就活で持っていたい資格「MOS」のアピールできるポイント

就活においては、少しでも他の人よりも優れた評価を得るために、アピールすべき事は全てアピールしたいと考えるのが一般的です。

そのような、自分に付加価値をつけるための方法として資格取得がありますが、広く様々な就活において役立つものとして「MOS」と呼ばれる認定を得ることが有効であると言われています。

スポンサーリンク

パソコンのスペシャリストを目指す

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

このMOSとは、マイクロソフトオフィスのアプリケーションに対して、習熟していると言うことを対外的に示すために役立つものです。

就活をする人が、パソコンについては得意であると主張したとしても、それがどの程度であるのかを証明するのは非常に難しいのですが、資格を持っていれば、どの程度の能力であるのかを提示することができるのです。

またほとんどの場合、十分な能力を持っていると評価してもらうことができるでしょう。
そのような印象を、相手に与える効果を持っていると考えられています。

今やパソコンは必須スキル

最近の求人では、パソコン操作ができるということをわざわざ条件として提示するケースは稀となってきていますが、ほとんどの仕事において、パソコン操作について対応することが要求されます。

しかしながら、事務職などパソコン操作を日常業務として行う種類の仕事においては、パソコンの操作に習熟しているということを必要とするケースが非常に多いのです。

そのため、面接の際に念のため、パソコンを使用した業務に対する自信の程度を確認する企業が少なくありません。

そのような状況に置かれている企業において、マイクロソフトオフィスのさまざまなアプリケーションに習熟していると言う事を意味するMOSを取得しているということをアピールする意味は、非常に大きいといえます。

わざわざパソコン操作に関する基本的な指導をしなくても、仕事を覚えていくことができると言う安心感が、他の求職者に対してのアドバンテージとなるのです。

そのような意味で、就活において便利であるといえます。

パワーポイントやアクセスであれば、さらに有効

わざわざMOSを取得していなくても、ワードやエクセルを操作することができる人は非常に多いです。
これらのアプリケーションを使って業務を行う企業が多いので、ある程度は当たり前であると考える人もいます。

最近では、短大や大学でもパソコン関係の学習をする機会に恵まれますので、若い世代にとっては、わざわざ説明する必要がないといる部分もあるのです。

しかしながら個人的には、ほとんど利用することのないパワーポイントやアクセスといったソフトウェアも、ビジネスの環境の中では非常に重要視されています。

そのようなソフトウェアを活用する業務のある部署への就活である場合には、MOSを持っているということが採用の際の決めて、またはアドバンテージとして働くことが少なくありません。

多くの場合、他の人に指をつけることができるひとつの要素として機能するのです。

パワーポイントは、ビジネスにおいてはプレゼンテーションの際に活用されるソフトウェアです。
大学などで、発表形式の授業を受けていれば、取り扱いのノウハウを身につけることもできますが、個人的に パワーポイントを活用する人はあまり多くはありません。

また、アクセスはデータベースソフトとして一般的に利用されていますが、同じく個人的に利用するソフトウェアではありません。

そのため、これらのソフトウェアを使いこなすことのできる人材というのは、なかなかいないのが実情です。

もしも、このようなソフトウェアを取り扱う業務のある職場への就職を希望している場合であれば、非常に有効に機能するものであると言えるでしょう。

このような資格を取得するためには、個人的に試験を受けて合格する必要があります。
ある程度の知識や技術を身に付けていれば、この資格を取得するための試験に合格することができる仕組みとなっています。

いわゆる認定資格ですので、履歴書等に書き込んで就活の際に少しでも有利な立場にもっていくことができるという点が、特徴であると言えるでしょう。

幅広い職種で有効

就活の際に、資格を持っていると言う事は、自分の立場を有利にする場合があります。
それは取得している資格が、仕事に深く関係している場合であると言えるでしょう。

その資格がなければ仕事ができないと言う種類のものであれば、非常に有力なものとなりますが、あれば有利と言う程度であれば、優先順位が高まると言う効果を期待することができます。

中には、業務上全く関係のない種類の資格と言うものもありますので、近くであれば何でも良いというわけでは無いのです。

たとえ国家資格であったとしても、業務上有益でなければ評価される事はありません。

その点、MOSという資格は、ほとんどすべての仕事において有益である資格であると考えられます。
なければならないと言う非常に強い効果が期待されるものではありませんが、あることによってマイナス評価になるケースはほとんどないのです。

このような特徴持つ認定資格であるため持っておくことによってほとんどの就活で役立つといえます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

将来的に独立ができる国家資格「不動産鑑定士」

不動産鑑定士は、不動産を有効に利用するために適正な価値を鑑定し、不動産の価格を導く専門職です。 その業務範囲は広く、個人はもとより企業に対するアドバイスから公的評価まで行います。 さまざまな働き方が選 …

身近な国家資格:運転免許

今や誰もが持っている資格と言えるのが、運転免許です。 特に地方在住者にとっては必需品と言っても過言ではないものですが、首都圏などの交通インフラが整っている場所では使用頻度が少なくなる可能性もあります。

ニッチな外国語の資格:スウェーデン語能力検定試験(SWEDEX)

就職などを目的にして取得する資格として一般的なものに、言語能力に関する資格があります。 英語やフランス語など、世界の広い地域で使用されている言語の能力をはかる試験がある一方で、世界の限られた地域でしか …

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「電卓計算能力検定」

以前は、そろばんの資格がなければ経理にはなれないと言われるほど、そろばんの技量というものが問われてきました。 しかし、電卓が登場することで、そろばんの技量がない人も、簡単に計算ができるようになりました …

動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「ペット栄養管理士」

動物に関わる仕事には色々ありますが、栄養と動物のどちらにも興味があるならば、ペット栄養管理士という資格を取ってみるといいかもしれません。 この資格は、日本ペット栄養学会が2005年5月に設けたものです …

楽天モーションウィジェット