センスを活かそう!生活に関する資格「照明コンサルタント」

照明コンサルタントとは、一般社団法人照明学会が認定する民間資格です。基礎講座の受講をし、所定の知識を得た人に与えられる資格なのです。

照明と言っても、自宅で使用するものから屋外で使用する大型のものまで多種多様あり、器具の選定や設置場所を決めるには、高度な専門知識が必要になります。

スポンサーリンク

照明コンサルタントって聞いたことがありますか?

普段の生活では意識していませんが、照明の影響は大きく、今後ますます重要になってくると思われる分野です。

役割が大きい照明として、読書しやすい照明、食事が美味しく見える照明、商品が綺麗に見える照明、夜間の防犯のための照明など、少し思い浮かべただけでも多くの例を思いつきます。

それらに、適切なものを選べる為の勉強をした資格が、照明コンサルタントなのです。

活躍の場は、家電メーカー、照明メーカー、設計事務所、照明デザイン事務所など多方面にあり、専門家としてのアドバイスを求められています。 照明コンサルトの資格を得るまでには、照明器具についての基礎知識や、照明の計算や照明の計画等の専門家としての知識、使われる場所ごとで求められる照明についての知識、そして省エネについてなどを1年を掛けて勉強し、各科目のテストに合格し、課題テーマのレポートを提出しなければなりません。

また、日々進化する照明の知識を得ていく努力も欠かせないものとなり、5年ごとに更新プログラムも用意されている、専門性の高い資格なのです。しっかり勉強して、使える知識、使える技術としての資格となります。

照明を仕事にと考える方には、必須の資格と思います。上級資格として照明士があり、こちらはより専門的な知識が必要となります。

照明コンサルタントに必要なもの

まず、照明に関する知識が必要です。建築基準法などによって決められている事柄にも、精通していなければなりません。その上で問われるのが、センスです。

どこを照らすのか?どのように照らすのか?器具の形も、大きな問題です。 事務所などに使われる照明器具が、おしゃれなカフェに似合わないように、器具は場所を選びます。用途に合わせ、インテリアに合わせ、雰囲気を作り上げるにはセンスが必要です。

センスを形にするには、どのような照明器具を、どこに向けて照らすかを決める知識が必要なのです。 新たな照明器具の効果や使い方にも詳しくなければ、時代にあった提案は出来ません。

お客様の求めているものを的確に把握し、提案できる力も必要でしょう。 また、照明コンサルタントのみでは仕事が出来ません。設計者やメーカー、施工会社など各種のプロの方とともに仕事をすることになります。

図面を読む力も、試されます。広さや天井高、梁や柱の位置、仕上げ材等もわからなければ、対等に仕事を進めることができません。

施工の基礎知識も、必須です。電気容量などの電気知識を知らないでは済まされませんし、電気は扱いを間違えれば大事故につながるものでもありますので、専門家として正確に把握したい事項であります。

照明コンサルタントには、センスと知識のどちらもバランス良く発揮することが出来る力が求められています。そして、多くの人と一緒に仕事をするための、コミュニケーション能力も必要です。

お客様の求めるものを言葉だけではなく、隠された意図まで掴む力と、提案やアドバイスをわかりやすく伝えられる技術を磨くことも必須事項となります。

奥深い照明の世界への第一歩としての資格

照明コンサルタントの資格を取るには、一般社団法人照明学会の行う基礎講座の受講が必要です。受講期間は1年間で、各科目テストが5回、スクーリングの履行が1回、課題のレポート提出が1回となっています。

それぞれで、合格点を得れば資格の認定がされます。 照明に関する、憧れの仕事への第一歩となります。

一般社団法人照明学会は、創立100年を超え充実した活動をしています。多くの学会員の方が所属し活躍されていますので、業界への信頼度も高い資格となっています。 照明の世界は、LED照明に代表されるSSL(Solid State Lighting)へと光源が変貌し、照明の役割も変化しつつあります。

その時代に即したセンスや知識を取得して活躍するための勉強は、日々必要です。

日常生活の中、仕事中、移動中、娯楽の時間や寛ぎの時間に、目に見える形だったり、気が付かないほど自然に私たちの生活で必要な照明。

人間の行動にも、影響を与えるとの研究報告も多々あり、照明はますます重要なアイテムとなっています。 地球温暖化への懸念から、省エネも大きなテーマであります。LEDの急速な普及をはじめ、省エネのための各種照明器具も開発されています。

照明コンサルタントの仕事の一つとして、取り組む課題の一つだと思われます。 資格の取得が、イコール仕事に結びつかないかもしれませんが、身についた知識が無駄になることはありません。

照明と言う、空間演出に欠かせないものの奥深さを知り、その世界へ踏み込む一歩として資格の取得は大変有効です。

照明コンサルタントを取得し、照明の世界への第一歩としてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

スクールカウンセラーとは?仕事内容や現在の待遇

スクールカウンセラーは、不登校やいじめなどの問題に対応することが主な仕事内容です。 現在、日本の15,000校以上の学校に配置されています。 いじめや不登校が学校で問題になっている昨今では非常に重要な …

公務員になるための試験:警察官

警察官といえば、国と社会を成り立たせるためには不可欠な存在です。 世のため人のために働き、秩序を正すのが仕事です。 警察官はやりがいが大きく、社会貢献したい人にはぴったりです。 ただし、警察官になるた …

年齢関係なし!女性が取得しておくと便利な資格

資格取得は自分自身への投資ということができます。 就職の際にアピールにつながるなど、今後の働き方などにも役立ちますし、取得のために学んだことが生活にも役に立つこともあります。 特に大人になってから再就 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:機関当直3級海技士(機関)

海技資格には船舶の部位によって、いろいろな資格があります。 主だったものでは船長・航海士に必要な海技士(航海)と、機関長・機関士に必要な海技士(機関)とがあります。 それぞれ1~6級のランクに分かれて …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「ジュエリーデザイナー」

宝石や貴金属などのジュエリー好きな人に向いているのが、ジュエリーデザイナーです。ネックレスやピアス、リングなどを身につけていると、それだけで心が弾みます。 そんなアクセサリー類のデザインを手がけるのが …

楽天モーションウィジェット