就活で持っていたい資格「MOS」のアピールできるポイント

就活においては、少しでも他の人よりも優れた評価を得るために、アピールすべき事は全てアピールしたいと考えるのが一般的です。

そのような、自分に付加価値をつけるための方法として資格取得がありますが、広く様々な就活において役立つものとして「MOS」と呼ばれる認定を得ることが有効であると言われています。

スポンサーリンク

パソコンのスペシャリストを目指す

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

このMOSとは、マイクロソフトオフィスのアプリケーションに対して、習熟していると言うことを対外的に示すために役立つものです。

就活をする人が、パソコンについては得意であると主張したとしても、それがどの程度であるのかを証明するのは非常に難しいのですが、資格を持っていれば、どの程度の能力であるのかを提示することができるのです。

またほとんどの場合、十分な能力を持っていると評価してもらうことができるでしょう。
そのような印象を、相手に与える効果を持っていると考えられています。

今やパソコンは必須スキル

最近の求人では、パソコン操作ができるということをわざわざ条件として提示するケースは稀となってきていますが、ほとんどの仕事において、パソコン操作について対応することが要求されます。

しかしながら、事務職などパソコン操作を日常業務として行う種類の仕事においては、パソコンの操作に習熟しているということを必要とするケースが非常に多いのです。

そのため、面接の際に念のため、パソコンを使用した業務に対する自信の程度を確認する企業が少なくありません。

そのような状況に置かれている企業において、マイクロソフトオフィスのさまざまなアプリケーションに習熟していると言う事を意味するMOSを取得しているということをアピールする意味は、非常に大きいといえます。

わざわざパソコン操作に関する基本的な指導をしなくても、仕事を覚えていくことができると言う安心感が、他の求職者に対してのアドバンテージとなるのです。

そのような意味で、就活において便利であるといえます。

パワーポイントやアクセスであれば、さらに有効

わざわざMOSを取得していなくても、ワードやエクセルを操作することができる人は非常に多いです。
これらのアプリケーションを使って業務を行う企業が多いので、ある程度は当たり前であると考える人もいます。

最近では、短大や大学でもパソコン関係の学習をする機会に恵まれますので、若い世代にとっては、わざわざ説明する必要がないといる部分もあるのです。

しかしながら個人的には、ほとんど利用することのないパワーポイントやアクセスといったソフトウェアも、ビジネスの環境の中では非常に重要視されています。

そのようなソフトウェアを活用する業務のある部署への就活である場合には、MOSを持っているということが採用の際の決めて、またはアドバンテージとして働くことが少なくありません。

多くの場合、他の人に指をつけることができるひとつの要素として機能するのです。

パワーポイントは、ビジネスにおいてはプレゼンテーションの際に活用されるソフトウェアです。
大学などで、発表形式の授業を受けていれば、取り扱いのノウハウを身につけることもできますが、個人的に パワーポイントを活用する人はあまり多くはありません。

また、アクセスはデータベースソフトとして一般的に利用されていますが、同じく個人的に利用するソフトウェアではありません。

そのため、これらのソフトウェアを使いこなすことのできる人材というのは、なかなかいないのが実情です。

もしも、このようなソフトウェアを取り扱う業務のある職場への就職を希望している場合であれば、非常に有効に機能するものであると言えるでしょう。

このような資格を取得するためには、個人的に試験を受けて合格する必要があります。
ある程度の知識や技術を身に付けていれば、この資格を取得するための試験に合格することができる仕組みとなっています。

いわゆる認定資格ですので、履歴書等に書き込んで就活の際に少しでも有利な立場にもっていくことができるという点が、特徴であると言えるでしょう。

幅広い職種で有効

就活の際に、資格を持っていると言う事は、自分の立場を有利にする場合があります。
それは取得している資格が、仕事に深く関係している場合であると言えるでしょう。

その資格がなければ仕事ができないと言う種類のものであれば、非常に有力なものとなりますが、あれば有利と言う程度であれば、優先順位が高まると言う効果を期待することができます。

中には、業務上全く関係のない種類の資格と言うものもありますので、近くであれば何でも良いというわけでは無いのです。

たとえ国家資格であったとしても、業務上有益でなければ評価される事はありません。

その点、MOSという資格は、ほとんどすべての仕事において有益である資格であると考えられます。
なければならないと言う非常に強い効果が期待されるものではありませんが、あることによってマイナス評価になるケースはほとんどないのです。

このような特徴持つ認定資格であるため持っておくことによってほとんどの就活で役立つといえます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語教育能力検定試験」

日本語教育能力検定試験とは、日本語教員となるために学習している人や、日本の言語を教える教員として教育に携わっている人を対象に、その教育の実践に必要とされる基礎的な知識や能力が水準に達しているかどうか、 …

美容やファッションに関わる資格:理容師国家試験

理容師は国家資格の1つで、理容師国家試験に合格しないと働くことができません。 以前は理容師=男性の仕事というイメージが強かったですが、最近では女性理容師も当然のように働くことができる職場になっています …

介護福祉士になるには?気になる年収は?

現在の日本は世界でも例を見ないほどに急激な高齢化が進み、超高齢化社会として知られています。 しかも核家族化が進んだことで昔のように子どもや孫などと一緒に暮らしている人ばかりではなくなり、一人暮らしの高 …

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「園芸療法士」

園芸療法士は、身体や心のリハビリや、癒しのために園芸療法を扱うことができる専門家です。園芸療法は、認知症の進行を遅らせたり、自然と通して情操教育を行うことで、非行などの反社会的な行動を抑制する効果があ …

趣味で取れる実用的な資格:アロマテラピー検定

香りの効果は生活だけではなく、医療やエステなどのシーンでも使われています。 アロマテラピーの資格を趣味で取得しておけば、日常の癒しのシーンでも使うことができます。

楽天モーションウィジェット