就活で持っていたい資格「ITパスポート試験」のアピールできるポイント

就職してデスクワークを行うなら、基本的にはパソコンを使用すると考えましょう。

使用する頻度に違いはありますが、多かれ少なかれ使うことになります。
そのような背景があるので、パソコンを使用できることを、雇用する際の必須の条件と考えている企業が多くなっています。

スポンサーリンク

就職おススメの資格「ITパスポート試験」

パソコンスキルは必須

つまりパソコンが使用できなければ、就活において不利になってしまう可能性が高いのです。

逆にパソコンを使用できることを証明できれば、就活において大きなアピールポイントになります。

特に、将来的にシステムエンジニアなどの、IT系のプロフェッショナルを目指すのであれば、現時点でのスキルのレベルを示すことはとても重要です。

ITパスポート試験の資格は、パソコンを使用できる証明となります。
情報処理の難関資格と比較すると、専門性が高い資格とはいえません。

そのため、ソフトウェア会社のプログラマなどを志望しているのであれば、少し物足りないといえます。

ITパスポート試験の資格は、情報処理の中では初心者向けに位置付けられています。
ただし、初心者向けとはいえ、就活においては大きな利点があります。

基準が明確な「国家資格」

それは民間資格ではなく、国家資格ということです。

つまり資格を有しているだけで、基礎的なパソコンスキルを持っている証明に十分なるのです。
民間資格の場合は、基準が周知されていないケースも珍しくありません。

そのため資格を持っていても、採用担当者はパソコンスキルの程度を判断しかねることがあります。
しかしITパスポート試験の資格であれば、そのような心配は不要です。

基準が明確な国家資格なので、基礎的なレベルがあることをしっかりできアピールできるのです。

日常生活以上のスキルをアピール

現代社会において、インターネットやパソコンを使用せずに暮らしている人は少ないです。
そのため以前と比べて、新入社員にパソコンの基礎を教える必要性は減ってきました。

しかし、日常生活で使用するパソコンレベルでは、やはり業務では物足りないことが多いです。
ITパスポート試験に合格するには、日常生活以上のレベルが求められます。

そのため、就職志望者がITパスポート試験の資格を持っていることが分かると、採用担当者は任せられる仕事の選択肢が多いと感じるでしょう。

たとえば、業務の円滑化のためのシステム改善や、ルーチンワークを自動化するマクロの作成なども、視野に入れられます。

もちろん最初から、そのような高度な仕事を担当するのは難しいです。
ITパスポート試験の内容を土台として、そのような仕事も行えるようにレベルアップしていきたいと伝えると良いでしょう。

ITの分野は日々進歩しており、さまざまな技術が生み出されています。
そのため勉強する熱意があることは、非常に良いアピールポイントになりやすいです。

スピード勝負のビジネスシーン

現代のビジネスシーンでは、スピード感を持って仕事に取り組むことが大切です。
そのためには、情報伝達を迅速に行う必要があります。

特にメールの重要性は年々高まっているといえます。
メールで上司の指示を受け、報告もメールで行うのが当たり前の企業は非常に多いです。

必要な書類も、電子化して送ったり、サーバーで共有したりするのが一般的になりつつあります。
いくら業務の遂行能力が優れていても、情報伝達に対する意識が希薄であれば、能力を十分発揮できているとはいえません。

ITパスポート試験に合格している人は、ITに対する正しい認識を持っていると見なしてもらえるでしょう。

ITの基本は、情報の伝達にあるといえます。

メールソフトやチャットツールなどを駆使して、スムーズに業務を遂行したいことを伝えると良いでしょう。
また情報を分かりやすく表現することも、会社では非常に重要な活動といえます。

そのためプレゼンで使用するソフトや、データを準備する表計算ソフトを扱えることも重要といえるでしょう。
ITパスポート試験を通過していれば、多くの場合はそれらを使用する素養を持っていると判断してもらえます。

資格を持っているだけでなく、そのようなスキルがあることも伝えるとアピール力が増すでしょう。

コンプライアンスを重視

また多くの企業がIT関係で懸念していることがあります。
それは個人情報をはじめとした、機密情報の流出です。

パソコンやインターネットに不慣れな人が情報を扱うと、流出させてしまう恐れがあります。
またスキルが十分であっても、リスクマネジメントの意識が足りていないと、同様の危険性があります。

もし流出させると、企業のイメージに傷を付けるだけでなく、大きな損害に繋がることが多いです。
酷い場合は、営業できなくなってしまう恐れもあります。

そのため採用担当者は、情報に対するリスクマネジメントをしっかり行える人物を望んでいます。

ITパスポート試験に合格していれば、そのような人物であると解釈してもらいやすいです。

学習を通じて法令について学び、情報流出のリスクも把握していると考えられるでしょう。
ITパスポート試験の話をするときに、企業のコンプライアンスを順守する姿勢をアピールするのがポイントです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

心理職の初の国家資格「公認心理師」とは?

スポンサーリンク 公認心理師とは? 心理学を専門としている資格として比較的知られているものとしては「臨床心理士」や「産業カウンセラー」が有名です。 ですが、これらの資格が民間資格であるということを知っ …

女性に役立つ資格:調剤薬局事務

調剤薬局事務の仕事は調剤薬局での事務作業、とくにレセプトといわれる薬剤費などを保険請求する際に必要な書類のチェックをはじめ、お薬の仕入れなどの管理等、調剤薬局全般を行う仕事です。 正確に言うと”調剤薬 …

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「樹木医」

日本の国土は、約7割を森林が占めています。この数字は世界的に見ても、トップレベルになっています。しかも南北に長くなっている日本列島は、気候的には、亜寒帯から亜熱帯までの広い範囲に属しています。 それだ …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:航空工場検査員

特に高い安全性が求められる乗り物と言えば航空機が真っ先に挙げられますが、その安全を守るために需要な役割を果たしているのが、航空工場検査員という仕事です。 人命を守るという大きなやりがいと責任感を感じら …

仕事に役立つ英語の資格:JTA公認翻訳専門職資格試験

近年、留学や旅行で海外に行く機会が増えており、英語を活かした仕事に興味を持っている方も多いかと思います。 そこで仕事に役立つ英語の資格として挙げられるのが「JTA公認翻訳専門職資格試験」です。

楽天モーションウィジェット