当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語検定」

仕事を引退すると、第二の人生を歩んでいかなくてはなりません。その時に、どんな人生を歩んでいくかを自問自答してみるといいでしょう。

ただ、毎日をなんとなく過ごすのがいいのか、それとも何か目標を持って過ごすようにするのかです。

スポンサーリンク

第二の人生の目標としてもおススメ!

仕事を引退した後の人生をどう過ごすか

毎日朝起きて、お腹がすけばご飯を食べるようにし、眠たくなれば眠るというリズムで生活していた場合にはどうでしょうか。

自分の体の欲求に合わせて生活をするのもいいですが、それだけではすぐに老化が進んでしまうことになります。

今まで仕事に打ち込み、駆け抜けてきたのであれば、その勢いを絶やさないように、これから新たなことに挑戦をしていくようにしてもいいでしょう。

新たなことに挑戦をすることによって、これからもまだまだ自分を高めていくことが出来るからです。人生を歩んでいく上で、定年をしてからの人生というのは、20年程度はあると考えてもいいでしょう。

20年というのは、人生の4分の1もの長い期間になります。

この長い期間を、もう引退したのだから自分を高める必要はないと考えるのか、それともどんどん知識をつけて、高めていこうと考えるかによっても、毎日自分がするべきことがわかってくるようになります。

自分を向上させたいのであれば、資格の取得を考えてもいいでしょう。資格取得をしようと思えば、それに向けて勉強をしていかなくてはなりません。

今更、机に向かって勉強をするのは不安を感じるかもしれませんが、自分のペースで行うようにすれば、嫌になることもなく勉強することが出来るはずです。何の資格を目指すかを考えましょう。

目標を持って検定を受けてみるようにする

資格を取得するのであれば、これからの人生に役立つようなものを取得するといいでしょう。

もう今後働くつもりがなかったとしても、もう一度働きたいと思ったときに、資格が役立つときもあるかもしれません。資格に向けて勉強をして取得できることによって、自分はまだまだいけるという自信も持つことが出来るでしょう。

自信を持つためにも、取得しておくといいのが、日本語検定です。日本語検定は、漢字、表記、敬語、言葉の意味、語彙、文法や総合的な問題が出題されるようになっています。

日本語検定を受けることによって、日本語の正しい使い方がわかってくるようになるでしょう。

今までは、単純な表現しかできなかった人や、間違った使い方をしていた敬語なども、勉強をすることによって、新しい知識をつけていくことが出来ます。

今まで知らなかったことを学んでいくというのは、脳へのいい刺激を与えることになりますので、仕事を引退した高齢者にもいい刺激になるのです。

日本人なのだから、日本語は正しく使えて当たり前と思うものですが、案外知らないことや、間違って覚えていることは多いものです。

年齢が上がるほど、正しい日本語を使えなければ恥ずかしい思いをすることになりますので、自分が恥をかかないようにするためにも、日本語検定を目標にして学んでいきましょう。

日本語検定では、1級から7級までありますので、どの級を受験するのか目標を定めてみなくてはなりません。

1級は社会人、2級は大学卒業程度、3級は高校卒業程度ですので、無理をせずに3級くらいから目指してみるのもいいでしょう。

自分のために、いつまでも向上心を持つ

検定会場は全国にありますので、近くの会場で受験をすることが出来ます。まず3級を受験して合格をしたのであれば、次は2級という風に、目標を上げていく事です。

万が一合格をしなかったとしても、目標を持って学んだことは、自分の財産になりますし、確実に日本語の能力は上がっているはずです。

得られた知識は、普段の生活の中で使うことが出来ますので、いろんな人とコミュニケーションを築きやすくなります。

今までは気づかずに間違った表現をしていた人でも、正しく表現できるようになったり、初対面の人にも失礼な言い方をしなくてもすむようになるでしょう。

美しい日本語を使えるようにし、自分の価値を高めていくようにしなくてはなりません。知識をつけて自分を磨いていく事は、高齢になってからでもできることです。

目標を持って生活をしている人は、イキイキと輝いています。

定年してから一気に老け込んでしまうことのないようにするためにも、自分のためになることをしていくといいでしょう。仕事を引退したことによって、接していく人間関係も変わってくることになります。

会社関係以外の人とあまり話すことはなかった人でも、仕事を引退して家にいるようになることで、近所の人たちと話をする機会が一気に増えてきます。

その時にうまくコミュニケーションを築いていきたいのであれば、日本語を学び視野をどんどん広げていくことです。

丁寧な言葉遣いが出来る人というのは、印象が良くなるものですので、今後いい関係を築いていくためにも、日本語検定を目標にしてたくさんの知識をつけていくようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

趣味で取れる実用的な資格:ことわざ検定

諺は日本の古い時代から言い伝えられてきたもので、私たちが生きていくうえで大切な知識や教訓などを短い文章にしたものです。 このような日本の伝統や文化、歴史などについて学習することは素晴らしいことです。 …

「会計ソフト実務能力試験」に代わる資格とは

次々に、新しい資格が生まれる現代では、残念ながら廃止になってしまう資格もあります。 その一つが、会計ソフト実務能力試験です。

救命艇手はどんな資格?受験資格や難易度など

もし船で不慮の事故やトラブルが起きてしまったら、乗組員や乗客は身の危険に晒されます。 船舶でのトラブルは昔から今に至るまで数多く起きてきました。 万が一船で何かあった時のために待機しているのが、救命艇 …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「BJTビジネス日本語能力テスト」

ビジネスでは様々な状況、場面が存在します。そして、多くの情報に接し、その処理をスピーディーにしていくことが何より求められます。 ビジネスにおける情報処理能力を高めるには、基本的な日本語能力が備わってい …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「DIYアドバイザー」

このDIYアドバイザーという資格についてですが、すべて自分の手で物を創造して、インテリアやいろいろなもの改造したり、自分でオリジナル作り上げていく資格です。 これにより、快適な生活へとつながり、それが …

楽天モーションウィジェット