心も一緒に育てる!植物に携わる資格「グリーンコーディネーター」

お店のショーウインドーに飾られている衣服や調度品の間に、さりげなく置かれている緑の植物、これらがあることでお店の雰囲気が和らいで、商品の存在感が増してきます。

これらの植物を配置したり、維持管理することが、グリーンコーディネーターの仕事の一つになっています。

スポンサーリンク

草花に関する仕事を統合しています

人間というものは、植物がなければ生きてはいけません。生まれてから死ぬまで、必要とする酸素や石油、衣食住などすべて植物が供給しています。人間の本能には、植物がなければ生きてはいけないということが刷り込まれています。

自然の中で生息している植物も、丹精込めて育てられた鉢植えの草花であっても、植物に接することで得られる潤いや憩、安らぎは人間の本能の満足を象徴しています。

このように考えると、グリーンコーディネーターという仕事は、植物と人間の本能を結びつける役割をしているといってもよいでしょう。

草花を飾るのは、個人の家庭ばかりではありません。喫茶店やレストラン、美容院や理髪店など、多くの草花が室内に飾ってあります。これらの草花は、お店の演出をグレードアップさせる一助として飾られています。

そのお店本来の仕事を、引き立ててくれます。このようなお店は、日本で数百万という数に上ります。そこで、草花の知識があり、園芸の技術を持っていて、配置や維持管理ができて、知識や技能の費用についても計算ができる人が、必要になってきます。

まさにそういうことに携わる人が、グリーンコーディネーターです。

近頃は、社会のどの分野でも仕事が細分化して、それぞれの分野のエキスパートが必要になっています。それと同時に、それらを統合する仕事の必要性も高まってきています。

グリーンコーディネーターは、草花に関する仕事を統合して行っていて、社会の中で役割を果たしています。

良い草花が、良い仕事を生み出します

世界では、化学物質による自然破壊や環境問題など、自然との付き合い方も問われるようになっています。潤いや癒しを求めて、花や緑を愛する人たちも増えてきています。

グリーンコーディネーターは、こうした時代の要求によって、社会が認める職業に成長しようとしています。どんなに美しく育った草花でも、飾って眺めるのにふさわしい場所を得なければ、存在理由はないも同然です。

飾られた場所が、そこで仕事を行う人々にとって動作の妨げになるようだったら、邪魔だから必要がないということにもなりかねません。こうしたことが起こってくるのも、人間優先の生活空間に草花がかかわってくるからです。

そのため、グリーンコーディネーターは、草花と人間の生活をコーディネートする仕事を行います。

草花が飾られる場所と、その場所にかかわりを持つ人たちの評価が、グリーンコーディネーターの収入金額を決めるということになります。ですから、技能者としてよい草花で、よい仕事を行えばよい収入が得られると考えがちで、それを誇りに思うのも当然です。

よい収入を得られるのが、良い仕事よい草花なのだという考え方があることも、理解しておくことが大切です。

特に、園芸にかかわる仕事には、高齢者にもその経験を十分生かすことができる分野や、仕事がたくさんありますので、健康でさえあれば、歳をとっても現役でいる人もいます。

収入も、企業ごとの考え方に基づいて、いろいろな職務給が設けられています。たとえば、園芸装飾技能士手当が普及して定着し始めています。1,2,3級の資格に応じて、技能士手当が支払われている企業もあります。

実務年限が少なくて受験資格が得られる

グリーンコーディネーターは、この名前がそのまま資格の名称ではありません。公認されているのは、園芸装飾技能士という資格です。1級技能士が、厚生労働大臣名で、2,3級技能士が都道府県知事名で公認されています。

この資格を取得するためには、検定試験を受けて合格しなければなりませんが、受験資格には二つの道筋があります。

一つは、グリーンコーディネーターに関する仕事を何年やってきたかという実務年限により、受験資格を得ることができます。ですが実務年限だけで受験しようとすると、1級技能士の場合、14年以上も実務に携わっていなければ資格を取ることができません。

もう一つの方法に、グリーンコーディネートや園芸に関する学校や学科を卒業しているか、また卒業後、何年間関連する実務についているかという2段階の評価による、資格取得の方法があります。

グリーンコーディネーターになりたい人が入学して卒業すると、かなり短縮した年限で、受験資格が得られる養成学校もあります。

養成学校には2種類あって、一つは文部科学省が管轄している学校で、各種学校、専修学校と呼ばれていて、都道府県知事の認可によって、全国各地に設立されています。

もう一つは厚生労働省に関係している職業訓練校ですが、これは現在のところ数が少ないのが現状になっています。これらの学校のほかに、カルチャースクールのような公認資格とはほとんど関係がない、趣味的な要素の強い学校もあります。

また私立や国公立の大学、高等学校の中には園芸や農業、造園といった学部を持っている学校もたくさんあります。

これらは養成学校ではなく、教養を高めるための学校になります。卒業した学校の種類や終了課程によって、受験資格も異なってきます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

仕事に役立つ英語の資格:実用英語技能検定(英検)

英検という言葉は一度はどこかで目にしたり、耳にしたりしたことのある言葉ではないでしょうか。 学校で進められて受験をした経験がある人も多いのではないでしょうか。 英検はそれだけ規模の大きい検定試験と言え …

経理事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

経理事務の仕事は、お金が関係する重要な仕事であり、間違いはあってはならず、慎重さなどが求められます。 経理事務を目指す場合、どのような資格を取るべきなのか、おすすめは何かなどを知り、仕事を見つけたいと …

医療系の資格:医師国家試験

医師になるためには、医師免許が必要です。 そのためには医学部で学び、医師国家試験を受験します。

主婦にオススメの資格「介護福祉士」

夫の収入だけでは足りなくて、自分も働きたいと感じている主婦は多いと思います。 しかし長い間働いていないと、自分にできる仕事があるのか不安に感じてしまう人もいるのではないでしょうか。 その場合は、介護福 …

証券事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

事務の仕事の中でも、特に専門的な事務になると、意外と知名度が低いことが多いでしょう。 その中でも、あまり有名ではないのは証券事務です。事務の1つのジャンルとはいえ、あまり耳慣れない言葉ですよね。 どう …

楽天モーションウィジェット