当たり前をきちんと知る!日本語の資格「諺能力検定試験・ことわざ検定」

ことわざは、日本の代表的な文化の一つです。

昔の人たちの知恵や、教訓が盛り込まれた日本語であり、小学校の学校教育などで学ぶ機会も少なくありません。

スポンサーリンク

先人の言葉から、学ぶ!

ことわざは日本人にとって非常に大切!

しかし、ことわざを何のために覚えるのか、分からない人もいるでしょう。ことわざを使用するシーンを思い浮かべてください。自分の思考や行動を鑑みたときに、当てはまることわざを探すケースが多いのではないでしょうか。

その場合は、自分のとった行動の評価の指針として利用していることになります。

また、これから取る行動の判断基準の参考にすることもあるでしょう。たとえば、これまで2回失敗している人が、3回目のチャレンジを控えるパターンなどが考えられます。

会社が気に入らなくて辞めたくても、3年は頑張ってみようと考える人もいるでしょう。このように、自分自身に行動を認めさせるために、使用するケースが非常に多いといえます。

しかし、ことわざには反対の意味を持つものも少なくありません。効率よく行動することを勧めるものもあれば、遠回りを推奨するものもあります。

そのため、ことわざに詳しいほど、混乱してしまうこともあるでしょう。

実はそのような事態は、ことわざについて正確に知っていると把握しやすくなります。表面的な意味だけでなく、成り立ちまで把握していることが、大切なのです。

本当の意味を知ることができるので、指針や教訓として、適切に使用できるようになります。特に他者との会話の中で、使用したいのであれば、意味を正確に把握しておきましょう。

その目安として、諺能力検定試験・ことわざ検定を利用するのがおすすめです。

諺能力検定試験・ことわざ検定はどのような資格試験?

諺能力検定試験・ことわざ検定は、どのような資格試験なのでしょうか。

その名のとおり、ことわざが中心ですが、慣用句や熟語などの日本語についての知識を問われます。どれぐらいの知識や、スキルがあるのかを評価するための検定と考えてください。

ことわざは時代をこえて、先人たちの知識が集約されたものといえます。生きていくための道具として、重視されるようになり、就職試験などでも問われることが多いです。

また単純に面白いと感じて、趣味として覚えるための学習をしている人も多くいます。どのようなケースであっても、諺能力検定試験・ことわざ検定を有効に活用すると良いでしょう。

諺能力検定試験・ことわざ検定は、資格試験として大きな特徴があります。それは、級が非常に細分化されていることです。10級から1級まで分かれているため、結果を見ると自分のレベルを正確に把握することが可能です。

たとえば10級であれば、小学年の低学年のレベルであっても、合格できることがあります。日本語の歴史などに、興味を持つきっかけになることも多いでしょう。

一方で1級のレベルは、非常に難しいので、簡単には合格できません。言語の専門家でないと知らないようなことも、出題されます。

このように、レベルが段階的に分かれているので、受験の計画や目標を立てやすいメリットがあります。

受験勉強の方法は、人によって異なります。市販の参考書を利用してもよいですが、諺能力検定試験・ことわざ検定を主催する協会から、発売されている参考書を利用するのが無難です。

回答は記述の形式で、受験資格に制限はありません。

資格を取得することの意味を知りたい!

資格を取得しても、それが就職などに直結することはないかもしれません。ライターや塾の講師になるのであれば、評価されることもあります。

しかし、そのような目的で取得するのであれば、低い級を取得しても効果は薄いと考えられます。なるべく、準2級以上の取得を目指した方が良いでしょう。

なぜなら、準2級より低い級は、高校までのレベルを想定しているからです。就職に活かすことを考えるなら、大学以上のレベルを想定する、準2級以上を目指した方が良いのは、当然といえるでしょう。

しかし、やはり就職のためだけに取得するのは、勿体ないです。

諺能力検定試験・ことわざ検定は、実用性を見出す資格ではなく、日本人として持っておきたい資格の一つといえます。

しかし学生であるなら、取得することでメリットを得られることもあります。学校の入学試験を受ける際に、学力を判断する材料として使用されることがあるからです。

少しでも受験を有利にしたいなら、事前に取得をしておくのも1つの手といえるでしょう。また国語はどのような学校でも、受験教科に入っていることが多いです。

そのため、諺能力検定試験・ことわざ検定の受験勉強をすることが、学校の受験勉強に繋がると考えることも可能です。読解などで点数を稼げない人の場合は、特に大きな得点源として期待できるでしょう。

さらに、学生生活を送るうえで、重要な指針として参考にできることもメリットといえます。人生経験の少ない学生には、ことわざは貴重な存在といえるでしょう。

近年の若者の間で、日本語は乱れがちです。

そのため、正しい日本語を身に付けさせる方法としても有効です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

-->

関連記事

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:運行管理者

安全輸送の責任者として自動車運転事業者の選任を受けた者として、運行管理者があります。 運行管理者は、事業用自動車の安全運航を管理するスペシャリストであり、国土交通大臣指定試験機関が行う試験に合格した者 …

国家資格の平均年収はいくら?何の資格が高収入なのか

テレビなどでは資格取得を勧めるCMが頻繁に流れますね。 資格は持っているだけで意義があるように思われがちですが、実際は資格にも「価値ある資格」と「価値ない資格」があります。 この差は何かというと、端的 …

年齢・性別関係なし!転職に使えるファイナンシャルプランナー資格

日本は高齢化社会となったこともあり、働き手である若い世代を中心に、雇用や社会保障についての不安が日に日に増しています。 そんな中、様々な資格や検定などを通じてスキルアップを図り、自分のキャリア形成をし …

医療系の資格:歯科医師になるには

歯科医師とは、虫歯や歯周病などの症状で歯科に訪れた患者さんの治療をおこなう医師のことを言います。 また、歯ならびを整えて歯の矯正を行ったり、歯のクリーニングやホワイトニングをおこなう歯科医師もいます。

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:メンタルケア心理士

数多くある心理カウンセラーの資格の中で、いったいどのような資格を選べばよいのでしょうか。 また取得によって、どのように活躍の場が広がるのでしょうか。 今回は、メンタルケア心理士について紐解いてみましょ …

楽天モーションウィジェット