専門職には欠かせない!技術系の資格「火薬類保安責任者」

火薬類保安責任者は、火薬を安全に製造して保安、管理するための正しい知識と技能を持っている火薬のスペシャリストです。

国家資格で、火薬を使う現場では必ず配置する必要があるので、資格を持っていると就職や転職、給料アップなどに有利に働く可能性があります。

スポンサーリンク

火薬のスペシャリストとして働ける資格

火薬は、大きな火の力で人間には真似できないようなパワーを発揮して、工事などを助けてくれますが、少しでも間違った扱い方をしてしまうと、大変な被害になってしまいます。

危険性の高いものを扱うには、専門の知識と技術が求められるため、それを扱えるエキスパートを用意するためにできたのが、火薬類保安責任者です。

危険性の高い火薬や爆薬に関する専門知識を使って、火薬類を安全に製造して取り扱う仕事です。火薬類保安責任者には、火薬類製造保安責任者と、火薬類取扱保安責任者の2つに分けられます。

火薬類を製造するところには、火薬類製造保安責任者、火薬類を使用するところには、火薬類取扱保安責任者を配置することが法律で定められています。例えば、建設工事やトンネル工事の現場、鉱物資源などの発掘現場での発破作業、鉄工所などで、火薬の扱いを管理するのが、火薬類取扱保安責任者の仕事です。

火薬類保安責任者の資格試験は、特別な受験資格はなく、誰でも受けることができますが、免状の交付は18歳以上からです。資格を取得している人のほとんどは、会社に入社してから資格取得を目指します。

また、個人の商店や問屋でも火薬を取り扱うことはありますから、そういう時に資格を持っていれば、人員配置に困らずに済む可能性もあります。

火薬類保安責任者の資格試験を受ける方法

火薬類保安責任者の資格試験は、火薬類製造保安責任者と火薬類取扱保安責任者で、それぞれ内容が異なります。

製造保安責任者の方は、甲種、乙種、丙種の3つに分かれていて、扱える火薬の種類や量が違うのが特徴です。甲種や乙種の試験は、法令、製造工場保安管理技術、製造方法、火薬類性能試験方法、機械工学と電気工学、一般教養の6科目に分かれています。

丙種の試験は法令、製造、工場保安管理技術、火薬類性能試験方法、一般教養の5科目です。どの種の試験も、未経験から受験することが可能ですが、免状の交付は18歳以上です。

火薬類取扱保安責任者は、扱える火薬や爆薬の量によって、甲種と乙種の2つに分けられています。試験は甲種、乙種とも火薬類取締に関する法令、一般化薬学の2科目のみです。火薬類、火工品、発破に関する知識問題が出題されます。

火薬類取扱保安責任者の資格は、火薬類製造保安責任者の甲種か乙種の資格を取得していれば、申請すれば無試験で資格がもらえます。ただし、免状交付は18歳以上が条件です。

一番合格率が高いのは丙種ですが、これでも合格率は50%を下回っているので、しっかりと勉強しておくことが必要でしょう。合格となる基準点は特別難しくないので、独学か通信講座、スクールなどでしっかりとテキスト使って勉強していくことが大切です。

過去問からそのまま出るわけではありませんが、全国火薬類保安協会が出している過去問集に目を通しておくと、どんな問題が出るのか傾向がつかめるでしょう。受験者向けの講習会に参加して、情報収集しておくのも役立ちます。

火薬を有効活用したい人に最適な資格

火薬が日本に伝わったのは1543年で、その後1866年にはダイナマイトが発明されて、爆薬が大量生産されました。今でもダイナマイトは世界中で使われて、発破作業の時に活躍しています。

火薬類保安責任者は、大きな力と危険を持っている火薬を取り扱う責任重大な仕事です。危険なものを扱う仕事は、どこかでは必ず必要とされているので、必ず仕事があります。

特に火薬類保安責任者は、火薬や爆薬を扱う現場では必ず配置が必要と法律で定められている職業なので、仕事がなくなることはないでしょう。資格を取得している人の傾向では、建築や土木関係、鉄工所、粉砕会社などの責任が重い立場の人が多いです。

火薬類保安責任者の年収は500万円と、危険な割には破格なわけではありませんが、設置義務が必要なところが多いので、スペシャリストとして活躍できる職場が多いのがメリットです。専門性が高いので、将来性も高いでしょう。

職場としては、火薬販売店や建設現場、採石場、地質調査業、金属加工などがあります。また、工業用ダイヤモンドの加工に爆薬が使われることもあり、様々なシーンで求められています。

火薬類は正しく取り扱えば、様々な生産の貢献してくれる有益なツールです。何かトラブルがあると、危険性ばかり取り沙汰にされてしまいますが、そうならないように火薬類保安責任者が責任を持って管理して、火薬類を有効に取り扱っていくことが産業の発展には欠かせません。

火薬や爆薬の成分や、それを活かした技術について興味がある人は、火薬類保安責任者の資格取得を目指してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

就活で持っていたい資格「公認会計士」のアピールできるポイント

公認会計士とは、企業の経営者が作成した財務諸表をチェックし、それを利用する様々な利害関係者に向けて、自分が調査した結果を意見として表明することによって、財務諸表の適正性を保証することを独占業務とする職 …

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「樹木医」

日本の国土は、約7割を森林が占めています。この数字は世界的に見ても、トップレベルになっています。しかも南北に長くなっている日本列島は、気候的には、亜寒帯から亜熱帯までの広い範囲に属しています。 それだ …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「諺能力検定試験・ことわざ検定」

ことわざは、日本の代表的な文化の一つです。 昔の人たちの知恵や、教訓が盛り込まれた日本語であり、小学校の学校教育などで学ぶ機会も少なくありません。

医療事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

日本のみならず、多くの先進国で高齢化が進む昨今において、医療事務への需要は大きく高まっています。 一口に医療といっても、実際に患者さんに携わる業務もあれば、お金に関する手続きを行う業務もあります。 自 …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ビジネス心理検定」

マネジメントやマーケティング心理のノウハウを、実務に応用できるレベルにまで持っていくのが、ビジネス心理検定の目的です。 プロフェッショナルのための検定試験で、ビジネスのシーンでの社員や、顧客の心理に興 …

楽天モーションウィジェット