主婦にオススメの資格「ネイル検定」

最近では、ネイルをして爪を美しくしている女性が増えています。

自分でサロンに通って、様々なデザインを楽しんでいるうちに、自分でもネイルをやってみたい、友人や家族、仕事としてネイルをすることで、人に喜んでもらいたい、と感じる方もいます。

手元は、自分自身でも常に目に見えるところなので、指先が美しくケアされてネイルもされていたら、女性にとって気持ちが楽しくなったり、嬉しくなったりするものです。

スポンサーリンク

女性におススメ!ネイル検定

「好き」を「仕事」に

ネイルを趣味としている方も多く、ネイルキットを買って自宅で趣味としてネイルをしている主婦や、子育て中の女性もたくさんいます。

自分でネイルをしているうちに、もっと高度な技術を学びたい、手や爪のケアに関する知識が欲しいと感じて、勉強を始められる方もいるのではないでしょうか。

主婦が、プロのネイリストとして実際に活躍するためには、資格をとっておくと有利です。

ネイリストに必要な資格

ネイリストになるためには、国家資格は必要ありません。

しかし、ネイル検定を受験する必要があり、国内で最も歴史があるものは、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催するネイリスト技能検定試験で、民間団体によって開催されています。

ネイル検定にチャレンジすることで、自分の技術の向上や、幅広い知識を得ることができます。
ネイル検定に合格すると、ディプロマという称号が与えられて、このディプロマは、自分のネイリストとしてのレベルを表すものになります。

仕事に活かしたり、就職に活かすには、このディプロマをとっておくと有利に働く可能性があります。

試験内容

ネイル検定を受けるための勉強方法には、独学で学ぶ、専門学校やスクールに通って学ぶ、通信教育を利用して学ぶ、などの方法があります。

ネイル検定の難易度は、3級、2級、1級の段階によってかわってきます。

ネイル検定3級は、比較的簡単と言えます。
何も勉強しなくても受かる、というわけではありませんが、きちんと勉強しておけば、簡単に受かることができます。
試験内容は、ネイルケアやカラーリングなど基礎の内容になるので、難易度は高くありません。

ネイル検定2級になると、難易度は増します。
簡単とはいえない試験内容になり、プロとしての能力があるか試される試験内容となります。

動きや仕上がり、手際のよさなどが試されることとなり、サロンなどの求人では、ネイル検定2級以上を基準に募集を行っているところもあります。

試験の内容は難しくなりますが、2級に受かるとプロとして認められることも多く、やりがいのある資格内容になります。

1級になると、2級よりもさらに難問になります。
実技では、仕上がりの美しさやプロとしての技術の高さが求められます。

試験の時間内に、自分の持っている技術を出し切るには、高度な知識と技術が必要だと言えます。

このようなことからも、ネイル検定を受けて資格を取得するためには、実技の練習が重要だと言えます。

自分のライフスタイルに合う、勉強方法を

主婦でも資格を取得することが可能なネイル検定は、忙しい主婦でも様々な勉強方法があります。

スクールに通って学ぶ時間がとれるという方は、スクールに通うことで、直接講師に指導してもらい、疑問に思ったことをすぐに質問したり、実技の指導もしっかりと受けることができることがメリットです。

費用は、スクールで設定されているコースによってかわってきますが、独学や通信教育で受講するよりも費用は高くなります。

通信講座では、スクールに通うよりも費用を抑えることができて、自分のライフスタイルを大事にしながら空いた時間に勉強できる、という点が魅力的です。

スクールのように、常に講師から指導を受けるわけではありませんが、講師の指導を受けることができる時間も作られているので安心できます。

費用は、受けるコースによって金額がかわってきます。

独学になると、受かることができる試験に限界があるので、プロとして働きたい、自宅でサロンをひらきたい、などの希望がある方はスクールや通信講座で学ぶことが望ましいです。

最後に

ネイリストの資格は、国家資格ではなく民間資格になるので、資格をとらなくてもネイリストを名乗ることはできます。

資格がなくても、ネットなどで自分の作ったチップなどを売るだけなら、資格を取る必要もありません。
しかし、プロとして、また正しい知識を持ってネイルケアやネイルを行いたい場合は、ネイル検定を受けて、ネイリストとしての資格をもっておく必要があります。

サロン等では、無資格でネイリストを雇ってくれるところはほとんどないと言ってもいいでしょう。

子育てがひと段落して、時間にゆとりができた時に、何か自分の好きなことを始めたい、ネイルに興味があるなどと感じている女性にとって、好きなものに囲まれて、人に喜んでもらえるネイリストの仕事はやりがいのある仕事と言えます。

またプロのネイリストにはサロンだけでなく、ホテルのブライダルサロンや美容院、エステサロンなど様々分野で活躍の場が広がっています。

そのため、これから先、ますます需要が高まっていく職業だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

将来的に独立ができる国家資格:公認会計士

一時期は就職氷河期と呼ばれるほど公認会計士の就職状況が悪かったのですが、業務の幅の拡大や財務会計など専門知識の重要性などから、現在では人手不足に変わって売り手市場になっています。 そのため、公認会計士 …

女性に役立つ資格:リテールマーケティング(販売士)検定

現在の流通業界を取り巻く環境は、少子高齢化やライフスタイルの変化をはじめ、情報技術の急速な進展、流通外貨の相次ぐ参入などで、急激かつ大きく変化しています。 このような状況のもとで必要とされているのが” …

公務員になるための試験:国家公務員採用一般職試験(旧防衛省職員Ⅲ種)

かつては、防衛庁と呼んでいた時代があり、この時代は国家公務員試験は、キャリアである1種と、大卒程度が受験する2種、さらに高校卒業予定者や短大、専門学校卒業予定者が受験をする3種とが存在したものです。 …

自転車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自転車技士

私たちの身近な移動手段として欠かすことのできない自転車ですが、自転車を扱う上でも専門の資格が存在することをご存知でしょうか。 取得しておくと自転車店やメーカーなどにも採用されやすくなるので、自転車好き …

心理カウンセラーになるには?

心理カウンセラーと呼ばれる仕事は、これまでは特別な資格を持たなければできないと言うものではありませんでした。 法的に国家資格が存在している分野ではなかったため、民間の資格を持っていることが心理カウンセ …

楽天モーションウィジェット