当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本実戦話力検定」

日本人なら、日本語を話せて当たり前と考える人もいるでしょう。

しかし、単純に言語として発音できるだけでは、役に立たない場面も多いです。家族や知人と話したり、買い物をしたりするなど、日常生活を送るだけであれば、支障がないと考えられます。

スポンサーリンク

話せるだけでは、伝わらない!

相手を説得するには実戦的な話術が必要!

しかし、日常レベルより高度な会話術を求められる場面も、多くあります。特に社会人として働くなら、そのような場面が、毎日のように訪れることも珍しくありません。

たとえば営業職の場合は、顧客との商談で、会話術が必要になります。何も考えずに普段どおり話しているだけでは、多くの場合は相手に良い印象を持ってもらえません。

会社内における会議や、上司との会話においても、実戦的な会話力が必要になるでしょう。

ポイントになるのは、会話に説得力を持たせることです。こちらの主張を受け入れたくさせる必要があります。

そのためには、会話の構成を論理的に組み立てなければなりません。伝えたいことをすぐに言葉として発するのは良くありません。いったん頭のリストに置いておき、効果的な順番で話していくことがポイントになります。

話の内容が複数ある場合、相手に伝える順番によって、印象が大きく変わってしまいます。

たとえば、最後は肯定的な内容で締めくくることが大切です。否定的な内容を最後にもってくると、後味が悪くなってしまいます。

このように、日本語の話し方には、実戦的なコツが多くあります。それをどれぐらい習得しているのか、確認する指標があると便利でしょう。

日本実戦話力検定を受けると、その結果によって、自分の実力を客観的に知ることが可能です。

日本実戦話力検定の資格試験としての特徴は?

日本実戦話力検定試験は、話術を知識として持っているのではなく、実際に使用することを想定した試験です。

会話が行われる状況になったときに、すぐに活用できることを前提にしています。そのため、日本語の適切な使用方法だけでなく、会話における、柔軟な対応力も試されるのです。

日本実戦話力検定試験は、1級から5級に分類されています。

5級では、基本的なことを問われます。発声や発表に関して知っており、常用漢字も把握できているレベルなら問題ありません。

4級では、それらに加えて論理的な判断力を問われることになります。人間関係についての知識も必要になるなど、5級より実戦的な内容といえます。

3級の内容は、社会人として会話を行えることが前提です。そのため業務報告など、ビジネスの要素が多くなっています。また与えられた課題について、話す問題もあります。

準2級以上の試験になると、より実用性が増してきます。プレゼンテーションやセールスなどに必要な知識が求められます。2級では、古典的な内容も問われるなど、日本語に対する総合的な知識も必要です。

さらに準1級では、さまざまな状況を想定した対応力が問われます。

そして1級の試験では、話術の専門家といえるほどの、レベルを求めらます。たとえば、司会役や講師としての話術も必要です。

以上のように、ステップが明確に区切られており、それは受験資格にも現れています。準2級を受けるには、3級を取得していなければなりません。

2級や準1級を受ける場合も、その前の級に合格していることが条件になります。

試験が実施されるのは、2月と9月です。

就職を志望するなら受験を検討しよう!

どのような仕事をする場合でも、会話の能力が必要になるでしょう。電話やクレームへの対応、打ち合わせでの説明など、会話のスタイルはさまざまです。

営業やオペレーターなどの仕事だけでなく、技術的な専門職であっても、多かれ少なかれ会話は毎日行われます。そのため、就職試験における面接官は、応募者の会話の上手さを知りたがっています。

しかし、面接だけで、どれぐらいの能力を持っているのか判断するのは困難です。面接だけ上手にこなせる人もいれば、面接の日だけ不調な人もいるからです。

そこで、日本実戦話力検定試験の資格が、面接官にとって分かりやすい目安になるのです。資格の級によって、本来の能力を把握することが可能だからです。

そういわれると、級が低いと意味がないと考える人もいるでしょう。しかし級が低くても、話術の習得に熱心である印象を与えられる可能性があります。

また、会話術について学校で学ぶことは多くありません。発表会などの機会はありますが、多くの場合は詳しい指導を受けません。具体的な流れが決まっており、自分の順番が来たら単純にこなすケースが多いでしょう。

そのような経験しかないと、就職試験のグループディスカッションで困ることになります。特に進行役を任されると、戸惑ってしまう人が多いでしょう。

しかし、資格取得を目指して勉強した経験があると、そのような場面でも有利に立ち回れる可能性が高まります。

そのため、学生の間で人気が高まっており、就職活動に備えて受験するケースが増えています。もし就職を考えているなら、受験を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「介護検定」

今や超高齢社会となった日本。 福祉職も、非常に需要が高いです。高齢者を支えるために積極的に何か出来ることがしたいという場合や、家庭で突然介護できる力が必要になった場合、また今は必要ないけれど、将来は必 …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「色彩検定」

資格や検定試験には、日本だけでも1000種類以上はあります。その中でも、色の資格はいくつかあり、色彩検定やカラーコーディネーター検定などがあります。 このうち、ファッション系の仕事の役に立ちやすいのが …

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「食品安全検定」

食品安全検定は、食品を扱う仕事に従事するすべての人たちに対して、正しい知識を広く知ってもらい、その問題を科学の力で解決していく力を養い、より安全な食文化の創造に寄与する人材育成のために作られた、比較的 …

女性に役立つ資格:秘書検定

女性が働きつづけようと思った時に、何か強みとなるものがないと仕事が探しにくくなってしまいます。 もちろん女性ならではの強みは、細やかな気遣いができることなど、日常生活や仕事の中で培われたものがたくさん …

趣味で取れる実用的な資格:編物技能検定

いろいろな資格がありますが、編み物にもあります。 編物技能検定です。 ずっと編み物を楽しんでいる人は、自分がどれくらいのレベルなのかを確かめるためにも受験してみるのも良いかもしれません。

楽天モーションウィジェット