専門職には欠かせない!技術系の資格「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者」

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者は、法律(労働安全衛生法)で酸素濃度が低くなるような場所(タンク内や窒素などの不活性ガスが充満した所など)、または酸欠の可能性と共に硫化水素中毒の恐れもある場所(下水道など)で、作業を行う際に、選任することが義務付けられている責任者です。

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者に選任されるためには、法律で定められている要件を満たす必要があるため、これは国家資格です。

スポンサーリンク

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者資格の紹介

密閉された空間で、長時間にわたる作業を行う際は酸素濃度が減少する危険があり、酸欠が原因で事故が起こりやすい危険な環境にあります。酸欠の恐れがある作業の中には、大型のタンク内部での作業のほか、トンネルの工事現場やトンネル施設内部で、何らかの作業を行う場合、窒素ガスやアルゴンガスなどの不活性ガスを取り扱う現場での作業などがあります。

酸欠に加えて、硫化水素中毒になる恐れがある現場は、下水道や、天然由来の硫黄分を多く含む温泉施設の作業場も含まれます。

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者には、作業現場で酸欠や硫化水素中毒の危険を、未然に防止することが求められます。酸欠や硫化水素中毒による事故が発生した際に、疾病者に対して、速やかに適切な応急処置を施す必要があります。

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者には、専門的な知識・技術が求められるため、法律で定められる講習・実習を受講した上で、最後に実施される確認テストに合格した人で、18歳以上の人でなければ、責任者として選任することができません。

このため、業種によっては、社員に資格取得を義務付ける会社もあります。

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者資格の取得方法と難易度

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者は、国家資格のひとつですが、試験に合格するための難易度は高くありません。厚生労働省によって指定された機関が実施する、2日間の講習(座学)と1日間の実習(実技)を受けて、確認テストに合格すれば合格証明書が発行され、責任者として現場で作業をすることができます。

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の検定試験の難易度は高くありませんが、必ず指定された講習・実習を受講しなければなりません。講習・実習、確認テストは、朝から夕方まで丸1日かけて実施されるため、社会人でも少なくとも3日間は仕事を休んで、講習を受講する必要があります。

もしも、講習や実習に遅刻・早退すると、確認テストの受験ができなくなってしまいます。 酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の講習・実習と認定は、厚生労働省が指定する機関(各都道府県に設置されている「労働基準連合会」)が行います。

講習会の申し込み方法や日程・講習費用は、都道府県によって異なります。今はインターネットで講習の予約・申込ができる所がほとんどで、「労働基準連合会」の公式サイトで日程や費用を確認できます。

3日間の講習に必要な費用は、教材費込みで2万円前後です。居住地または、職場の近くで実施される講習会に参加して取得した合格証明書があれば、他の都道府県でも作業主任者として仕事をすることができます。

注意すべき点ですが、酸欠の恐れがある作業現場で責任者として選任される資格には「酸素欠乏危険作業主任者」と「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者」の2種類があります。

前者は、硫化水素中毒の危険性がある作業現場では、責任者に選任することができません。このため、後者を取得しておいた方が良いでしょう。

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の講習内容と資格を取得するメリットとは

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の学科講習では、法律や法令(主に労働安全衛生法など)と、酸欠や硫化水素中毒に関する医学的な知識や応急処置方法、事故防止のための技術的な知識(換気や保護具の使用方法など)を学びます。

講習の最後には確認テストが実施されるので、授業の中で学科試験に出題されるポイントが説明された際は、よく注意して話を聞くようにしましょう。

確認テストは選択式で、マークシート方式で実施される場合があります。講習会の3日目に実習が行われ、酸素濃度計と硫化水素濃度計の使い方を習います。人形を使った、心肺蘇生法も習得します。

実習についても、最後に確認テスト(実技)が行われ、これも合格する必要があります。酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者講習で学習・習得する内容は、酸欠・硫化水素中毒による事故を、未然に防止するための処置を講じることや、事故が発生した際に、負傷者に応急処置を施して被害の拡大を防ぐことが含まれます。

現場で作業主任者として選任されないとしても、資格を取得しておけば、酸欠の危険がある現場で作業を行う際に、自分が事故に遭わないようにすることができます。

もしも事故が発生して、疾病者が出た際に、応急処置を講じるのに役に立ちます。酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者は、法律で選任することが義務付けられているので、密閉された空間で作業を行う技術者であれば取得しておけば必ず役に立つ資格です。

社会人として仕事をしている人であれば、3日間も仕事を休んで講習会に参加することが難しい場合があります。そのため、時間に余裕がある学生時代に講習に取得しておくことも可能です。

講習会の参加条件は、特に定められていないので、未成年者や学生でも資格を取得することができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

就活で持っていたい資格「宅地建物取引主任者」のアピールできるポイント

就活で持っていたら有利となる資格の中でも、国家資格であるものの、会計士や税理士のようにそこまで専門知識が無くても取得できるのが「宅地建物取引主任者」 資格を持っていると、不動産への就職に有利となるほか …

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「コーヒーインストラクター検定」

どちらかというと、あまり馴染みのない検定という印象が強いのが、食の資格であるコーヒーインストラクター検定です。 内容がよくわからないという方の為に、この資格についてどのようなものであるか見ていきましょ …

専門職には欠かせない!技術系の資格「照明技術者技能認定」

照明家というのは、いろいろな照明機材を使用して舞台やテレビイベントなどの演出効果を高めたり、建築物や店舗のライトアップ、イベントなどの照明を行っている専門家です。

外国語を学ぶ資格:実用フランス語技能検定試験(仏検)

インド・ヨーロッパ語に属する言語の1つにフランス語があります。 英語に次いで世界で2番目に使用されており、国連や欧州連合といった国際機関の公用語としても認められています。 英語とともに世界的な活躍を目 …

主婦にオススメの資格「栄養士」

主婦にオススメの資格として、栄養士があります。 簡単というと語弊がありますが、主婦は毎日食べることと向きあいます。 食べ物の栄養のことを学ぶことは、主婦にとっても有益な情報でありますし、その資格を活か …

楽天モーションウィジェット