職が有利になったり、高い収入を得ることができる場合も多いため、積極的に取得して行くべきものである …

専門職には欠かせない!技術系の資格「CAD技術者」

昔は、建築関係の設計や機械設計などは、手仕事で行っていたことがありましたが、今ではそのような作業する人はほとんどいません。その代わりにCADを使って、製図・設計・トレースを行う人がほとんどなのです。 …

事務職に向いている人、向いていない人の特徴は?

「事務職」というと、女性に人気な職種な印象があります。 ただ、事務職と言っても、誰にだってできる仕事なわけではありません。 どんな人が、事務職に向いている人なのか、逆にどういった人は向いていないのか。 …

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「計算実務能力検定」

会社の業務の中には、複雑な計算を要するものが多いです。特に、経理や財務関係の部門では、専門的な計算のスキルが必要になります。 計算といっても、学校で習うような単純なものではありません。もちろん基本的な …

楽天モーションウィジェット