会社にとって欠かせない存在!経理の資格「計算実務能力検定」

会社の業務の中には、複雑な計算を要するものが多いです。特に、経理や財務関係の部門では、専門的な計算のスキルが必要になります。

計算といっても、学校で習うような単純なものではありません。もちろん基本的な四則計算もありますが、それらを基盤とした、経理の計算がメインとなります。

スポンサーリンク

経理は会社の要!計算に強くなる

企業の経理では計算の能力が重要!

特に専門的な知識が必要なのは、帳簿の計算です。売上帳や出納帳など、経理ではさまざまな帳簿を使用することになります。それらの計算方法に関するルールを把握していないと、経理の実務に大きな支障が出てしまうでしょう。

その他にも、利息や年金に関する計算など、さまざまな計算が実務には存在します。そう言われると、理系のような計算力が必要と感じる人もいるかもしれません。

しかしクリエイティブな要素は少なく、それらは文系であっても、十分可能です。基本的には、計算のルールを覚えて、その通りに行えば良いからです。

多くの場合は、そのような知識は就職してから身に付けることになります。しかし就職前に、ある程度の知識を身に付けておくと、就職してから仕事をしやすくなるでしょう。

勉強する際には、目的を決めるのがポイントです。実務で行う計算の種類は非常に多いので、漠然と勉強していても、成果が分かりにくいからです。自分の実力が、どれぐらい通用するのか判断できないのではないでしょうか。

そのような場合は、資格の取得を目標にすると、自分の勉強の進捗が分かりやすくなります。

企業の実務に関する資格は、複数あるので選択が重要です。実務における計算を重視するなら、計算実務能力検定という資格が良いでしょう。

計算実務能力検定では何が問われるの?

計算実務能力検定は、筆記試験のスタイルで、1級から3級までの難易度があります。帳簿計算や商業計算の問題が多数出題されるので、幅広い計算力が求められます。まさに経理の仕事に携わるための、能力をチェックする試験といえるでしょう。

この試験の特徴は、受験に必要な条件が定められていないことです。つまり、何級からでも挑戦することが可能なのです。

自分に合っている級を見極めて、受験することがポイントといえます。

たとえば、仕訳帳や総勘定元帳などの帳簿計算を行える程度であれば、3級を受けると良いです。3級であれば商業計算も、利息など比較的容易なものしか出題されません。

もう少し知識があり、残高の試算表などにも精通しているなら、2級にチャレンジにするのがおすすめです。2級の商業計算の問題では、手形の割引なども出題されます。

最も難易度が高い1級に合格するには、固定資産に関する計算能力なども必要です。製造の原価や利益の処分なども、出題範囲に入っています。

試験時間は、どの級も50分と短いので、集中して問題を解いていく必要があります。

計算実務能力検定は、全国の専門学校で行われるので、受験する場所で悩むことはないでしょう。

非常に歴史がある資格であり、所有している経理の担当者は多いです。受験の申込は、インターネットで手軽に行えます。また会場である専門学校によって異なりますが、直接申し込めるところもあります。

合格発表が行われるのは、試験が実施されてから7日以内です。

全国経理学校協会が主催しているので、不明な点があれば連絡すると良いでしょう。

合格するためのコツは?気を付けるべきポイント!

受験対策を行わないと、計算実務能力検定で、良い結果を収めるのは難しいです。簿記の試験と混同する人が多いですが、計算実務能力検定は、計算に特化した試験です。それを理解していないと、効率的に勉強できない可能性があります。

しかし簿記の試験と類似している内容も出題されるので、両方の資格を目指す人も少なくありません。経理のプロフェッショナルになるための足掛かりとして、ちょうど良い資格といえるでしょう。

学生であっても受験できるので、就職対策として考えても良いです。ただし就職で有利になるには、少なくとも2級以上を取得しておくのが望ましいです。

1級は流石に難関ですが、2級であれば計画的な学習により、十分合格できます。

本番のコツは、とにかく迅速に解いていくことです。分かりにくい問題があるなら、パスすることも考えましょう。正解できそうな問題を、正確に解くことが重要です。

また本番で意外と合否の分かれ目になるのが、計算機の使い方です。計算機の操作に手間取って、時間をロスすることを避けなければなりません。

企業で働く経理の達人は、計算機を使用するスピードが非常に速いです。日頃から計算機を使用するときは、スピードを気にしましょう。スピードだけでなく、正確性も重要です。

得点のアップには、計算機の打ち間違いによる、ケアレスミスを防ぐことが欠かせません。できるだけ多くの過去問に挑戦して、本番と同じイメージで解くようにしてください。

出題の傾向を掴んでおくことも、非常に大切な試験対策といえます。

計算に時間がかかる問題を見極める力を、養っておくのも良い作戦です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

クリエイティブなセンスを活かす!ゲームに関する資格「CGアニメーター」

CGアニメーターは、ゲームの分野などでよく耳にする職業です。 コンピュータグラフィックスを駆使して、キャラクターやオブジェクトなどに動きを与え、表現の幅を持たせたり、臨場感を高めたりするのが主な役割と …

公務員になるための試験:海上保安学校

海の平和を守る海上保安官になるためには、海上保安学校へ入学して学ぶ必要があります。 海上保安大学校は幹部職員を、海上保安学校は一般職員を目指す場所となります。

外国語を学ぶ資格:ドイツ語技能検定試験(独検)

日本国内に住んでいると日本語がとても便利ですので、外国語を学ぶ機会がほとんどなかったり、学校で英語を学んだとしても、あまり使う機会がないまま学習したことを忘れてしまいがちです。 外国語が苦手な日本人だ …

豊かな知識が身につく!世界遺産検定とは?

世の中には数多くの資格や検定がありますが、就職や仕事のスキルアップに直結するようなものから、趣味として知識の幅を広げるものまで様々です。 その中の1つに「世界遺産検定」があります。 旅行業界の方は役立 …

学生の時にとっておきたい資格:宅地建物取引士

将来役立てることができる可能性の高い宅地建物取引士試験にチャレンジし、自分の将来に備えていくという事を考えてみましょう。

楽天モーションウィジェット