当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語文章能力検定」

普段何気なく使用している日本語ですが、正確に使用できていない人が少なくありません。

現代は、情報化社会と呼ばれていますが、実際には情報に多くのノイズが混じっているのです。日常生活において、正しい情報を得るためには、相手が正しい情報を発することも大切ですが、その情報を正確に理解する力も非常に重要といえます。

スポンサーリンク

多くの情報から、必要なものを見極める力をつけよう

どうして文章の能力が必要なの?現代社会に欠かせない!

特に現代は、メールでの情報のやりとりが多いので、文章に関する力の重要性が著しく増しています。

伝えたい情報を、正確な文章に書き起こす必要がありますし、相手の文章を適切に読み取らなければなりません。それらの能力が欠けていると、日常生活において、大きな弊害が生じることになるでしょう。

また日常生活だけでなく、より深刻な影響を及ぼすシーンがあります。それは教育やビジネスの現場です。教育は、口頭で行うこともありますが、教科書やテストなどの紙媒体を使用するケースが非常に多いです。

文章を読み取れないと、正確な知識を身に付けるのは困難です。国語にしか関係しないと勘違いしている人がいますが、文章力は、あらゆる教科の基本になります。たとえば文章を読めないと、どの教科でも問題を理解できないでしょう。

ビジネスシーンでも、文章力の影響は非常に大きいです。報告書や契約書を作成したり、メールで連絡を行ったりする仕事が多く見られます。

このように我々が生きていくうえで、文章力は欠かせないといえます。

しかし、文章力があることを証明するのは、簡単ではありません。実際に書いて読んでもらうと、時間がかかります。

そこで役に立つのが、日本語文章能力検定という資格なのです。

どのような資格?日本語文章能力検定とは

日本語文章能力検定では、文章に関する力を判定します。単純に、日本語で文章を書ければ良いというわけではありません。能力のカテゴリーは、大きく4つに分類されています。

1つ目のカテゴリーは、文章を読んで内容を理解する能力です。2つ目は、文章を構成する能力で、3つめは事象を表現する能力になっています。4つ目のカテゴリーは、文章を作成する能力というように、文章に関する力を総合的に判断する資格といえます。

従来は、漢字能力検定と一緒に開催されており、実施回数は年に3回でした。しかし平成21年に休止になり、平成25年になって再開された経緯があります。再開されるにあたり、検定に関して複数の変更がありました。

たとえば受験の対象が、団体受験に絞られて、対象となる級も2級から4級になったのです。それに伴い、それぞれの級の難易度も見直されました。

最も難易度の高い2級は、社会人として必要になる文章を作成できるレベルです。ビジネスシーンで活躍する場合に、達しておきたいレベルといえます。

3級は、高校での学習を積極的に行えるレベルです。実生活のコミュニケーションで、支障が出ないレベルと考えても良いでしょう。

4級は、読み書きの基本的なレベルです。日本語を使って、知的な活動を行っているなら、合格するのは難しくありません。このようにレベルがしっかり分かれているので、自分に合ったものを選択して受験することが可能です。

満点は200点で、資格取得の基準は140点程度といわれています。

主催しているのは、日本漢字能力検定協会なので、疑問がある場合は問い合わせてみると良いでしょう。

メリットを教えて!文章能力の向上や確認など

日本語文章能力検定で得られるのは、文章に関する能力の証明だけではありません。検定や受験勉強を通して、文章の能力を磨くことができるのです。

たとえば、相手に伝わりやすい文章を書く力が育まれます。分かりやすい文章を書くには、論理的な構成力が必要です。伝えたいことを単純に繋げるのではなく、文章の流れを考慮して組み立てる必要があります。

日本語文章能力検定に取り組むことによって、その練習を自然と行うことになります。その結果、相手に伝わる文章を書けるようになることが多いです。

また文章の作成には、実は多くのルールがあります。

学校では教わらないことも多いですし、時代とともにルールが変わってしまうこともあります。正確な文章を作成したいのであれば、ルールをしっかり把握しておくことが大切です。

特にビジネスシーンでは、ルールを無視した文章を書くのは良くありません。取引先に不快感を与えるケースがあり、失礼に該当するケースもあります。

注意が必要なのは、ライターなど文章の執筆を専門にする職業だけではありません。営業職であっても、技術職であっても、しっかりとした能力を身に付けておくのが望ましいです。そのためには、現時点の自分のレベルを確認する作業が必要です。

日本語文章能力検定の資格は、その確認としても役立ちます。

文章は、読む人の主観によって評価が変わりますが、日本語文章能力検定では、客観的に評価してくれるので参考になります。

検定の結果から、自分に足りない点を読み取ることが可能です。

不足している点を明確にすることで、効率的な勉強を行えるようになるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「簿記能力検定」

会社などの組織では、お金の出入りを管理する経理部門が用意されています。 経理部門は、組織にとって重要な存在です。仕事の多くは収支に関わることで、仕入れた商品の仕入先や価格を帳簿に記帳したり、原価計算や …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「ファッション色彩能力検定」

今では染色の技術が発達して、様々な色の服があふれています。同じ種類の服でも、色が違えば全く違う服に見えることもあります。自分の好きな色が青色だとすると、トップスもパンツも、靴も鞄も全て青一色になってし …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「色彩技能パーソナルカラー検定」

カラフルな色を見ていると、本当に気持ちが和んで落ち着いたりすることも感じることが多いと思います。 疲れている時にはこんな色を見るとよいとか、調子の悪い時にはあの色を見るとよいとか、それぞれ色を見ること …

遺品整理士の資格と仕事内容は?

資格といっても千差万別ですが、比較的簡単に取得でき、仕事に役立てることができるものに遺品整理士があります。

就活で持っていたい資格「行政書士」のアピールできるポイント

就活を始めると問題になってくるのが、自己アピールをいかに効果的にしていくかという事です。 しかし、大学生の時点で、他人にはっきり伝えられるほど人より優れていることがある方も少ないでしょう。

楽天モーションウィジェット