就活で持っていたい資格「医療事務」のアピールできるポイント

病院を対象に就職活動するのであれば、医療事務の資格を取得しておく事は必ずプラスになります。

医療の世界で仕事をする場合に、必ず医療事務の知識が必要になるかというと、そうではありません。

しかし、健康保険を利用する保険診療行う医療機関であれば、必ず誰かしらが診療報酬の請求事務に携わらなければなりませんので、医療事務の業務の資格を持っているということが、大きなアピールポイントになるのは間違いありません。

どのような業種で応募する場合であったとしても、必ずプラスになる種類の技術であると言うことができるのです。

スポンサーリンク

就職に役立つ資格「医療事務」

その意味では、医療免許を持たない事務職員として、病院などの就活を行うのであれば、唯一とも言える武器となるのが医療事務の知識なのです。

このような資格は、必ずしも必要となるものではありません。
資格を持ってなくても、業務を行うことができるため、資格があり知識を持っていることを示すことが、就活を有利に運ぶのです。

中途採用であるならば、仕事をしてきたと言う経歴がそのまま武器になります。
経験者であれば、即戦力を希望する医療機関は非常に多いです。

しかし一方で、業務経験はのない新卒の場合には、ちゃんと仕事ができるということを対外的に示した資格があったほうが、良いと言えるでしょう。

資格がない場合は、仕事ができると言っても説得力に欠けるのです。
全く同じ条件の2人がいて、片方が資格を取得しているのであれば、資格を取得している人材の方が、就活を有利に運ぶことは間違いありません。

医療事務は、専門技術

病院で働く事務職、すなわち医療事務の知識は、専門技術と言っても差し支えないほど、特殊なものであると言えるのです。

医療事務の技術は、保険診療行うすべての医療機関が必要としている技術です。
大きな病院ではもちろんですが、小さなクリニックであっても、必ず医療事務の知識を持った専門のスタッフが、1人はいなければ成り立ちません。

医師や看護師の中にも、必要最低限の知識を持っている人はいます。

しかしながら本来行うべき業務で、手一杯なるのが一般的であり、請求事務に従事する時間がないのです。

そのため、多くの医療機関で需要がある仕事と言えるでしょう。

資格がいらない仕事であると言う説があるものの、特殊な知識であると言う事は、誰しもが認めるものですので、専門性の高い役割を担うことのできる人材として、一定の評価をしてもらうことができるのです。

学び方も、人それぞれ

このような医療事務の知識は、専門学校などで専門的に身に付けることもできますが、短大等において、教養の1つとして基礎を身につけることもできます。

また通信教育などで、独自に学習することもできるのです。

いずれの方法でも、基本的な仕組みを理解して実務を行うための準備までは、進めることができるでしょう。

しかし本当に大切なのは、その後であり、実際に業務に従事し、経験を積むことが大切になってきます。

このような経験を豊富に持った人材は、医療事務スタッフとして多くの医療機関から必要とされ、専門的な技術者と同じ扱いを受けることになるでしょう。

ルールは定期的に改正していく

しかしながら、このような知識は、一度身に付けたからと言って、一生変わらずに使うことができる知識ではありません。

医療事務の仕組みを規定する様々なルールは、一定期間ごとに改正が行われる仕組みになっており、業務から長く離れていると、その当時に学んできたことが、現在では全く違うルールに変わっていると言うことも起こり得ます。

そのため診療報酬の請求事務に携わろうとする人は、普段から国の発信する情報に耳を傾け、必要な変更に対して、柔軟に対応していく情報収集の力も必要となります。

毎年変化があるとは限りませんが、2年に1回ほどのペースで様々な仕組みに変更が生じます。

これらの情報に対して、アンテナしっかり張っておき、必要な対応をとることができるように準備をしておくことが、何よりも大切となります。

活躍の場は、医療現場のみ

医療事務の仕事というのは、現実的な問題として、医療関係の仕事につかなければ役立つ事はほぼありません。

また継続的に仕事として知識を磨いていかなければ、突然その知識を使おうとしても、役に立たない場合があります。

保険診療の診療報酬請求事務の仕組みそのものが、定期的に改定されていくため、勉強した当時のルールとは異なる仕組みが施行されている場合があるのです。

このような仕組みが存在しているため、ブランクに対してやや厳しいものを感じる場合があります。
そのような仕組みの変化について、柔軟に対応していくことができる人材が、医療の現場でも求められているのです。

最後に

もしも医療機関への就職を考えているのであれば、医療事務の知識を身に付けておくことが非常にプラスになります。

必ず必要というわけではありませんが、無いよりは有ったほうが絶対に有利になります。
いざと言う時に、資格を保有しているということで、知識のある人材として認識され、就職をする上で役立つと言えるのです。

専門学校や短大で学習していなくても、基礎的な部分を知っているというだけで一定の評価をしてもらうことができますので、就職採用面接の場合などにはしっかりとアピールすることが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

医療系の資格:看護師・准看護師になるには

看護師として働くには、看護学校で単位を取得して、看護師試験に合格しなくてはいけません。

女性に役立つ資格:秘書検定

女性が働きつづけようと思った時に、何か強みとなるものがないと仕事が探しにくくなってしまいます。 もちろん女性ならではの強みは、細やかな気遣いができることなど、日常生活や仕事の中で培われたものがたくさん …

地球環境を守る資格:樹木医

人や動物が病気になったりけがをしたりするように、樹木も具合が悪くなることがあります。 元気だったはずの木が、いつの間にか枯れてしまいそうになる時もあります。 庭の木を病院に連れて行くことはできません。 …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:栄養士

健康や美容にとって、栄養は欠かせません。 そのための栄養の知識は、義務教育では詳しく教わらないことが多いです。 大切なことなのに国語や数学などに必要性が押されてしまう栄養の知識は、大人になってから必要 …

介護福祉士になるには?気になる年収は?

現在の日本は世界でも例を見ないほどに急激な高齢化が進み、超高齢化社会として知られています。 しかも核家族化が進んだことで昔のように子どもや孫などと一緒に暮らしている人ばかりではなくなり、一人暮らしの高 …

楽天モーションウィジェット