食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「菓子検定」

疲れた時に、お菓子を食べると心がホッとしますね。

みんなで一緒に食べると、美味しさがアップしたりと、お菓子は色々な可能性を秘めています。

スポンサーリンク

スウィーツ好きな人におススメ!

お菓子好きな人なら受けておきたい菓子検定

菓子検定は、「お菓子が好き」「お菓子について詳しくなりたい」という人にオススメの趣味の検定です。

お菓子の歴史、材料、作り方、作るときの道具などについて幅広く学ぶことができます。一般の人はもちろん、中にはプロのパティシエなども受験しているので、お菓子業界で働いている人に向いている資格と言えるでしょう。

スキルアップ資格としても、有効です。

菓子検定は、2級と3級があり、2級が全50問、3級が全80問で、どちらも択一マークシート方式で実施されます。出題範囲は、公式ブックの「菓子検定公式問題集&解説」の中から中心に出題されます。

問題だけではなく、解説まで出題範囲になっているので、答え合わせの時には、解説をよく読み込んでおいたほうがいいでしょう。

上級の2級から受けてもいいですが、下級の3級の出題範囲が出題される可能性があるので、3級・2級と順番に受けたほうがいいです。合格点は公表されていませんが、大体の目安は2級・3級とも7割が目安とされています。

合格すると履歴書などにも書くことができるので、お菓子業界や食品業界に進みたい人は、取っておくとアピール材料になるかもしれませんね。

「菓子検定公式問題集&解説」は、3級と2級それぞれ別のものが用意されています。全国の主要書店でも購入できますし、Webからでも購入ができます。

問題集を解いて、解説を確認すという作業を繰り返せば、合格は狙えるでしょう。

3級は一般のお菓子好きな人向け問題

菓子検定3級は、お菓子に興味を持つ人向けの問題になっています。身近なお菓子についての、基本的な知識が問われるので、普段からお菓子に興味をもって、よく食べているという人には取り組みやすいでしょう。

洋菓子に関する問題が80~90%、和菓子に関する問題が10~20%と、洋菓子の問題の割合が多くなっています。

洋菓子は、日本で親しまれている洋菓子だけではなく、西ヨーロッパと北アメリカの代表的なお菓子も出題されます。

例えば定番のお菓子である、プリン、クッキー、ショートケーキがどのようなものか、成り立ち、由来、使われている生地やクリームなどが出題されます。実際に作る試験はありませんが、作り方に関する基本知識と洋菓子の材料、よく使う器具の知識を身につけておく必要があります。

和菓子も、日本人に馴染みの深いお菓子の作り方や、材料について問題が出ます。例えば、おはぎ、ようかん、カステラ、柏餅、などの作り方や材料、由来などです。日本文化に関わってくるので、和菓子に関する行事やや節句などの周辺知識も出題されます。

米粉、葛粉、きな粉などの材料は、原料や種類についても問われます。和菓子作りに使う、基本的な器具や使い方も理解しておく必要があります。

和菓子の問題は少ないので、洋菓子中心に勉強すれば合格できる可能性もありますが、合格ラインが公表されていないので、洋菓子だけ勉強せずに、和菓子もちゃんと勉強しておきましょう。

マークシート方式なので、ある程度は勘で答えることもできますが、時間に余裕があれば、解説も読み込んで理解しておくのが良さそうですね。

2級は一般知識から専門知識まで問われる

2級は、お菓子好きなだけではなく、深い関心を持っている人や、家庭でよくお菓子を作る人、お菓子業界の人などが対象です。3級で出題されたような、一般的な問題も出題されますが、専門性が高い問題もあります。幅広く理解しておく必要があるでしょう。

洋菓子に関する問題が約80%、和菓子に関する問題が約20%です。そのほかに、栄養や衛生に関しても、初歩問題が数%出題されるのが3級と違います。

洋菓子の問題は、お菓子の本場フランスのお菓子を中心に、ヨーロッパの一般的なお菓子について出題されます。お菓子の構成や語源、由来、洋菓子づくりの基礎になっている、生地やクリームなどを実際のレシピと同じように、材料・分量・作り方の手順を答える問題も出題されます。

2級も3級と同様に、実技試験はありませんが、レシピを正確に頭の中で再現できるように、手順を覚えておく必要があります。他の基本的な製菓材料の歴史と、その働きなども問われます。

和菓子では、専門的なお菓子について問われます。例えば饅頭、上生菓子、餅菓子、団子などについて、作り方・材料・由来などが出ます。お菓子の起源、過程、歴史や、和菓子に使われている材料の特徴について答える問題もあります。

地域性のあるお菓子や、日本茶なども少しだけ出題されるようです。

実際に作るわけではなく、あくまでも洋菓子と和菓子の知識について問われるだけですが、2級だとレシピも覚えておく必要があるので、普段から作っている人ではないと難しいかもしれませんね。

菓子検定の資格を取得しておくと、趣味の資格としてアピールできたり、仕事に活かせる資格として使える可能性もあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

学生の時にとっておきたい資格:DELF(フランス語学力資格試験)

DELF(デルフ・フランス語学力資格試験)という資格の名称自体を聞いたことがない、という方も多いかと思います。 これはフランス国民教育省が唯一認定している公式フランス語資格の一種です。

医療系の資格:診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務での仕事は、診療報酬制度で規定されている点数を間違いなく選び、計算する能力が必要とされます。 その能力を公的に示すことができるのが、診療報酬請求事務能力認定試験です。

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「語彙・読解力検定」

会話をする際に理解力があると、会話がスムーズになり、コミュニケーションも潤滑になります。では、理解力をどのようにつけるかですが、そもそも言葉を知ることが大事であり、語彙力を身につけることが求められます …

美容やファッションに関わる資格:ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定は、ファッション性はもちろん、カラーコーディネーターやビジネスをしていく上で欠かせない経営学を学べます。 更に美容等の分野も網羅しているカリキュラムで、幅広く様々な知識を得 …

学校事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

いくつか種類のある中でも、ちょっと地味だけど、堅実なイメージのある学校事務。 学生の時に事務室に人がいたけど、あんまり接した覚えのない方も、多いのではないでしょうか。 そんな学校事務に就くために、おす …

楽天モーションウィジェット