仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「経営学検定」

経営について学ぶといっても、大学生のように経営学を学ぶ人もいれば、ビジネスとして経営を考える人もいます。

一方、マネジメントという意味合いでは、管理職や組織のトップに立つ人にとっても、重要な要素であることは明らかです。

これを学ぶには、現場で学ぶということも大事ですが、現場で学ぶ前に、知識として経営に関することを知り、それから学ぶということでも決して遅くはありません。

スポンサーリンク

経営についての認識を深めるには最適の資格

経営学検定とは

経営についての認識を深めるのに、最適なのが経営学検定です。経営学検定は、経営に関する基本的な知識だけでなく、専門的なもの、管理能力やミッションをクリアする力、問題を解決する力などを見ていくものとなっています。

経営学検定は、3段階あり、初級、中級、上級の3つとなっています。初級は、学生や会社に入って間もない若手社員が中心に受け、中級は経営やマネジメントに関する総合的な知識となるため、中堅社員や中間管理職が受検し、上級はビジネスとしてのレベルアップ、戦略を決めていくために、幹部や組織のトップなどが受検するという目安ができています。

中級までは、マークシート形式になっているのに対し、上級は1次試験、2次試験とあります。1次試験では、ケーススタディとして記述式の問題があり、2次試験では自宅でレポートの作成を行い、そのレポートのプレゼンテーションや、グループディスカッションを行います。

受験料も、初級や中級は数千円だったのに対し、上級は、1次試験と2次試験で4万円近くかかるなど、明らかに中級と上級で差がみられるなど、上級がどれだけのレベルか、こうしたことからもわかるようになっています。

初級、中級、上級別の問題傾向とは

経営学検定初級の問題は、語句の説明に関するものが多く出てきます。例えば、敵対的買収に関する語句の問題では、4つの言葉が登場し、その中で正しい用法、正しい記述はどれかを選ぶという問題が出題されます。

おもに、言葉に関する知識が問われることになるため、参考書なので経営学検定に出てきそうな語句をチェックし、記憶しておけば確実に正解を稼いでいくことができます。

一方中級は、語句の説明より段階が上がり、法律に関連する出題や、とあるものに関する説明などが出題されます。一見すれば、初級と変わりなさそうに見えますが、1つの答えに対する記述が長く、どこかで間違っているのではないかと思わせるほどです。

確かな知識がなければ迷いが生じることから、中級は一夜漬けの知識では到底乗り越えることができないような、レベルになっています。

上級ですが、とあるケースが紹介され、具体的なデータを提示された後で、進むべき戦略として、どのようなものがあるのか、その戦略を経営理念などを交えて書くという、実践的な問題となっており、トップでなければなかなか思いつかないような問題になっています。

どのような戦略があるか、なぜそれを選んだのか、根拠は何かなどをまとめることになります。そのまとめ方も難しく、長々と書いても厳しいことになります。

また、上級の2次試験では、小論文のようなものが出題され、それをまとめ、プレゼンを行うなどするため、事前の準備が結構大変です。

初級や中級のように、知識を蓄えるだけでは乗り越えることが難しいということが明らかであり、求められるものが違います。

国家試験を目指す人にもおすすめの資格

経営学検定はまだ認知度がそれほど高くなく、受検する人は限られています。初級だけでも1000人程度しか受けておらず、中級は500人程度、上級に至っては数十人程度しか受けておらず、まだまだこれからの資格であることがわかります。

大学によっては、この資格を取ることで単位として認定するケース、資格を取らなければ単位が与えられないケース、企業によってはこの資格があることで、幹部候補生になっていくケースもあり、プラスに働くのは確実です。

一方、国家試験を目指す人にとっても、経営学検定はプラスがたくさんあります。中小企業診断士のような資格試験では、経営学検定と同じような問題が出題されることがあります。

経営学検定をステップアップに使い、中小企業診断士の勉強に役立てていくこともできます。一方、弁護士や司法書士、行政書士、税理士などの職業の人も、経営学検定を取得することで、ビジネスに役立てていくこともできます。

学生や経営者だけが目指す資格ということではなく、仕事の幅を広げたい弁護士などにも有効です。

上級は、MBAレベルの知識が求められており、そう簡単に取得することのできないような、高いレベルのものとなっています。これを取得することは、それだけのレベルにあるということを意味しており、仮に若手社員が合格したとなればかなりの有望株です。

企業の中には、社員に受けさせるところもあり、新たな人材を発掘する意味合いにも経営学検定は使われています。

様々な用途、思惑に利用でき、次の時代を作るビジネスマンが、経営学検定をきっかけに登場することも考えられます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

地球環境を守る資格:検査分析士

検査分析士は分析機器を活用して、様々な物の成分を分析する技術を有する方が持つことのできる資格です。 人々の生活においては食品、製品、健康、環境など分析する必要性の高い要素がたくさんあります。 安全な生 …

専門職には欠かせない!技術系の資格「火薬類保安責任者」

火薬類保安責任者は、火薬を安全に製造して保安、管理するための正しい知識と技能を持っている火薬のスペシャリストです。 国家資格で、火薬を使う現場では必ず配置する必要があるので、資格を持っていると就職や転 …

スペイン語を通して学ぶ文化と歴史

グローバル化が叫ばれている現代において、日本語だけ話せればいいと考えてしまうのはもったいないことです。 複数の言語を話すことができる人は、それだけ世界を広げることができます。 語学というのは、人間同士 …

美容やファッションに関わる資格:カラーコーディネーター検定試験

色は人の生活に密接に関わっています。 その色が与える心理的効果や組み合わせなどを学べる資格が、カラーコーディネーター検定試験です。

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「簿記能力検定」

会社などの組織では、お金の出入りを管理する経理部門が用意されています。 経理部門は、組織にとって重要な存在です。仕事の多くは収支に関わることで、仕入れた商品の仕入先や価格を帳簿に記帳したり、原価計算や …

楽天モーションウィジェット