好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「パタンナー」

パタンナーは、デザイナーのデザイン画をもとにして、型紙に起こして立体化して、生地、ボタンのサイズ、納品チェックなどを行う専門家です。

スポンサーリンク

ファッション分野に興味があるならパタンナー

専門的な知識と技術が求められる仕事で、最近ではやや人手不足が心配されている仕事です。

最近は、ファッションデザイン業界にもコンピュータシステムが入ってきて、パターンメーキングの作業は、CAD(コンピュータを使った製図)を用いて行われることが多くなっています。

今までは、手で紙に描いていたようなことも、最近ではコンピュータで行われているので、コンピュータを扱える能力も求められます。

自分が作った型紙をもとにした服が、実物の製品として出来上がって世の中に出回るのが、パタンナーの大きなやりがいです。デザイン画が同じだとしても、パターンメイキングのセンスによって全く違う仕上がりになるので、パタンナーは、ブランドの特徴や方向性の基盤となっている存在です。

主な就職先はアパレルメーカーで、他にはファッション系のデザイン会社や縫製工場などもあります。アパレルメーカーは、個人経営から大手企業まで規模が広いので、何十人もパタンナーを抱えている職場もあれば、1人しかいないところまであります。

先輩の技を見ながら、技を吸収するという目的なら、大手の方が適していますが、若手のうちから大きな責任を伴う仕事を任せてもらいやすいのは、パタンナーが少ない小規模な職場です。

現代は、ファストファッションの時代と言われて久しいですが、ファストファッションでも、パタンナーは求められます。技術力が高ければ、たくさんの職場からニーズがあるでしょう。

パタンナーの仕事に役立つ資格には何があるか

パタンナーとして仕事をするならば、専門の知識と技術が必要です。資格がなければ職業に就けないわけではなく、無資格でも現役で活躍しているパタンナーは多いですし、資格と腕はあまり関係ないとも言われています。

しかし、取得しておけば実力の証明になったり、実践に役立てられる資格はあります。例えば、社団法人日本ファッション教育振興協会の、パターンメーキング技術検定試験がその一つです。

パターンメーキングに必要な型紙作成の知識と技術、ファッション技術能力や理解度が問われます。1級から3級まであり、2級以上は専門的な知識を身につけていると認められます。

実技試験も実施されるので、仕事に役立てられる可能性が高いです。

他には、社団法人コンピュータソフトウェア協会主催の、CAD利用技術者検定があります。CADシステムを利用して、被服の製図を作成するための技術と知識を判断します。筆記試験に合格することが、条件です。

日本ファッション教育振興協会の、洋裁技術検定というのもあります。洋裁の知識と技術が問われる試験で、初級、中級、上級の3つのレベルがあります。さらに各都道府県が実施している技能士の試験や、財団法人日本ファッション教育振興協会主催の、ファッションビジネス能力検定なども、持っていると有利な資格です。

パタンナーは職人なので、資格を取得してから、それをどのように仕事に活かすかが問われます。専門学校やスクールに通うよりも、実際に職場で腕を磨いていく傾向があります。

就職の際に、自分の実力の証明のために使いつつ、仕事に活かせるような資格を取っておくといいでしょう。

パタンナーはどんな人に向いているか

パタンナーの仕事に適性があるのは、服の構造自体に興味がある人や、細かい仕事や数字が苦にならない人です。デザイナーは、服のデザインを作りますが、パタンナーが手がけるのは服の形です。

デザインより形が気になるなら、パタンナー向きでしょう。どうすれば綺麗なラインを出せるのか、保てるのか、など服の構造が気になる人に適しています。また、パタンナーはアパレル業界の中では、仕事の内容は細かいことが求められます。

たくさん計算をこなして、形に仕上げていく必要があるので、計算好きな人にも適しているでしょう。うまく立体化して商品にするには、パーツごとに細かく計算していく必要があります。

さらに、それを組み合わせた時にできる形や、着心地までトータルで含めて考えることが求められます。人との関わりの面では、パタンナーは協調性や他人の意見を受け入れられる柔軟さが求められます。

職人気質なイメージがありますが、頑固一徹で仕事を進めていくのではなく、協調性がないとデザイナーや実際に商品を作る人と作業を進めていくことは難しいです。

自分の意見や考えを持つことは大切ですが、デザイナーなど他の工程に関わる人たちの意見を柔軟に受け入れられて、協調性を持って働ける人の方がこの仕事はやりやすいでしょう。パタンナーは、デザイナーなどと比べると、消費者には馴染みが薄い職業ではありますが、服作りでは重要なポジションに立っています。

商品の仕上がりは、パタンナーの腕次第と言われるくらい重要なので、アパレル業界では重視されています。

人手不足気味なので、挑戦したい人は積極的にチャレンジしていくといいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

公務員になるための試験:自衛官・自衛隊

自衛官の試験は、資格試験ではなく「採用試験」です。 イメージ的には就職試験と同じようなものと考えてもらえればいいと思います。 自衛官の種類はいくつかありますが、自衛官候補生と一般曹候補生について紹介し …

美容やファッションに関わる資格:ジュエリーコーディネーター検定

ジュエリーショップに向かうと、とても美しい宝石やアクセサリーが並んでいます。 ファッションに関心の高い女性はもちろんのこと、男性からも注目されている宝飾品ですが、身近に宝飾品についてアドバイスしてくれ …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「点字技能検定」

近年ユニバーサルデザインが広く注目されています。 ユニバーサルデザインのテーマは、すべての人にとって使いやすいことです。もちろん障害がある人にとっても、使用しやすいものでなければなりません。 一般的に …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「介護検定」

今や超高齢社会となった日本。 福祉職も、非常に需要が高いです。高齢者を支えるために積極的に何か出来ることがしたいという場合や、家庭で突然介護できる力が必要になった場合、また今は必要ないけれど、将来は必 …

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「臨床心理士」

人の心は複雑で、時には心の乱れが健康に悪影響を与えることもあります。誰でも落ち込んだり悩んだりすることはありますが、それは一過性のものであり長く続くことはありません。 しかし、ストレスをうまく発散でき …

楽天モーションウィジェット