食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「家庭料理技能検定」

外食が中心となる現代において、そればかりに頼ることは健全な食文化を築く意味合い、何より健康面にとってはあまりプラスとはなりません。

バランスよく食べるには、家庭における料理というものが非常に大事になります。

その一方、どのレベルにまで上げればいいのかというのは、家庭料理において、なかなか示すことができないのも事実です。こうしたことから、家庭料理に関する技能を見るために存在するのが、家庭料理技能検定です。

スポンサーリンク

食の基本は家庭から

家庭料理に関する技能を見る資格

家庭料理技能検定は、昭和38年、香川栄養学園が女子栄養大学調理技術検定としてスタートし、当初は初級のみを実施しました。

その後、中級や上級をスタートさせ、昭和62年に今の名称に改名すると、段々と規模を拡大させていき、現在では1級から5級まで、6段階の中から選ぶことができます。

1次試験では、食事の役割を理解する5級から、課題に応じた献立料理を作ることができる1級まで、かなり幅広い知識が筆記試験として問われます。

1級では、食事の歴史やマナー、和風、洋風、中華の調理上の特徴、指定された料理の作り方など、家庭料理とはあまり関係なさそうな知識が問われるのに対し、5級は小学生を対象にしていることもあり、食事の役割やマナー、調理器具、初歩的な料理のやり方などが問われます。

小学生レベルの5級と、中学生レベルの4級は、この1次試験のみで決まります。3級より上は2次試験があり、3級は皮むき、輪切り、千切りといったことやダシの取り方などが、2級では魚の三枚おろしなど調理に関する試験が行われ、1級は指定された材料、調理法による献立料理となっています。

履歴書に記載できる家庭料理技能検定

最近、色々な検定が登場し、検定に関する信憑性が問われ、履歴書に書いてもいい検定なのかと、戸惑うケースも見られます。

家庭料理技能検定には、履歴書に書いてもいい資格という認識が広まっています。これは文部科学省が後援しており、確かな検定であるというお墨付きを与えています。

他にも、農水省や厚労省も後援をしており、複数の省庁がお墨付きを与えていることからも、家庭料理技能検定がちゃんとした資格であることが明らかです。

履歴書に記載し、強みを発揮するケースとしては、食品関係の仕事をする場合です。

例えばフードコーディネーターの場合、家庭料理技能検定の資格があるだけで信用が増し、家庭料理に関する知識があり、調理の技術もあることが明らかになります。

家庭科教師も同じであり、指導をする際にも的確に指導することができるようになります。また栄養士の資格を今後検討する場合でも、家庭料理技能検定はいわゆる試金石となるのは間違いありません。

小学生にとって家庭料理技能検定を受けるメリットは、食への関心があります。

最近は、冷凍食品などが発達しており、電子レンジで済ますことができるケースが多くなっており、ダシをとることや、料理に時間をかけることに慣れておらず、その過程すら全く分かっていない子供も多くいます。

家庭料理技能検定を通じて、どのような過程で料理をいただくことができるのかがわかるだけでなく、毎日のように料理を作ってくれる母親、もしくは父親への感謝の気持ちを持つことができ、一緒に料理を手伝うといった行動に走らせるということも考えられます。

家庭料理技能検定を受けるメリット

家庭料理技能検定は、小学生や中学生だけでなく、社会人、60歳以上の人も受ける幅広い検定になっています。

社会人が家庭料理技能検定を受けるメリットとして、調理技術の習得という面のほかに、料理に関する知識というものが身に付くことが挙げられます。

例えば、料理人などは調理技術はすでにあるものの、知識があるかどうかはよくわからない部分があります。仕事の過程で知ることはあっても、あくまで中華料理であえば中華料理、日本料理であれば日本料理と、専門分野の知識はあっても、それ以外の知識があるとは言い切れないのが実情です。

もし、それらの知識があるとなれば、中華料理の技術を日本料理に応用するといったことも可能になります。

最初は知識を仕入れるだけであったとしっても、他の料理への興味が増し、さらなる技量の向上につながることが考えられます。

60歳以上の人は、料理を趣味として捉え、様々な料理を作っていくことになります。すると、楽しみが増え、生きるがいにつながります。

また、家庭料理技能検定の1級を取得すれば、料理教室を開くことのできるレベルに達するため、料理教室をやりたい人が家庭料理技能検定の1級を目指すケースも考えられます。

1級を目指す場合、準1級の取得が条件となるため、すでに準1級以上の技術がある人が、さらにその上を狙うことになります。

時間制限などもあり、そう簡単に取得するのは大変ですが、与えられた食材、調理法で調理し、合格すればかなりの自信になります。

花嫁修業としても家庭料理技能検定を受けることは意味があり、好きな人にこの資格をアピールすることも1つの手です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 公的資格
-,

関連記事

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車検査員

日本では道路運送車両法と呼ばれる法律によって、保安基準をクリアしていない自動車は公道上を走行することができないルールになっています。 この基準の適合性をひとつひとつ確認しているのは自動車検査員と呼ばれ …

趣味で取れる実用的な資格:ことわざ検定

諺は日本の古い時代から言い伝えられてきたもので、私たちが生きていくうえで大切な知識や教訓などを短い文章にしたものです。 このような日本の伝統や文化、歴史などについて学習することは素晴らしいことです。 …

将来的に独立ができる国家資格:公認会計士

一時期は就職氷河期と呼ばれるほど公認会計士の就職状況が悪かったのですが、業務の幅の拡大や財務会計など専門知識の重要性などから、現在では人手不足に変わって売り手市場になっています。 そのため、公認会計士 …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:はり師・きゅう師

西洋医学の発達はめざましいですが、それに対して東洋医学の効能も注目されています。 そのため、最近では鍼(はり)や灸(きゅう)を受けられる施設も増えています。 東洋に古くから伝わっているのが鍼や灸で、は …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「介護検定」

今や超高齢社会となった日本。 福祉職も、非常に需要が高いです。高齢者を支えるために積極的に何か出来ることがしたいという場合や、家庭で突然介護できる力が必要になった場合、また今は必要ないけれど、将来は必 …

楽天モーションウィジェット