将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「サービス介助士2級検定」

現在、日本では「超高齢社会」と呼ばれるほど、高齢者人口は増加し続けています。道を歩けば、高齢者とすれ違うことは、もう日常的な景色となっています。

そのような中で、高齢者や身体の不自由な方が、何か困っている時、声をかけ手を差し伸べられる社会は、美しいものです。

スポンサーリンク

日常生活にも役立つ、福祉/介護の資格

「おもてなしの心を」が学べる資格

しかし普段接しない、視覚障がい者や車椅子の方が相手だと、どのように介助したら良いか分からないという不安が、声をかけにくくしています。

そんな不安を自信に変えてくれるのが、このサービス介助士2級検定です。

この資格は、そのような福祉を日常にもっと取り入れたいという思いから、作られた資格です。

サービス介助士2級検定は、NPO法人日本ケアフィットサービス協会が運営する資格で、高齢者や身体の不自由な方を身体的、精神的、社会的に社会参加できるよう支えるための「おもてなし心」と「介助技術」が学べる資格です。

高齢化が進む21世紀とともに始まり、年々受験者数は増加してきています。現在は、約13万人の方が資格取得し、生活のあらゆる場合にて活躍しています。

サービス介助士2級検定の資格を持つことで、日常生活で困っている高齢者に対して、適切な助けを安全におこなうことが出来るようになります。

例えば、車椅子に安全に移乗するやり方ですとか、視覚障がい者の手引きなどを学習します。また、技術面だけでなく、テキストを用いた学習もあります。

ここでは、サービス介助の基本理念や、高齢者の理解、さらに現在取り組みが進められているバリアフリー化といった、社会的なことも学習します。技術に加え、正しい知識を学ぶことは、介助を行う際の安全性が確保されるため、実践的な資格といえるでしょう。

実技実習では、高齢者疑似体験もでき、ますサービス介助士2級検定は「介助される側」の立場をより理解するために、高齢者疑似体験を組み込んでいます。

そもそも、高齢者や身体の不自由な方と、健康な人との違いとは?

それは「予備力」が、健康な人よりも低下しているとされているからです。予備力とは、日常生活でとっさの時に出る、強い力のことです。

例えば、ちょっとした段差でつまずいた時、健康な人であれば、とっさに足を前に出して転ばないように、踏みとどまることができます。しかし、予備力の低下した人の場合は、とっさの力が出ないため、バランスを崩してそのまま倒れてしまいます。

また、高齢者の場合は、骨がもろくなっている場合があるので、簡単に骨折をしてしまうことも少なくありません。

これだけでも、高齢者や身体の不自由な方は、健康な人と比べて「ささいなことでも大事故につながってしまう可能性が高い」ことが分かりますね。

しかし実際に体験してみないと、どれぐらい身体が動かないのか分からないものです。

そこで、サービス介助士2級検定試験では、実際に体験する授業を取り入れています。これにより、視点が健康な人から高齢者や身体の不自由な方へと変わり、今までの日常生活とは違った視点から、どこに気をつければ良いのかが分かるようになります。

それこそが「気付きの力」です。

気付きの力は、知識量とも関わってきますが、対処方法に大きな差が生まれます。車椅子から倒れている高齢者を見つけ、声をかけたシチュエーションを想像してみてください。

「大丈夫ですか?」と声をかけ、車椅子に移乗させようとしますが、車椅子にはストッパーがあることを知らなかった場合、車椅子が動いてうまく乗せることができません。また、外見上問題なさそうですが、実は骨折しているなんてこともあります。

そこに気付ける人になれるのが、この資格の大きなメリットです。

高齢者や身体の不自由な方も、一人の「人間」

よく考えられがちなのが、「高齢者や病気の人は立場が弱い」ということです。そのため、平気でキツイ言葉を浴びせる人も、まだまだ多いです。とても悲しいことですが、なぜこのような考え方になってしまうのでしょう?

一つ考えられるとすれば、それは「言い返せる力がないから」でしょうか。確かに忙しい日常の中、余裕がなく、イライラが溜まってしまうことも多いですし、ついぶつけたくなる気持ちもわかります。

しかし、高齢者や身体の不自由な方も、キツイ言葉を浴びせる人と何も変わらない一人の人間です。同じ人間としての、心を持っています。

サービス介助士2級検定では、そのような方たちと「同じ視点」に立つことを、目的としています。それこそが、介護の現場でもよく用いられる「人間としての尊厳を保持するための介助」です。

心というものは、生涯変わらず平等なものです。そのような慈愛の心を持つことが、福祉への第一歩であり、この検定で教わる最も大切な心構えです。

現代社会では、一人では生きていくことが大変な方がたくさんいます。そのような方たちに、ほんの少しでも手を差し伸べることができれば、福祉を求める日本は、より素敵な社会となるでしょう。

これらのように、サービス介助士2級検定では、高齢者や身体の不自由な方の側に立った、プログラムがなされており、それに準じた「知識」「技術」の面から学習することができます。

その根本にあるものは「慈愛の心」の形成であり、普段意識することのない立場から、今の社会を見つめ直すためのよいきっかけとなります。

この資格を取得した後、道行く先で困った人を見かけたら、声をかけ手を差し伸べることに喜びを感じるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

心と身体を癒す資格:ピュリファイセラピスト

心と身体のアンバランスからくる不調を抱える人は少なくありません。 しかし、生活環境や人間関係などストレスの原因を根本から解決するのは難しいのが現状です。 そんなとき、まずは対症療法として、今あるマイナ …

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「フードアナリスト検定」

飲食業界で働いている人に向いているのが、フードアナリスト検定です。レストランの料理や店舗の雰囲気などを、言葉にして評価分析できる力が身につきます。 初心者レベルの4級からプロレベルの1級の資格まである …

趣味で取れる実用的な資格:語彙・読解力検定

文字を読むことは日常的にありますが、自分の語彙力や読解力を測定できる資格に、語彙・読解力検定があります。 ベネッセコーポレーションと朝日新聞社が共同で実施する民間の検定試験となるものの、資格取得者は入 …

将来的に独立ができる国家資格「調理師」

国家試験にはいろいろな種類がありますが、それらの資格の中には、持っていなければ仕事をすることができないと言う種類の資格も存在しています。 将来的に、独立開業することができる種類の資格の多くは、そのよう …

公務員になるための試験:家庭裁判所調査官補

家庭裁判所調査官補は、公務員の中でも職種が限られる専門職です。 難関な資格試験の1つです。

楽天モーションウィジェット