主婦にオススメの資格「介護福祉士」

夫の収入だけでは足りなくて、自分も働きたいと感じている主婦は多いと思います。

しかし長い間働いていないと、自分にできる仕事があるのか不安に感じてしまう人もいるのではないでしょうか。
その場合は、介護福祉士の資格を取得するのがオススメです。

介護福祉士は主婦に向いている点が多くあるのです。
そこで今回は、なぜ主婦に介護福祉士がおすすめなのかを説明します。

スポンサーリンク

主婦におススメ!介護福祉士

これからの社会に必要な人材

介護福祉士は、今後ニーズが高まっていくと予想されている国家資格です。
国家試験を受験するには、介護を学べる学校を卒業するか、3年以上の実務経験を積む必要があります。

主婦の場合、国家資格を取得するのは簡単ではないと感じるかもしれません。
しかし主婦であっても、工夫次第で取得することは可能です。

たとえば、いきなり取得を目指すのではなく、初任者向けの研修を受ける資格を取得して、実務の実績を積み重ねていく方法などが考えられます。

有資格者でなくても現場での労働は可能なので、資格の取得を目指しながら働き始めても良いでしょう。

しかし介護には、専門知識も求められるので、資格を取得して先に知識を身に付けておくのが理想です。

人材の需要

主婦が心配するのは、資格を取得しても簡単には採用してもらえない可能性ではないでしょうか。

しかし介護福祉士に関しては、採用してもらえない心配はあまり必要ありません。
介護の業界は、慢性的な人手不足です。

他の業界では資格があっても、未経験の場合は採用してもらえないことがよくあります。
しかし介護の業界は、人手不足を補うために未経験者であっても採用してもらいやすい傾向があるのです。

どのような業界であっても、経験者と比較すると未経験者は不利な点が多く見られます。
なぜなら未経験者の場合、一から指導を行わなければならないからです。

仕事を覚えるまでは戦力にならないことも珍しくありません。
その点、介護の仕事は実践しながら覚えていけるものが少なくありません。

そのため未経験であっても、仕事を通じて学んでいく熱意を感じさせることができれば、採用してもらえる可能性は大いにあります。

家事での経験が役立つことも

主婦がいつも担当している家事のノウハウは、介護の現場で役立つことが多いです。
食事を作ったり、部屋の清掃を行ったりする作業は、通常の家事と共通する部分が多くあります。

特に子育てをしたことがあれば、要介護者の世話をするときにスムーズに行えることが多いでしょう。

たとえばオムツに関する知識があるので、排泄物の処理に関して戸惑わずに済みます。
オムツには紙製と布製があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

要介護者の状況や現場の方針に応じて両者の使い分けを行うのが好ましいです。
たとえば通常は紙製を使用していても、経費を削減したいときは布製に切り替えることなどが考えられます。

逆に要介護者の睡眠時は、吸水性の良い紙製に変えるのも有効でしょう。子育ての経験があれば、そのようなことが簡単に分かるでしょう。

これまでの経験も活かせる

また主婦の場合、これまでパートの経験がある人も多いです。
パートの中には、介護の現場で活かせるものが多く存在します。

その経験があれば、採用される可能性が高くなる可能性もあります。

たとえばファミレスなどの接客業を行ったいたのなら、いろいろな年齢の人を相手にしていたでしょう。
その中に高齢者が多くいた場合、介護の現場でのコミュニケーションに活かせる可能性があります。

軽作業のパートは、マニュアルを順守して行うことが多いです。
介護の仕事もマニュアルや規則が多く存在します。

それらを正しく守って働ける人は、雇用側から見ると魅力的に感じられます。
軽作業の中でも力仕事の経験があれば、さらにプラスになる可能性が高いです。

介護の仕事では、力が必要なものが多くあるからです。
基本的に立ち仕事で、歩く距離も長いので体力がある人が好まれます。

運動選手のような身体能力はいりませんが、力や体力を使うパートの経験があれば心強く感じられるでしょう。

またパートリーダーを務めたことがある場合は、特に高い評価を得られると考えられます。
介護施設では、多数の介護福祉士が勤務しているので、自分以外にも気を配れる人が重宝するからです。

このように、パートの経験が豊富な主婦の場合、介護福祉士として活躍できる素養があるといえます。

最後に

最後に、介護福祉士が主婦におすすめの理由がもう一つあります。

それは社会貢献ができることです。

家庭にこもって、家事や育児に専念している場合、社会との繋がりが希薄になっていると感じることが多いでしょう。

介護の仕事を行うと、社会に大きく貢献できるので、いきがいを感じるようになる人が少なくありません。
家族に要介護者がいるために困っている人はたくさんいます。

要介護者のために退職したり、趣味を控えたりする人が多いのです。

介護福祉士の仕事は要介護者だけでなく、そういった人たちを助けることにもなります。
これまで家族に尽くしてきた主婦にとって、世界の広がりを感じられる職業といえます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

将来的に独立ができる国家資格「調理師」

国家試験にはいろいろな種類がありますが、それらの資格の中には、持っていなければ仕事をすることができないと言う種類の資格も存在しています。 将来的に、独立開業することができる種類の資格の多くは、そのよう …

医療事務検定試験の難易度と合格率は?

スポンサーリンク 医療事務の難易度と合格率 医療事務はそもそも暗記する必要の全くない資格です。 医療行為の内容を点数化してレセプトという表にまとめるというものが試験内容になります。 通信教育などでとる …

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「臨床心理士」

人の心は複雑で、時には心の乱れが健康に悪影響を与えることもあります。誰でも落ち込んだり悩んだりすることはありますが、それは一過性のものであり長く続くことはありません。 しかし、ストレスをうまく発散でき …

遺品整理士の資格と仕事内容は?

資格といっても千差万別ですが、比較的簡単に取得でき、仕事に役立てることができるものに遺品整理士があります。

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語検定」

仕事を引退すると、第二の人生を歩んでいかなくてはなりません。その時に、どんな人生を歩んでいくかを自問自答してみるといいでしょう。 ただ、毎日をなんとなく過ごすのがいいのか、それとも何か目標を持って過ご …

楽天モーションウィジェット