専門職には欠かせない!技術系の資格「危険物取扱者」

「危険物取扱者」は、技術系や研究開発の仕事をする人に必須の資格のひとつです。これは、消防法に基づく国家資格です。

消防法で定義される「危険物」とは、火災や爆発を起こす危険性を持つ物質をさします。具体的には、常温常圧で液体または固体の危険物のことで、6種類に分類されています。

スポンサーリンク

技術者・研究者に必須の「危険物取扱者」とは

危険物取扱者の免状を持つ人は、危険物を取り扱う際や、資格を持たない人が危険物を取り扱う際に立ち合うことができます。一定量以上の危険物を保管する際は、保管施設の管理責任者を設置することが求められますが、この役割を担う際もこの資格が必要です。

危険物取扱者は、甲種・乙種(1類~6類まで6種類)・丙種があり、それぞれで取り扱うことができる範囲が違います。

消防法では危険物の分類として、第1類(酸化性固体)、第2類可燃性固体、第3類自然発火性物質及び禁水性物質、第4類(引火性液体)、第5類(自己反応性物質)、第6類(酸化性液体)に分けられます。

全ての種類の危険物の取り扱いや、管理責任者になることができるのは甲種で、第1類~6類の限定された種類にのみ、取り扱いや管理責任者になる事ができるのが乙種です。

丙種は、一部の第4類危険物の取り扱いのみが可能です。ちなみに灯油やガソリンなどの石油類は、第4類危険物なので、ガソリンスタンドや灯油販売などの仕事に就くためには、乙4類または丙種取得が求められます。

セルフ式スタンドで仕事をする際は、資格を持たない人が給油する際に監視を行う必要があるので、乙4類または甲種資格が必要です。

技術者や研究者として仕事をする際は、全種類の危険物の取り扱いができて、危険物管理責任者になれる甲種を取得する必要があります。甲種にのみ受験資格が定められていますが、理系の大学で化学や物理を学んだ人であれば、受験資格を有しています。

危険物取扱者資格の取得方法と受験資格・難易度とは

危険物取扱者資格は、甲種・乙種・丙種の3種類に分かれており、それぞれで試験の難易度が異なります。いずれもマーク式の筆記試験に合格すれば、免状が交付されます。

この中で一番簡単なのが丙種で、一部の職業科の高校では生徒全員に受験させる学校もあります。受験者数・合格者数が一番多いのが乙種で、第1類~第6類全体で毎年約10万人が試験に合格しています。

最も難易度が高いのが、甲種です。甲種には受験資格が定められており、一定の学歴を満たしているか、乙種の免状を交付されて実務経験、または複数の乙種の資格を持つ人でなければ受験ができません。

甲種の試験を受験するために必要な学歴の要件ですが、大学や大学院で物理や化学に関する科目を15単位以上履修すること、大学・短大・専門学校・高等専門学校・その他の高等・中等教育機関で、化学を専門とする課程を卒業していることの、いずれかです。

乙種の免状を取得して、甲種の試験を受験する場合は、第3類と第5類の取得が必須で、さらに第1類または第6類、第2類または第4類のいずれか2種類(合計4種類)の免状を有していることが求められます。

4種類以上の乙種を取得すれば、学校で化学についての専門的な教育を受けていない人でも、甲種の試験が受験できます。

各試験の合格率ですが、一番簡単な丙種は約5割です。乙種は人気が高い第4類のみ約3割が、その他は約6割の人が試験に合格しています。ガソリンスタンドで仕事をするためには、乙4類の取得が必須なため、受験者数と合格者数が最多です。

最も難易度が高い甲種の合格率は、約3割です。甲種受験者の大半は化学についての専門的な知識を持つ人なので、ほぼ同じ合格率の乙4類よりも、難易度がかなり高いです。

甲種受験者の多くは、化学系の大学生や大学院生、技術系や研究関係の仕事をする人で、毎年約5千人が合格しています。

危険物取扱者試験に合格するための勉強方法と資格取得のメリット

甲種危険物取扱者は、技術系・研究系の仕事に必須の資格です。技術系の仕事に就いている人であれば、化学系の学校を卒業している人がほとんどなので、甲種の受験資格を満たしています。

受験者の大半は、書店で市販されている参考書や問題集を活用して勉強します。早い人であれば、3ヶ月くらい勉強して甲種の試験に合格できます。試験の合格率は3割なので、合格者のほとんどは2回目または3回目の受験で合格しています。

書店で参考書を購入して、独学で勉強することも可能ですが、もっと効率的に勉強する方法があります。

(財)全国危険物安全協会が主催する、危険物取扱者試験準備講習会に参加することができます。講習会は3日間実施され、甲種の講習会であれば、受講費用は約2万円(教材費込み)です。

準備講習会に参加した人に限ると、甲種試験の合格率は7割~8割なので、ほとんどの人が1発で試験に合格できます。講習会は、試験の約3ヶ月前に実施されるので、3日にわたる講習会を終えてから試験当日まで、毎日問題集を利用して勉強すると良いでしょう。

一般的に、“危険物取扱者はガソリンスタンドで仕事をするために必要な資格”と思われていますが、技術系の現場のほとんどで甲種危険物取扱者が必要とされています。

自動車業界やエネルギー業界以外でも、印刷業(油性インク)、材料系・石油化学系などの製造・加工現場、食品加工(食用油を取り扱うため)、研究開発(危険物に指定されている薬品)、運輸業(給油作業)、建設業など、多くの業界で甲種危険物取扱者が求められています。

有資格者に対して、資格手当を支給する会社もたくさんあります。業務以外にも、キャンプやツーリングで自動車に燃料を給油する際も、危険物取扱者の免状が役立ちます。

給油以外に、予備や発電機のためのガソリンを購入する際も、危険物の資格があれば便利です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

女性に役立つ資格:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

資格を持っているということが就職を有利にするということが少なからずあります。 このような効果を期待することができるケースとしては、持っている資格がこれからしようとしている仕事で必要とされているスキルで …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「貿易実務検定」

貿易実務検定とは、日本貿易実務検定協会が実施している検定試験のことをいいます。貿易実務検定は、貿易実務に関する能力や知識を、客観的に測定することができる民間の資格です。 主催者である、日本貿易実務検定 …

就活で持っていたい資格「TOEIC」のアピールできるポイント

TOEICは、就活の時に役立つ資格の一つです。 TOEICで高いスコアを取るのは、ハードルが高そうですよね。最初から、ハイスコアを取る必要はありません。600点以上取れれば、十分です。 特に大学生が就 …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「手話技能検定」

手話技能検定とは、特定非営利活動法人として運営されている、手話技能検定協会が認定している資格で、手話のスキルレベルを評価するために利用されています。 そのため、手話を勉強している人は勿論ですが、すでに …

地球環境を守る資格:樹木医

人や動物が病気になったりけがをしたりするように、樹木も具合が悪くなることがあります。 元気だったはずの木が、いつの間にか枯れてしまいそうになる時もあります。 庭の木を病院に連れて行くことはできません。 …

楽天モーションウィジェット