会社にとって欠かせない存在!経理の資格「所得税法能力検定」

所得税といえば、源泉徴収や確定申告など、サラリーマンにとってはあまり関係なさそうに見えて、実は関係深く、個人事業主にとっては、毎年のように接することになる税金の1つです。

経理などをやる人からすれば、所得税の仕組みを知っておくことで、源泉聴取に対する認識や年末調整の仕組みなどを知ることができ、仕事もはかどるようになります。

確定申告など一見すれば厄介な作業も、所得税の仕組みが分かってしまえば、簡単に作成することができるようになります。

こうした技能をチェックするものが、所得税法能力検定です。

スポンサーリンク

所得税法能力検定とは

所得税の仕組みや処理などの知識を問う資格

所得税法能力検定は、法人税法能力検定、消費税法能力検定と同じ日に行われるものであり、場合によっては、時間を調節して同じ日に別々の検定を受け、それぞれの資格を取得するということもできます。

所得税法能力検定は、3級から1級まで存在し、3級では税金の意義や納税の義務について、税金体系といった税金そのものの知識を問う問題や、法令に関する基本的な知識などを問い、1級になるとかなり専門的な分野まで出題されることになります。

出題形式として、文章問題、仕訳問題、計算問題が存在します。

3級だと、語群から選択する方式なのに、2級より上は空欄になっており、そこに適した語句を入力することになります。計算問題に関しても、3級は簡単な計算が伴う程度にするのに対し、2級や1級は、計算式を最初から与えるレベルを調整することで、難易度を調節しています。

いずれにしても、幅広い知識が求められ、税理士試験に向けての試金石に所得税法能力検定はなっていく他、経理を目指す人にも欠かせない試験です。

税制改正が所得税法能力検定にも影響を与える

税制改正は、毎年のように行われており、そのたびに所得税法能力検定などにも影響を与えることから、日々の勉強が求められる資格でもあります。税制改正の際には、その改正がどのように関係するのかを事前に教えてくれます。

例えば、3級の計算問題で出題される、給与所得控除額の上限額の引き下げについては、改正の内容を紹介し、どの場面で試験において登場するかが記されています。

改正されたものがどの級に該当するのかを教えてくれるばかりか、出題されるかどうかも教えてくれることから、非常に良心的です。

ただ、そうした性質もあることから、所得税法能力検定の勉強をする際には、最新のテキストを購入して勉強することが求められます。

所得税法能力検定という資格が役に立つタイミングとしては、確定申告を実際にやるときになります。

確定申告は、国税庁などで調べればすぐに作ることができますが、所得税法能力検定を受けて、その知識を得ておくと、すぐに作ることができるようになります。その時に、所得税法能力検定を受けたことの、恩恵を感じる人がほとんどです。

経理の仕事をしている人にとってもプラスの面は大きく、今まであまり知ることのなかったことまで知ることになり、業務がさらにはかどることになります。

確定申告の際に役に立つということは、所得税法能力検定の勉強でも実際に役に立つことは間違いなく、源泉徴収票などを片手に、自分で作成しながら勉強していくというのも大切です。

資格としても意味のあるものですが、今後フリーランスとして活動する際にも、こうしたものはとても重要になります。

所得税法能力検定の資格を活かすには

所得税法能力検定に合格し、履歴書に書くだけで終わらせてしまったら、あまりにももったいなく、それを活用していくことが求められます。そのために必要なこととしては、別の資格を取得し、活用していくことが大切です。

経理をしている場合には、日商簿記や会計ソフトに関する資格がおすすめです。そうすることで、実務的な知識を得ることができ、応用していくことが可能になります。

資格ばかりを取得する人にありがちなこととして、取得したのはいいものの、あくまで知識として得たため、使いようがなく、時間がたつうちに忘れてしまうということがあります。

日商簿記や会計ソフトに関する資格を取得しておけば、仕事にも応用していくことができるようになります。

また、控除に関する知識を数多く入れることができるため、ファイナンシャルプランナーなどの仕事にも使っていくことができます。

所得税に関する知識が備わっていることの証明にもなるため、別の資格を補強する意味合いとして、所得税法能力検定を受けることもおすすめです。

履歴書に書いただけでは、何も活かしきれず終わるケースが多いものの、これとは別に資格を取得し、経理を目指している、国家試験を目指しているという証拠にもなることから、そのような活用方法も1つの手です。

税理士試験を受ける人にとって、所得税法能力検定は易しめとされていますが、逆に言えば、ここを軽々とクリアできなければ税理士試験に向けては色々と厳しい面があります。

税理士試験をクリアするためにも、時間を余してすぐにクリアできるぐらいの力量が、ついているかどうかの試金石にもなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

人事事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

人事事務の仕事は、相当な範囲に及び、人事担当者のような仕事や労務関係、給与計算、社員の各種手続きなどを、行うことになります。 どのような職務なのかによって、資格として必要なものも、大きく変わることを知 …

ニッチな外国語の資格:ロシア語能力検定試験

英語や中国語はメジャーで広く知られている言語です。 しかし世界は広く、私たちの知らない言葉や文字がたくさんあるのも事実です。 そんなニッチな外国語の中から、大きくて未知の国、ロシア語をチョイスしてみて …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:公認スポーツ指導者

子供たちにスポーツの楽しさを伝えるだけでなく、安全に、かつ正しく指導していく役割を担っているのが公認スポーツ指導者です。 この資格は細かく分類されており、指導される側の健康に関する意識を高めるほか、指 …

秘書はどんな仕事?未経験でも働ける?

事務系で人気の職種の1つに、秘書があります。 主に、上司をサポートする仕事になりますが、会社によって仕事内容には幅があります。 一般事務や営業事務として働き、秘書業務を兼務する場合もありますし、専属の …

女性が持っていると役に立つ資格「ファイナンシャルプランナー(FP)」

女性は、様々な要因で生活スタイルが大きく変化することになります。 生活はもちろんのこと、特に仕事との関係で、大きな変化が起こりやすくなります。 男性であれば、学校を卒業して就職して定年まで勤め、第二の …

楽天モーションウィジェット